« キャッチアンド | トップページ | 久しぶりの飲み会 »

2010年4月22日 (木)

ゴキブリのインク

ずっと昔、事務所にいたらゴキブリが出たことが有った。あいつは不思議な動きをするので好きじゃない。それから黒いし。何かこれだけで差別用語に成りそうで恐い。鵜だって烏だって、白か虹色だったらあんなに嫌われないで済んだだろうに。

その時、同僚が居て、妙にゴキブリに詳しかった。ゴキブリの大部分の種は森に住んでいること、太古からあんな格好で生活していること、もしかしたら、核戦争後に生き残って地上を彷徨いているのはゴキブリであるかも知れないこと、等好意的に話していた。

彼も人から聞いた話と断って、教えてくれた話。

正月明けに事務所に行ったら、ゴキブリが居た。寒いし、食べ物などは一切無い事務所に、ゴキブリが居ることだけでも不思議に思ったが、その人はゴキブリ嫌いで、近くに有った書類を丸めて机からたたき落とし、足で踏んづけたらブチッとか音を出して死んだ。良く見たら青っぽい色が滲んでいた。不思議に思ったが、よく考えれば事務所に有る青っぽいものと言えばインク。そいつは空腹をインクで満たしていたらしい。寒い事務所にいてインク何ぞ飲んで空腹を満たさないで、外に行けばゴミ箱やその他にそれなりの食い物が豊富にあるだろうに、馬鹿な奴だ。

数日前に我が家にもゴキブリが出た。流しの近くだったので、流しに追い込んで食器洗剤をブチブチ掛けて、弱ったところに蛇口をひねり、水で配水管に流した。その時昔聞いたインクのゴキブリの事を不意に思い出した。

そのゴキブリは良い知恵もなく、弱り果てて、只空腹でやっと見つけた何か食えそうな匂いのするインクを飲んで飢えを凌いで、必死に生きていたんだ。

ちょっと見方を変えれば今の自分と同じじゃないか。

|

« キャッチアンド | トップページ | 久しぶりの飲み会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴキブリのインク:

« キャッチアンド | トップページ | 久しぶりの飲み会 »