« キャンプ(3) | トップページ | シジミの食べ方(2) »

2010年12月 2日 (木)

シジミの食べ方(1)

自分は、八郎潟にほど近い所で育った。よくシジミのみそ汁を食べた。今よりずいぶん安かった。鍋の中に貝が沢山入っていた。こちらに出てくるまで、アサリのみそ汁は食べたことがない。春が旬のアサリのみそ汁は美味しい。今でも季節に何回も食べるが、郷愁もあり、どちらが好きかと問われれば、シジミのみそ汁と答える。

小さい頃、シジミ売りのオジサンが当時「運搬車」と呼ばれていたゴッツイ作りの自転車にトロ箱を何段も重ねて売りに来ていた。少し経ったら、エンジン付きの自転車に変わった(一応念のため、オートバイではありません、今風に言えばエンジンアシスト自転車)。その人はサンジロウさんと言う。勿論自分は格違いだから、呼びかけたことは無い。地域に多い苗字なので名前で呼んでいたのか、通称なのかは分からない。ゴムで鳴らすラッパが自転車のハンドルに付いていたように思う。それが聞こえると、買いに出たのだ。

|

« キャンプ(3) | トップページ | シジミの食べ方(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シジミの食べ方(1):

« キャンプ(3) | トップページ | シジミの食べ方(2) »