« 四万温泉探訪(2) | トップページ | 桂浜~足摺岬探訪(1) »

2011年2月 3日 (木)

四万温泉探訪(3)

お婆さんの家を辞去して又緩い上り坂を歩いていった。お婆さんは家の前で見送ってくれた。

我々2人は、お定まりで1日に何回か風呂に入り、朝食後暫くしたら、外出して、100メートル走の様に競争したり、沢の方に行って、小さい水晶が含まれている小石を拾ったり、適当な食堂で昼食。夕方宿に帰って、夕食までは読書。そんな生活を数日してから帰京した。

戻りにお婆さんの所に、温泉饅頭を持って行って、さよならの挨拶をした。運動の選手の様にトレーニングしていたのか、聞かれた。「オリンピックの選手か?」半ば真面目な顔で言っていた。我々が日中に戯れていた事がお婆さんの耳にも入っていたらしい。勿論単なるお遊び。家の前で別れてからお婆さんは最初の時の様に、我々を見送っていた。あれ以来一度も会っていない。もう普通で行けば、老夫婦共々とっくに鬼籍に入っていると思う。

お婆さんの顔も、家も、国民宿舎の食事も部屋も全然覚えていないけれど、お酒を注いでくれたちょっと汚めのジョッキとタクアンの黄色を今でも妙に鮮明に覚えている。あのお婆さんはきっとしっかり生きたんだ。

|

« 四万温泉探訪(2) | トップページ | 桂浜~足摺岬探訪(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/38666217

この記事へのトラックバック一覧です: 四万温泉探訪(3):

« 四万温泉探訪(2) | トップページ | 桂浜~足摺岬探訪(1) »