« タコ釣行記(5) | トップページ | 蒸し麺(1) »

2011年11月 1日 (火)

タコ釣行記(6)

6)タコの食べ方

茹でダコの刺身、生の刺身、おでんだね、テンプラ、空揚げ、酢の物、塩辛、煮付け、焼きダコ、軽く煮たタコの干物、軽く煮たタコの薫製、タコ飯、カルパッチョ、タコ焼き、等、普通の人が一生涯掛けて食べるかも知れない量をその半年間で食べた。堪能した。東京湾タコフィーバー。

蛇足ながら、タコを軟らかく煮る方法は、色々有るみたいですが、例えば、大根で充分叩いてから煮る、ジアスターゼが利く!とか、大根おろしを入れて煮るとか、重曹を入れて煮るとか、タンパク質分解酵素、プロテアーゼをふくむ、パパイヤやパイナップルを入れて煮る、とかそれなりに説得力が有りますが、当方は40分以上煮る、これです。豚バラも長時間煮れば柔らかくなります。タコも同じ。

|

« タコ釣行記(5) | トップページ | 蒸し麺(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タコ釣行記(6):

« タコ釣行記(5) | トップページ | 蒸し麺(1) »