« 皮むき器(1) | トップページ | 駐輪禁止 »

2011年9月 2日 (金)

皮むき器(2)

日本人はリンゴの皮を剥くときにナイフの刃を手前に向けて使うが、自分が見た諸外国では、刃を外側に向けて皮を剥いていた方が多かった。自分も試してみたが、慣れないので危なかっしいし、上手く剥けなかった。

これだけをもって、日本人は非攻撃的とか他人を思いやると言う気は毛頭無いが、ちょっと考えさせられる。

人間は原始時代から、日本の場合は縄文時代から刃物を使っていた。押し切りと引き切りは記録がないから不明だろうが、文書や絵が残っている時代から丹念に拾って行けば、その分布と変遷が解るかも知れない。同じ事を世界各地で検証すればそれはそれ成りに、文化の伝搬とか物の考え方とか、少し垣間見られそうで面白そうだ。博士号の一つぐらいは生み出しそうだ。

勝手な推計をすれば、リンゴの皮むきでも引き切りと押し切りが混在している地域が有るかも知れない。何カ国かで仕事したときに、そんな事に注意を向ける余裕は無かったが、今考えると惜しいことをしたと思う。街で食事をしたときに、そんな事でもちょっと興味を持って見ていれば、心にもう少し潤いが有った仕事が出来たかも知れない。

知識が無いと物は見えない事が多いけれど、少し注意深く見れば、見えてくる物だって色々有るだろう。

|

« 皮むき器(1) | トップページ | 駐輪禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皮むき器(2):

« 皮むき器(1) | トップページ | 駐輪禁止 »