« 果物売り | トップページ | 落ち着きがない »

2010年5月 6日 (木)

個食

1人で食堂へ入ることは少ないが、必要に迫られれば、1人でも食堂、ファミレスに入る。辺りを見回すと、1人で食べている人は多い。息苦しい職場なら、昼食ぐらいは1人でゆっくり食べたいことも多いだろう。

昔高校生の頃、或る土曜日だと思うが友達数人と食堂に入って、麺類を食べた。勤め人風の人が1人で店に入ってきて、「~~定食」を頼んで1人で食べて、食べたら直ぐ出ていった。田舎者だった自分にはちょっと驚きだった。~~定食って毎日家で食べているご飯じゃないか。外で食べるときぐらいちょっと普段じゃないものを食べれば良いのに。長じてからはその理由が分かったが、今でも自分は外では、家とは少し違うものを食べている。

最近自宅内個食が多くなってきたらしい。その社会学的な側面には自分は余り興味は無い。単純にみんなで話ながら食べたら美味しく楽しいだろうにと思うぐらい。

見方は単純じゃないだろうけれど、人だけが同じ食卓で同じものを分かち合いながら食べるらしい。ハイエナなどの肉食動物が一緒に1頭の獲物を食べるのとは、意味が違うらしい。個食ってある一面では人の動物化なのかも知れない。危険の匂いを感じる。

|

« 果物売り | トップページ | 落ち着きがない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個食:

« 果物売り | トップページ | 落ち着きがない »