« タイムカプセル(4) | トップページ | 果物の食べ方(2) »

2011年5月27日 (金)

果物の食べ方(1)

最近はナイフで皮を剥いて食べる果物は、つまり食べるのが面倒くさい物は人気が低いらしい。リンゴだのカキだのはその典型。バナナのように簡単に皮が剥ける物は人気が有るが、ミカンぐらいになると、もうやや面倒くさい仲間らしい。

食べる基準が食べるのに面倒くだいかそうでないか、と言うのは自分からすれば、「???」なのだけれど。人はそれぞれだから。

自分はドリアンが好きだ。あれは食べるのも相当面倒くさいし、高価だ。それでも年に1回ぐらいは食べたいと思う。ドリアンが取れる地方に行く機会が多かったときは、時々食べた。ホテルは、よっぽど田舎の安ホテルを除けば、落ち込み禁止だから、買ってその場で食べられるように、椅子とテーブルが有るところで食べることが多かった。そんな時は売っている屋台のオジサンがちゃんと割ってくれた。それでも食べていると、手がベタベタになるし、滑って落とすと、服がベタベタになるし、でも機会が有ったら食べたい。

|

« タイムカプセル(4) | トップページ | 果物の食べ方(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果物の食べ方(1):

« タイムカプセル(4) | トップページ | 果物の食べ方(2) »