« 見え方(24)、電波(その2) | トップページ | 駐輪場の錠 (2) »

2010年6月27日 (日)

駐輪場の錠 (1)

時々駅前のスーパーに買い物に行く。フラフラ歩いて行くことが多いが、ちょっと重い物が有るときは自転車で行く。そのスーパーの裏に共同の駐輪場が有る。半円の中に前輪を載せるとカチャッと施錠されるタイプ。2時間まで無料だ。最初の内はボンヤリしていたから、自分の自転車に付いている錠は掛けなかった。今考えてみればアホな話だ。あれは、2時間以内なら無料でその自転車の駐輪機番号を制御盤から入力すれば解錠出来るのだから、誰の自転車だって解錠する事が出来る。悪意がないからしないだけだ。勿論今はスタンドも下ろして、施錠してから買い物に行く。

未だ自転車を忘れて帰った事はないが、何か予期せぬ事がスーパーの中で有ったら、頭の中が乱れて、歩いて帰りそうな気がする。どの時点かで気付くだろうから、それが3日後でも、誰にも言わないで、超過時間分の料金を払って取り戻そうと思う。そんなことが有ったら暫く思い出し笑いが出来そうだ、少し自虐的では有るけれど。

|

« 見え方(24)、電波(その2) | トップページ | 駐輪場の錠 (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駐輪場の錠 (1):

« 見え方(24)、電波(その2) | トップページ | 駐輪場の錠 (2) »