« 身欠きニシンの食べ方 | トップページ | 生まれ変わるなら(2) »

2010年8月23日 (月)

生まれ変わるなら(1)

輪廻転生等と言う大袈裟な考え方でなく、ちょっと軽く想像してみる程度で、そうなればそうなったで、こちらからは窺い知れない苦労という物は勿論あるのだろうけれど。そもそも真面目な話でも無いので。

昔は猫。縁側で1日日向ぼっこしながら微睡んで、お婆ちゃんが何かするために縁側に来ると、その傍に擦り寄って又寝る。夜になれば勝手に出歩いて、朝になれば何事も無かったように又縁側へ。季節になれば、塀の上を走り回り大きな声を出して、遊び回って。誰にも文句を言われず、勝手に生きている。なのに飼い主が世話をしてくれて餌もちゃんと与えてくれる。野良になってもそれなりに生きていって居るようだ。寿命は飼い猫より短いが、その分自由と冒険がある。

その次、熱帯魚。ぬるま湯に浸かってボヤーっと生きる。

|

« 身欠きニシンの食べ方 | トップページ | 生まれ変わるなら(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生まれ変わるなら(1):

« 身欠きニシンの食べ方 | トップページ | 生まれ変わるなら(2) »