« オーロラ見物(3) | トップページ | 秋田駒探訪(2) »

2011年4月13日 (水)

秋田駒探訪(1)

(1)   昆虫採集

高校生の時、近所の友達とテントを持って秋田駒ヶ岳に昆虫採集に行った。

登山道の木々を見て歩き、採集をしながら夕方まで登って、野営地についた。といってもなんの変哲もないところで小さなテラス状の地形が有るだけ。後で知ったのだけれど、もう少し上には、昔休憩施設が有った広場が有った様だ。

簡単な夕食を済ませて、夜間採集の準備。縦1m、横2mぐらいの薄い白い布を垂直に張って、片方から電池のカンテラで照らす。後は集光性の虫が飛んでくるのを待つだけ。

空は曇り真っ暗な中で、そこだけが明るくちょっと離れて見ると幻想的。そこだけが別世界のような感じ。当時未だそんな言葉はなかったが、テンションが上がった。袖から大きな舞台に上がった感じがした。

ガやカトンボの類も来るが、目的の甲虫類が沢山飛んできて、中々盛況。昆虫採集自体も好きだけれど、それに付随した色々な動作、作業が実際は好きな気もする。地元でも、時々同じ事をして、それはそれで楽しかった。地元の時はカーバイドの光でやったことも有る。

全く人気のない秋田駒ヶ岳の山中でやるのは世界を征服したような気分だった。夜中までやって満足しテントに入って寝ようとした頃、霧が(実際は雲)出始め遠くに雷鳴が聞こえだした。霧は早いスピードで流れ、本の数メートル先も見えなくなる。雨は避けられない。出来る物は全て厚めのビニール袋に入れて仕舞った。

|

« オーロラ見物(3) | トップページ | 秋田駒探訪(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/39549537

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田駒探訪(1):

« オーロラ見物(3) | トップページ | 秋田駒探訪(2) »