« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月27日 (金)

(2)焦げご飯の食べ方(1)

二十数年前だったか、電気釜の新作発表のブームが有った。おこげが作れる釜も売り出された。当時使っていた電気釜は当分使えそうだったし、そう言う電気釜が一旦売り出されたら、絶版になるとは思っていなかったから、買わなかったけれど、電気釜を買い換えなければならなくなったときに、探したけれど発見できなかった。惜しいことをした。ツバ釜で炊けばおこげも作れるが、時々しか食べたくなることが無いおこげのためにツバ釜を買う余裕も無いし、置いておく場所もない。普段ツバ釜でご飯を炊く暇も無いし。電気釜の便利さには、とても敵わない。引退して暇ならツバ釜か土鍋を使ってかまどか薪ストーブで飯を炊くのも面白いかも知れない。本を読むか、畑を耕すか、飯を作っている、特には友達と雑談、そんな生活。ちょっと先の事だろうけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

高層ビルのガラス(4)

4

俺は高層ビルで働いている。仕事の内容は大したことはない。高層ビルでも低層ビルでも何処でも出来る仕事だ。友達に聞かれたら「新宿の~~ビルで働いている」と言う。それ以上は言わない。仕事はビルの高さには関係がない。あのビルで働いている人達も勿論ビルの高さには関係が無い仕事をしている。仕事って基本的にビルの高さと関係が無い。何となく高層ビルで働いている人達は、若しくはそこに入居している会社の人達は上等と勘違いしている気がする。家賃は高いかも知れないけれど、ハッタリの会社でもなければ、特段意味はないと思う。勿論地下で仕事をしたって、仕事の内容とは関係ない。あんまりハッキリは覚えていないが、確か飯田橋で大江戸線から何処かの地下鉄に乗り換えるときは、地下道の天井がドームの様になっていて間接照明だから何となく地上の雰囲気を醸し出していた。要するに地下だって、色々工夫して窓の景色を演出すれば、地上と変わらない。ま、それもお金の無駄だと思うけれど。

高層ビルは眺望が良いとか何とか言っているが、そんなものは今の技術からしたら、何でもないことだ、そもそも仕事中に景色なんかは見やしない。地震とか火事になったら逃げるのが大変だ、万全を期しているとか言っているがそもそもそれが無駄だ。高層ビルを横に造ればエレベーターだって要らない。そろそろ目を覚ました方が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

高層ビルのガラス(3)

3

俺はジェネコンで働いている。高層ビルの建築現場でも何回も働いた。今想定されている地震では、ビクともしないだろう。最大限で数百枚のガラスが壊れるぐらいだろう。高層ビルは無茶苦茶エネルギーを消費している。特に換気や冷房、給排水に膨大なエネルギーを消費している。そう言う時代に作ったのだから仕方がないが、エコの時代の現代には向かない。そもそも土地がないのなら仕方がないが、日本は広いのに無駄に集中させて効率の悪いものを作っているとしか思えない。高層ビルもいずれ寿命が来る。特にコンクリートの寿命が来るのは存外早そうだ。どうやって造り替えるのかも考えないで造ったとしか思えない。原子力発電で核廃棄物の最終処理の場所と方法を考えないで、また廃炉の行程を考えないで始めた人達を批判できる立場ではない。高層ビルを解体するときは、多分ビルを造るときと同じだけ、もしかしたらそれ以上の費用がかかるだろう。そうなれば運営会社は計画倒産してビルを放置して逃げるだろう。原子力発電を始めた人達が、後片付けをしないで死ぬように。責任は他人任せ。電車で1時間位の郊外の丘陵を散歩していると沢筋にテレビや冷蔵庫、紙余りの時は新聞や雑誌が大量に捨てられていた。それを捨てた人達と同じ心情の連中が、やっているんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

高層ビルのガラス(2)

2

俺はマンションの二階に住んでいる。20階建てのマンションだ。56階までに住んでいる人はまあまあ理解できるが、10階以上に住んでいる人達の気が知れない。上は景色が良くて良いですよ、とか毎日富士山が見えて良いですよ、夏は全然虫が来ないので、網戸は要りません。良いことずくめのようだが、ベランダから見下ろす景色は人が慣れ親しんできた景色ではない。俺はご免被りたい。友達に高いところに住んでいる人が居て、一度お邪魔したことがあった、自分は全く落ち着けなかった。近い景色というものが無い。いきなり遠い景色。木は上から見えるので変な形、人は遙か下に蠢く虫の様だ。人の住む景色ではない。飛行機の上の様だった。友達は快適だと言っていた。コンビニ買い物に行くのはちょっと不便だけれどね、とも言っていたけれど。

俺のマンションは、近く高層ビルによる被害って言うものはないけれど、毎日ガラスのピカピカを見ていると、手入れが大変だろうなと思う。あ、そうそう、実は1年に二回だけちょっとした被害が有る。春分の日の約一ヶ月前後に天気が良ければ、そのガラスに反射した太陽光が我が家に朝の10分間だけ差し込む、とっても眩しい。無茶苦茶明るい、ちょっと暑くもある。最初の時は驚いたが、近年は愉しみにしている。曇ったり雨が降ったりすれば、何事もなくその1年は過ぎる、高層ビルの事は意識もしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

高層ビルのガラス(1)

1.

俺の仕事は、高層ビルのガラス拭き。日当はまあまあだ。大体同じビルを一年間毎日拭いている。大風や大雨の時は勿論休み。年度が替わると、違うビルになることが多い。入札のためだ。でも何処かの高層ビルに移るだけで仕事が無くなることはない。こんな仕事誰でも出来るわけではない。会社だって、拭き屋だってそんなに沢山はいない。これ以上高層ビルが増えたって、拭く奴はいないだろう。金に引かれて拭き屋に成る奴もいるが、向かない奴は当日、大抵は数週間、長くても数ヶ月で気が振れて止めてゆく。俺のようなあの高さで風に揺れるゴンドラの上でガラスを拭きながら、鼻歌が出るような者には良い仕事だ。競争も少ないし安定している。俺は高層ビルを愛している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

アンケート(3)

人の運の総和は決まっているとは思っていないが、こんなアンケートで運を使うと、重要な所で運が不足する事が有りそうだ。最近ジャンボ系の宝籤は300円しか当たらない、詰まり全く当たらない。以前は3000円が良く当たっていた。夢は高額賞金ゲット!なのだ、政府や大学のお役に立てるのは光栄ながら、宝籤の女神の矢の的になる前に、他の矢が飛んできているようだ。でもまあこれは努力の及ぶ所じゃないから、如何ともし難いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

アンケート(2)

数年前にも、今回の様に市を通して、内閣府かなんかのアンケートが来たことが有る。それは比較的似た内容の物が2年連続で来た。そんなのが2連続で当たるなんて言うのは、かなり低い確率だと思うので、少々驚いた。それが政策にどんな形で反映されたかは、勿論不明だが、アンケートを依頼した全員に、回答の如何に関わらず(回答は匿名だから、勿論回答したかどうかは不明)全員に調査結果の概略は知らせた方が良いように思う。色々な統計心理学上の問題とか費用の問題で知らせないと言う事なのかなあ。

今後の政策決定の参考にする見たいな事は書いていたが、そんなことは当たり前の事だし、内容は秘密ともかいていなかった、発表についても書いていなかった。自分としては、アンケートの結果が知りたい、と言うことなのだけれど。自分が風変わりだとも思っていないし、とっても標準だとも思っていないが、全体のどこらあたりにいるか、それなりに知りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »