« 照明節電 | トップページ | 食品サンプル(2) »

2011年8月22日 (月)

食品サンプル(1)

食品サンプル、食堂の出窓に飾ってあるカツ丼とかテンプラそばとか、ミートソースとかの模型、正確に言えば、サンプルという言葉は正しくなくて、食品模型というべきなのだろうが、大勢は、サンプルと言っているようだ。

駅ビルの上階や地階にある食堂街で昼食を取るときは、店の前にある食品サンプル、話が混乱しそうだが、本日の定食ぐらいは、『本物』のサンプルの時もある、を見て、食べるかどうかを決めることが多いから、努々(ゆめゆめ)軽んじられない。サンプルが自分の好みに合っていそうでも味とは関連がないけれど。

テレビで何回かそう言う模型を作るところをレポートしていたが、実に上手いものだ。テレビで見た限り本物と区別が着かない。実際食堂の飾り窓で見ても、湯気が上がっていなくて、匂いもしないし、余りにも形が整っているから、本物ではないというのは容易に解るが、全くそれらしくて、偉いものだと思う。

そう言う工場の近くに生まれていたら、高校を卒業してからそこに就職したかも知れない、とちょっと考えることが有る。あれは人を欺くのではなくて、その人のその時の気持ちを正直に出せるように、立体的に絵解きをしているようなものだ。割りとそう言う仕事を自分は好きかも知れない。ちょっと有り得ないセットの定食なんか個人的に創作したかも知れない。自分が食べたいちょっと有り得ない組み合わせの定食。色々創作して蕎麦屋とか、中華料理屋、和風洋食屋に売り込みに行っていたかも知れない気がする。自分が好きなことだったら、かなりださい事も気にせず普通にする。

|

« 照明節電 | トップページ | 食品サンプル(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食品サンプル(1):

« 照明節電 | トップページ | 食品サンプル(2) »