« 胃癌顛末記(1) | トップページ | 胃癌顛末記(3) »

2012年9月11日 (火)

胃癌顛末記(2)

20124月初旬                              胸焼けがする。特に空腹時、みぞおち辺りが痛い。胸につかえが有る。通勤途上にあるドラッグストアで漢方系の胃腸薬を買って飲む。3時の小休止の時にも、何回か飲んだ。1日に13回、不定期に2週間ぐらい飲んだら、かなり症状は治まった。

(陰の声:事務職で仕事のストレスが大きいときの胃腸の不調は昔慣れっこだった。でも仕事場のストレスは無かった。色々あって転職して、仕事のストレスはそれ程無いが、仕事場のストレスは異常な高さ、こんなはずじゃなかったのに。サラサラ出来ることを、目茶苦茶面倒くさくしている、それが原因だと思っていた。)

201251()                    帰宅後、ちょっとゆっくり入浴。いつも通り、食前に軽く飲みながら、夕食を始めた。1時間半位で、食べ終わった。いつも通り、9時頃まで特に何もするではなく、ぼんやりテレビを見ていた。急に気分が悪くなり、冷や汗が出て、全体的に不快。お手洗いに行きたいような気がして入ったが、何も出なかった。冷や汗を拭いて、新しい下着に替えたら、やや気分が落ち着いたので、いつもより大部早いが、布団に横になった。特に気分が悪くなることはなく、いつもよりは時間が掛かったが、普通に寝入った。

(陰の声:これも職場のストレスかなあ。世間はゴールデンウィークなのに、こちらはワーストウイーク、出ずっぱり。仕事の内容からして、今遣るようなこっちゃ無いだろう。)

|

« 胃癌顛末記(1) | トップページ | 胃癌顛末記(3) »

コメント

お邪魔します。
まったく 私と同様の症状でした。

実は、苦しくて市内のクリニック行ったのではなく、空腹時に胸焼けのような 不快感がありました、丁度 市の検診の書類もありましたし、本当は その医師と 同じ会に 入って 春頃から 顔が見えないので、様子を見に行ったというのが一番でした。

投稿: 朝太郎 | 2012年9月12日 (水) 17時39分

朝太郎さん、
早速のご訪問有り難うございました。
朝太郎さんの活発な行動に毎日励まされて居ります。
今後の治療、焦らずゆっくり、時間を掛けて、共感を持って、応援しております。
自分も以前仕事でタイに何回も行きました。それなりの知識がありますので、よく分かり、朝太郎さんへのコメントやそのHPから色々訪問し、ここ数ヶ月、耽読しております。参加もさせていただきますので、今後と宜しくお願いいたします。
今日は本当に有難うございました。

投稿: ハシビロコウ | 2012年9月12日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃癌顛末記(2):

« 胃癌顛末記(1) | トップページ | 胃癌顛末記(3) »