« カサゴ釣行記(1) | トップページ | 石炭拾って(1) »

2011年9月30日 (金)

カサゴ釣行記(2)

釣りをしていると、隣や近所の人と仕掛けが絡む、お祭りをするという。自分は積極的に手を出して共同で解こうとするが、絡むのはお互い様なのに、誰かが先に上げて解き始めると、見るだけで、全く手伝おうとしない人が多い。どう言うつもりか理解できない、2人で遣れば簡単に解けることが多い。又時に絡みが酷い方の仕掛けを切れば簡単な事が多いのに、他人事のように眺めている人が多い、他人の仕掛けは切りにくい。解けると「どうも有り難う」とは言うが、釈然としない。自分は簡単な場合は解くし、ハリスだけが複雑に絡んでいる場合は自分の方を切ることが多い。又解くときに、魚が付いていれば先ずそれを外して、錘はぶら下げて張りを持たせて、解いてゆけば早いのに、錘を持って風に仕掛けをなびかせて解く人も多く、ガッカリすることが多い。絡むのはお互い様だから、黙りを決め込まないで、隣同士だったら共同で解きましょう。

当日は15時定刻通り沖上がり。20分ほどで河岸について、電車組はクーラー、竿、鞄を持って駅に向かう。釣り宿の最寄り駅は竿を持っている人が多いから、特段の違和感は無いが、ドンドン離れていって、自分の住居に近づくにつれて、日に焼けたオヤジがダサイ格好で、生臭い匂いを撒き散らして、電車にポツンと居るのは異様に感じる人も多そうだ。その日は品川乗換の時、山手線が人身事故で止まっており、重い荷物を抱えて、混雑する駅構内をウロウロしてとっても疲れた。事故に遭った人は気の毒だが、重い荷物を持って混んだ駅構内を彷徨くのは疲れるし気が引ける。コマセにアミやイワシのミンチを使ったわけではなく、餌に鯖の切り身を使っただけだが、普通の人には相当生臭く感じるはずだ。

やっと6時頃帰宅、シャワーを浴びて、道具を洗って、料理の支度。新鮮なカサゴを煮付けと味噌汁で食べた、新鮮だから格別に美味しかった。もっと多いときは空揚げが追加され、大きな物が有るときは刺身が追加される。合掌して海の恵みに感謝。新鮮な魚って何て美味しいんだろう。

|

« カサゴ釣行記(1) | トップページ | 石炭拾って(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カサゴ釣行記(2):

« カサゴ釣行記(1) | トップページ | 石炭拾って(1) »