« 高層ビルのガラス(4) | トップページ | (2)焦げご飯の食べ方(2) »

2012年4月27日 (金)

(2)焦げご飯の食べ方(1)

二十数年前だったか、電気釜の新作発表のブームが有った。おこげが作れる釜も売り出された。当時使っていた電気釜は当分使えそうだったし、そう言う電気釜が一旦売り出されたら、絶版になるとは思っていなかったから、買わなかったけれど、電気釜を買い換えなければならなくなったときに、探したけれど発見できなかった。惜しいことをした。ツバ釜で炊けばおこげも作れるが、時々しか食べたくなることが無いおこげのためにツバ釜を買う余裕も無いし、置いておく場所もない。普段ツバ釜でご飯を炊く暇も無いし。電気釜の便利さには、とても敵わない。引退して暇ならツバ釜か土鍋を使ってかまどか薪ストーブで飯を炊くのも面白いかも知れない。本を読むか、畑を耕すか、飯を作っている、特には友達と雑談、そんな生活。ちょっと先の事だろうけれど。

|

« 高層ビルのガラス(4) | トップページ | (2)焦げご飯の食べ方(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (2)焦げご飯の食べ方(1):

« 高層ビルのガラス(4) | トップページ | (2)焦げご飯の食べ方(2) »