« 四万十川沈下橋探訪(4) | トップページ | オーロラ見物(1) »

2011年3月27日 (日)

電車の宙吊り広告

計画停電やら、電車の間引き運転やらで、何となく自分は浮き足立ってしまった。放射能汚染された野菜とか牛乳、水道水。過剰に反応することは無いが、全体的に気分は良くない。東電の福島第1原子力発電所も、凄く危なく、累卵の危うき。

自分は今短い通勤の電車内で暇潰しに、宙吊りや、荷物置きの上壁の広告を見て時間を過ごしている。特に雑誌の広告、それに惹かれて買うこともあるが、大抵はさわりで満足して買わない。昔は雑誌類を相当量読んでいたが、最近は余り読まない。寄って、電車の宙吊り広告を前より読んでいる。中身は読んでも実際そんなに大したことは無い。どんな話題が有るかを確かめられればよい。後は大抵ネットで読んで良いことにしている。

この頃(20113月下旬)その電車の広告がめっきり減った。電車一両に、宙吊り広告を吊すハンガーは82列付いている。両端は片側だけだから都合で22(裏表)x62x2(片方だけ)=28枚の広告が吊せるが、最近は数枚しか吊されていない。荷物置き場の上の張り付け広告も殆どが空だ。どう言うメカニズムが働いているのか大体の想像が付くが、仕事量が大幅に減った人達が多いことだけは直ぐ解る。何か不景気にまっしぐらみたいで嫌な気分だ、寂しくもあるし。でもまあ、放置されて、無効に成った若しくは期限切れに成った、週刊誌で言えば、先週号の広告が無いと言うことは、しっかり働いている人も居ると言うことで、それはそれで良いことなのだろう。

|

« 四万十川沈下橋探訪(4) | トップページ | オーロラ見物(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車の宙吊り広告:

« 四万十川沈下橋探訪(4) | トップページ | オーロラ見物(1) »