« 与那国島探訪(2) | トップページ | 与那国島探訪(4) »

2011年6月16日 (木)

与那国島探訪(3)

2.   白い布

ホテルの近辺を、いつものようにブラブラ歩き回っていたら、直径3040メートルの円筒状で、所々に袋の様に膨らみがある大きな白い布を見つけた。見方によっては機織りの縦糸だけの様にも見える。人家側の片方の端にそれなりの機械が付いていた。地域から考えて、製塩に使うのだろうか、布を晒しているのだろうか、その場で色々考えたが、分からずじまい。近くに人が居れば、何か聞く機会が有ったかも知れないが、暫く佇んで見ていたし、戻りにも何か聞きたくてそこら辺りを彷徨いたが、ついに何人も現れず、聞く機会を逸した。今まで見たもので、全く何に使うか全く理解できなかったものは、これだけである。このままではきっと一生涯何だったか分からず、と言う事に成りそう。

何であるか分からなくても、世の中は普通に過ぎて行くのだけれど、何であるか分かれば、少しスッキリする。

|

« 与那国島探訪(2) | トップページ | 与那国島探訪(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/40291550

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島探訪(3):

« 与那国島探訪(2) | トップページ | 与那国島探訪(4) »