« 果物の食べ方(2) | トップページ | 与那国島探訪(1) »

2011年6月 2日 (木)

果物の食べ方(3)

果物の中じゃ、一番簡単に食べられる物は、イチゴ、サクランボ、ブドウあたりだろうけれど、イチゴはヘタが有って、サクランボは種が有って、ブドウは皮も種も有って面倒くさい、と言う人が居そうな気がする。そう言う人って、生きているのが面倒くさくないかなあ。

母とか姉とかがどんな果物でも、それなりに調理して目の前に出してくれれば、何でも食べるけれど、と言う人も居そうだ。1人暮らしになった途端に自分の無能を覚ることとなる。もうその時点で取り返しが付かない。その内果物は奥さんに依存するだろう。何か自分から見れば詰まらない人生に思える。普段は兎も角、奥さんが不調の時、甲斐甲斐しく、果物を剥いて食べさせてやる。子供に果物を剥いて食べさせる、とっても楽しいことだ、小さいけれど幸せを感じる一瞬だ。子供は黙って自分の手元を見つめている。子供は喜んで食べる。

|

« 果物の食べ方(2) | トップページ | 与那国島探訪(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果物の食べ方(3):

« 果物の食べ方(2) | トップページ | 与那国島探訪(1) »