« 健康診断(3) | トップページ | モヤシの食べ方(2) »

2012年2月26日 (日)

モヤシの食べ方(1)

子供の時から長い間、出れば食べたけれど、モヤシはそんなに好きではなかった。モヤシ特有の匂いが余り好きじゃなかった、今のモヤシの匂いとは、ちょっと違っていた。調理の前に豆の殻を或る程度取ったのだろうけれど、当時は沢山入っていた。それも余り好きではなかった。今は全く入っていない。つまり出荷前に取っている。試行錯誤して色々研究して、今の形になったのだと思う。もしかしたら、大規模なモヤシの製造プラントは東南アジア分ぐらいまでは、日本製を使っているのかも知れない。

昔シンガポールのマーケットの中で、網が斜めになっていて、そこをモヤシが滑り降りながら、殻が取れる様になっているのを見たとき、「これだ」と思った。

ネットでモヤシを調べたら、各種の豆から1週間程度で製造され出荷されているのが分かった。その栄養成分は、微量ながらビタミン類を初め多種多様で、コストパフォーマンスが、目茶苦茶高いように思われる。日露戦争の203高地の戦いでロシア軍は豆の在庫を大量に持っていながら、モヤシを知らないので、ビタミン不足になり、壊血病その他の病気が蔓延したとの事、さもありなんと思われる。

|

« 健康診断(3) | トップページ | モヤシの食べ方(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モヤシの食べ方(1):

« 健康診断(3) | トップページ | モヤシの食べ方(2) »