« 風呂の自転車(5) | トップページ | 携帯電話(1) »

2010年11月 2日 (火)

風呂の自転車(6)

もうあの辺も大分変わっただろうなあ、そもそもあのお世話になった銭湯はどうなっただろうか。最近のご多分に漏れず、後継者無し、客数減少で廃業か。自分も昔と違って、週に数回銭湯へ行くと言うことは無い。自分では好きだと思っていても、もう行けなくなってしまった。最近は自転車で行ける範囲内に銭湯が無くなってしまった。偶に自転車でスーパー銭湯へ行くけれど、あれは名前が銭湯と付いているだけで、勿論昔の地域の生活に密着した銭湯ではない。強いて言うなら比較的安価な入浴娯楽施設、ちょっと盥を床に置くと長く反響した昔の懐かしい銭湯っぽい音はしない。湯気も漂っていない。三助も居ない。

今度近くまで行ったら、当時お世話になった銭湯と自分が住んでいたアパート辺りがどうなって居るか、探見してみよう。偶にヘビが出た梅林もきっと無くなっているだろうし。何棟も並んで、一階二階で8部屋のアパート街も様変わりしているだろう。あんな処だって、自分の人生に取って色々なことが発生したんだ。

|

« 風呂の自転車(5) | トップページ | 携帯電話(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/37044516

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂の自転車(6):

« 風呂の自転車(5) | トップページ | 携帯電話(1) »