« 家出少年(3) | トップページ | スルメの食べ方(2) »

2010年7月26日 (月)

スルメの食べ方(1)

子供の時のお八つに良くスルメを食べた。当時スルメは安かったし、土産や縁起物で貧乏な家にも比較的いつも有った。薪ストーブの上で焼いたり、炬燵の炭で焼いたり、そのまま割いて食べたり、焼いたのをポケットに入れて持ち歩き、割いて少しずつ食べたり。歯が丈夫に成る、と言うことで有ったし。

第一次、第二次オイルショック後は、漁船の燃料や資材が高騰した。循環なのか特別なことが有ったかは知らないがスルメの漁獲高も極端に減って、生ものは勿論、スルメ、サキイカの類はとっても高くなり、暫くご無沙汰した。

その内また取れだした。値段は高くなっていた。諸物価も高騰していたので、比較相対で一頃よりは買いやすくなっていた。中には通常スルメにしないイカで作ったスルメが有って、安い物を買うとインチキスルメで美味しくない物も有った。歯が丈夫になるのは一緒だけれど。

|

« 家出少年(3) | トップページ | スルメの食べ方(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スルメの食べ方(1):

« 家出少年(3) | トップページ | スルメの食べ方(2) »