« 秋田駒探訪(4) | トップページ | 歯が欠ける(1) »

2011年4月29日 (金)

秋田駒探訪(5)

夕食後一段落して、オジサンの運転する車で出発。暫く市街地を走って間もなく登山道方面へ。この辺りからかなあ、と言うところに、『危険に付き、立入禁止』の様な事を書いてある看板付きのバリケード、車から降りて、なんの躊躇いもなく、それを寄せて、一旦車を通過させてから、又元通りにして、登山道を上り始めた。道幅は狭く、デコボコで、所々に水の流れた轍が有って走りにくいが、30分位走ったろうか、昔休み屋などが有った広い場所に到着。昔歩いたときに比べたら、たちまち着いたと言う感じ。

オジサンは車で待っていると言うことで、我々3人は月明かりの下を登り始めた。懐中電灯も持っていたが、実際は余り役に立たなかった。匍い松に踏み込んで転びそうに成ったことが何回か有った。小一時間歩いて、噴火を眼下に見るところに出た。距離も適当で、噴火しても危険は感じなかった。そもそもそこにいるのが危険と言うことを除けば。

噴火して溶岩が流れるのを撮ったり、噴火してから先端が適度なところまで落ちるまでを撮ったり、何十枚も写真を撮った。噴火口に近いものだから、噴火の度にごく狭い範囲に起こる火山性地震で、足下が揺れた。後で撮った写真を見たら殆どが揺れていた。

暫く撮って寒くもなってきたし、写真も沢山獲れたので、来た道を戻った。戻りもやはり、匍い松を踏み外して何回か滑落の危険に有ったが、当時はそんな危険とも思わなかった。自分の手は冷たくなかったが、手が冷たくなった人も居た。迷わずオジサンの車に辿り着いた。噴火の様子をオジサンに報告しながら帰宅して休んだ。

翌日折角来たのだから、少し遊んでいったらと言うオジサンの言葉に甘えて、朝食後、近くの里山に行って、栗拾いをしてから帰った。

|

« 秋田駒探訪(4) | トップページ | 歯が欠ける(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/39549608

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田駒探訪(5):

« 秋田駒探訪(4) | トップページ | 歯が欠ける(1) »