« 改札で不満の声(3) | トップページ | 寒中お見舞い »

2012年1月 3日 (火)

改札で不満の声(4)

他人が「ブー」と音が出て扉が閉まった時に不満げに独り言を呟く人は、単純で正直な人だろうけれど、ちょっと考えて黙っていた方が良い。言ったからと言って自分の権威、地位が上がる訳じゃない、多分下がる。

田舎から出て来て、自己紹介したとき、まあ或る程度、特に昔の子供は、言葉に訛が有った。それを耳聡く聞きつけて、笑う人が居る、悪気は無くて単純に自分と違うと言うことだけなのだが、深く傷つく子だってあるだろう。1つの勉強と言えばそれまでだが、笑った人とは、長い間中々内心は打ち解けないと思う。異国の人の自分とは違った服装や習慣、それを奇異に見る目は、それは或る意味、自分が正しく、他人に不寛容な傲慢な気持ちの表れ。まあそんな大袈裟な物でも無いけれど、今色々寛容性が無くなった気がする。自分には甘いが、他人には厳しい人が多くなった気がする、自戒。

|

« 改札で不満の声(3) | トップページ | 寒中お見舞い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改札で不満の声(4):

« 改札で不満の声(3) | トップページ | 寒中お見舞い »