« 改札で不満の声(1) | トップページ | 改札で不満の声(3) »

2011年12月26日 (月)

改札で不満の声(2)

暫く前に、未だバスで磁気のプリペイドカードを使っているときに、そのカードを何回か何気なく間違ってJRの改札機に差し込んだときが有る。差し込んだ瞬間、間違いに気付いたが、直ぐ吸い込まれるので如何ともし難い。「ブー」と音が出て扉が閉まると思いきや、少なくとも2回は何事も発生せず通過できた。23回は通過できなかった。その違いが何で発生したかは不明。自分の前の通過者の影響だろうと勝手に想像したが、勿論自分に真相は分からない。そのカードを持って行って駅員に説明すれば、変な人になってしまう。改札機の読み取り性能の改良には若干貢献できるかも知れないが、全体から見れば、JRの改札機に、バス専用のプリペイドカードを差し込む人は、少ないだろうから、余り意味は無いな、今はもうそのカード自体が無くなったし。

蛇足ながらJRの改札機に電話の磁気カードを差し込んだことはない。公衆電話に間違ってバスのプリペイドカードを差し込んだら、ピーピー言って直ぐ出て来た、出た瞬間意味が飲み込めなかった。当時は、電話のカードもJRのカードも、ついでに言えば、地下鉄のカードもデザインには凝っていたが、一目では区別が付きにくく、本末を見失っていると思っていた。

|

« 改札で不満の声(1) | トップページ | 改札で不満の声(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改札で不満の声(2):

« 改札で不満の声(1) | トップページ | 改札で不満の声(3) »