« 与那国島探訪(8) | トップページ | 与那国島探訪(10) »

2011年7月 7日 (木)

与那国島探訪(9)

それより十年ぐらい前に、学生時代、数人で石垣島の地元料理っぽい食堂に入り、それぞれ何とか定食みたいなものを食べた。1人が、何となく汁が付いていない気がして、+でみそ汁を頼んだら、ご飯はどうするのか見たいなかみ合わない議論が有ったことが有り、普通に、と言うことで何が普通かは、兎も角、出て来た結果は、何とか定食のおかずが何種類かと、普通の汁と、普通のご飯とが付いて、みそ汁の方には、丼に入った具だくさんのみそ汁と、普通のご飯と、漬物が付いていた。つまりみそ汁というのは一種のセットメニュー。

きっと、あのお店で、焼きそばを頼んで、黙って居たら、焼きそばと、ご飯とみそ汁と、漬物と、日替わりのおかず、その日はカジキマグロの刺身、が付いて来たのだろう。だから店主は、ご飯とみそ汁を結果として断った事に、何か違和感を覚えたのだ。それできっと焼きそばはあんな大盛に成ったんだろう、多分。

初めての地方に行ったら、出来れば少しは観察して、状況を少し分かってからの方が、良いのか知らん。せっかくの楽しみを分からないで通り過ぎてしまっている事って多いのだろうと思う。気付かなければ、無い事と一緒だから。

|

« 与那国島探訪(8) | トップページ | 与那国島探訪(10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/40291749

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島探訪(9):

« 与那国島探訪(8) | トップページ | 与那国島探訪(10) »