« 胃癌顛末記(8) | トップページ | 胃癌顛末記(9) »

2012年9月18日 (火)

2012年9月17日夜のダンピング症状

三連休に、ちょっと出掛けました。悪天で、窓から景色を見て過ごしました。食べ物は、いつも通り少しだけ、ゆっくり。それなりに体調が良く夕方電車で帰りました。入浴後、空腹感を感じて、野菜ジュースと、リンゴジュースを、それぞれコップに半分、ちょっと早く飲んだかなあ。冷やし中華を、約半人前、結果的には、普通の人の様な早さで食べました。食べているときはまあまあ平気だったのですが、食べ終わった途端に、しゃっくりが出て、不快になり、吐けば、直る様な気もしましたが、吐くこともなく、その時は、水も飲めず、苦しかった。幸い下痢はなく、洗面台の前でしゃっくりが1時間ぐらい続き、時々口をゆすぎ、それから落ち着きました。術後二ヶ月と少し、外食何でもOKと言う人も知っていますが、焦らず、ゆっくり、自分のペースで。自分の場合は、食事後、特段の不快は無くとも、脈拍の昂進があり、未だに100/分はザラです。2時間ぐらい続きます。

|

« 胃癌顛末記(8) | トップページ | 胃癌顛末記(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年9月17日夜のダンピング症状:

« 胃癌顛末記(8) | トップページ | 胃癌顛末記(9) »