« 胃癌顛末記(13) | トップページ | 友人からの絵手紙 -カヤツリソウ- »

2012年9月23日 (日)

胃癌顛末記(14)

蛇足:

1.        任意加入の医療保険、健康保険その他、支給して貰う手続きはそれなりに面倒だった、加入の時は簡単だけれどね。とっても親切な人が、代行してくれるなら別と思うが、自分で出来ることは、自分でやった方が、精神衛生上良い。偶々大外れではなかったけれど、掛け金と給付とどんな病気になりそうか、健康な時に、遺伝的な自分の形質や仕事の内容などを考えて、構成して置いた方がよい。

2.        会社、仕事、自分にとっては可成りのストレスだった。環境の良い方だったら、憂い無く治療に専念できたのだろうけれど。自分は、療養中に色々悩んだ。結果は予想通り仕事を失ってしまった。先のことは又考える、311の大震災などで自分の因るべき大部分を失った人達を思えば、自分はもう一山越えて居るわけだから。

3.        家族や友達、病院の方々のちょっとした気遣いが大きな勇気になった。その反対をやった人には大きく傷つけられた。人間の価値ってその人の心で決まるのにね。

4.        201279()に手術をして、二ヶ月余り経過したところです。体重59Kg、未だやや減少中。少量の食事を1日に3度食べています。良く咬んでいます。たまに少量間食します。固形物と同時に水分を200cc位以内なら、大抵は問題が有りません。400500ccを同時に取ると、30分~2時間後ぐらいに、下痢になることが多いです。今年の夏は暑いので、水分の取り方に気を使っています。以前のように、好きなときに好きなだけ飲めることが、如何に幸せか実感しています。幸せって多分そんなものの積み重ねなんだよな、きっと。

|

« 胃癌顛末記(13) | トップページ | 友人からの絵手紙 -カヤツリソウ- »

コメント

おはよう御座います

2ヶ月経過ですか、色んな事がありますよね。
病気にならなければ見えないものも見えてくる一面もあります。
生きているだけで丸儲け!退屈な日々こそが幸福なんですよね煩悩が邪魔して今だそこの境地に至りませんがヽ(´▽`)/
わたしの場合、この退屈との闘いが残された時間のテーマです。
主夫業・お舟・散歩で今のところ誤魔化してますけど、、、
あ!タイもテーマですね

朝から好き勝手書いてすみません(汗)

投稿: チョンプー | 2012年9月24日 (月) 08時59分

ションプーさん、
お早う御座います。
頭では解っているのですが、仰っていただくと、とっても心に沁みます。
本当に『生きているだけで丸儲け!』なんですよね。
一部は自分が選んだ挫折ですが、過去の「栄光」に比べて、今の自分を中々受け止められません。
散歩も平日の日中は、気が引けています。
お舟、って何でしょうか?(散歩しながら考えました、多摩川とか戸田とか?)
ちょっとした話題、ゴロゴロしながら、お話しをしたら楽しいでしょうね。
コメント有難う御座いました、大変力になりました。

投稿: ハシビロコウ | 2012年9月24日 (月) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃癌顛末記(14):

« 胃癌顛末記(13) | トップページ | 友人からの絵手紙 -カヤツリソウ- »