« アボカドの食べ方 | トップページ | 娘が膝の上で »

2010年5月30日 (日)

附属幼稚園

自分は田舎に育ったので私立学校というものを知らなかった。中学生の終わりぐらいになったときに世の中には私立学校というものが有って、お金持ちしか入れなかったり、お金だけ入れたりする学校が日本の何処かに、主に大都会に有ることを知った。今考えればまったくもって無知な田舎の子であったのを実感する。

幼稚園から大学まで揃っている学校法人が有ることも知った。それは多分高校生ぐらいの時だったと思う。どう言う風に試験してどう言う風に上級の学校へ行くのだろう() と真剣に考えたが分からなかった。勿論暫くしたら自然に分かった。極端な話、幼稚園に入れば、途中からなら、小中高何処かで入れば、その内大学を卒業できる。何か羨ましいような、そんな事で良いのだろうか、とかちょっと考えた。

自分が時々自転車で探見する地域にそれらしい学校がある。比較的恵まれた人々の学校のように見える。自分が育った環境とはかなり違う気がする。

付属学校とは基本的に違うのだろうけれど、最初に通った時は~~大学付属小学校とか、幼稚園と思ったが、何となく結果から行けば、~~幼稚園、若しくは~~小学校付属大学の様な気もする。

|

« アボカドの食べ方 | トップページ | 娘が膝の上で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 附属幼稚園:

« アボカドの食べ方 | トップページ | 娘が膝の上で »