« 電車の樟脳(8) | トップページ | 風呂の自転車(1) »

2010年10月13日 (水)

電車の樟脳(9)

数年前に2人は思い出しながら近辺を探索したことが有る。個々の建物は殆ど変わったように思えたが、街全体の感じは所々に昔を感じさせる物が残っていた。特に駅から少し離れると、細い路が入り組んで静かな街並みのままだった。そんな中にハッキリは分からなかったが、傾いだアパートが建って居たらしいところに、小さなマンションが建っていた。昔の気が未だそこらに漂っている気分がした。

電車の中や、衣類売り場の中で、樟脳や或る香水の匂いを嗅げば、何も言いはしないけれど、伊藤は不意にあの若い頃の自由で貧乏だったあのアパートの事どもを思い出す。

|

« 電車の樟脳(8) | トップページ | 風呂の自転車(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/36700214

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の樟脳(9):

« 電車の樟脳(8) | トップページ | 風呂の自転車(1) »