« ソケイヘルニア顛末記 | トップページ | 運気:RDD x 2 »

2012年12月11日 (火)

越後屋(3)

手品の鳩



Photo


久しぶりに越後屋が訪ねてきた。例の如く駅から電話である。何回か鳴らして応答がないときは、留守電にも入れず、携帯にも入れず、何事もなかったように、引き下がっているのかも知れない。留守電にも、携帯にも電話を貰ったことはない。そう言うことに関しては全く言わないけれど。彼は普段から誠に慎み深く、本来的な礼儀正しさが有る。こちらも良い意味で繊細になり、今後とも恥じることのないお付き合いを心がけたいと思っている。

十数分したら、インターホーンを鳴らす人有り。覗き穴から見たら、上着の懐辺りから、白い鳩を出したり引っ込めたりしている。顔の表情は如何にもステージ上の奇術師のようにも見えるし、何を考えているのか計り知れない政治家のようにも見えた。余りにも見事なので暫く見とれていたが、厚紙で作ったニセ鳩であった。直ぐ我に返り扉のカギを開けて扉を開けた。カギを開ける音が聞こえたのか、扉を開けた時には、姿勢を正して、普通に立っていた。いつものようにお互い簡単な挨拶をした。

我が寓居に応接室何ぞは無いから、ダイニングテーブルの横のソファーに座って貰った。

急に一緒に食べたくなったから買って来たと言って「鳩の串焼きです」と油紙に包まれてレジ袋入の串焼きを出してくれた。勿論、途中にある焼き鳥から買ってきた普通の焼き鳥である。小柄なお爺さんが遣っていて、安くて美味しい。自分も焼き鳥はいつもそこで買っている。何でスーパーのはあんな味なのだろう、不思議な気がする。

皿に入れ直して、3人で食べた。いつものように大変美味しい。それぞれ缶ビールを1本飲んだ。食べながら越後屋はいつものように、色々話をして、こちらは、ふむふむ聞いていた。一頻り話をしたら、いつものように帰った。彼の話は概略以下の通り。

「政治資金規正法の通り、記載しているとか、虚偽を記載しているとかは、興味は無い。秘書に任せているとか、秘書を信じているとか、そんな事もどうでも良い。鳩を右のポケットから出そうが、左のポケットから出そうが、そんな事もどうでも良い。その鳩を何処で捕まえてきたか、知りたい。4億円の鳩を。普通の人は一生涯見る事も無いような高額の鳩を何処で捕まえたかが重要であって、それを不問に付して、初めから家の鳩でした、って言ったって、誰が信じますか。報道の人達は大局を見た方がよい。私が色々参考にしている古の中国の爺さんは、其の身正しくば、令せずして行われ、正しからざれば、令すと雖も従われず、と言っている」

「今回は候補者乱立ではないが、政党乱立、弱小政党の政策はそれぞれ少しずつ違うが、政党を立ち上げるから少しずつ違うのであって、既成の政党なら、それぐらいの違いを内包しているが、直ぐには結論が出せないから、考えながら取り纏めて行きましょう位の物で違いの内に入らない。これは他人が少しでも自分と違う考えがあったら排除して行くという危険な兆候がある。昔の連○赤軍の様な寛容を欠いた組織でいずれ内部矛盾が昇華できず瓦解する兆候だ、つまり政権を安定的に運営する能力がない」

「節約すればそんな予算は捻出できると言っているが、具体的数値はない。お父さんが失職して貯金も使い果たして、お母さんの短時間のパート収入だけでは、どんなに節約したって、限度が有るのと同じだ。政権を担当する気が無いから永久に実証する必要性に迫られないから勝手なことを言っているだけだ。勿論消費税で所期の税収は上げられないだろうが、同時に行う諸対策で、経済も上向くだろうし、それが上手く行けば安定的に望めて、弱者救済に取って有力な施策となる。他を攻撃するときは短期的な欠点を攻撃するばかりで、自身は長期的視野は全く持っていない。駄々っ子じゃ無いんだから、全体を見て責任有る発言をした方がよい、我が江戸時代の奉行の1人も政策を実施するときは、全体を見て、実の有ることをしなさい、と言っている」

「原子力発電ももっとしっかり検討すべきだろう。原子力発電を即時止めても、電力は不足しない、と言っているが根拠がない。去年は深刻な停電はなかったと言っているが、たった一年の事だ、人生は長い。もし原子力発電を継続なら、高レベル廃棄物の最終処理方法、将来の廃炉の費用など総合発電費用の計算をしっかりすべきだろう。運転時の費用と生産電力だけでコスト計算をするな、金に目が眩んだ人達の理屈を鵜呑みにするな、訳の分からないワンマン社長の顔色を窺ってその場限りの迎合をするな」

「鼻息の荒い新政党が多い。自分に甘いから、もう勝ったときの勝利宣言を考えているかも知れないが、世間はちゃんと見ているだろう、思うようには勝てない。負けたときの言い訳を考えて置いた方がよい。深刻な反省が無ければ、彼らに次のチャンスは無いだろう」

越後屋は、厳しいご意見を言って、帰って行ったが、顔はニコニコで普段と全く変わらなかった。越後屋恐るべし。

|

« ソケイヘルニア顛末記 | トップページ | 運気:RDD x 2 »

コメント

本当に越後屋さんの言われる通りだと思います。
ハシビロコウさんは聞き上手ですね。私は人と話すのは好きですが、人が話していてもつい、自分が話したくなります。まだまだ修行が足りないです。

投稿: ヒマ トック | 2012年12月12日 (水) 20時33分

ヒマトックさん、こんばんは。
自分も修行は全然足りませんが、年配の方や若い人の話を聞くのは好きです。目から鱗って言うの結構有ります、偶に逆もあります。
今まで選挙の投票は、ボケかましたり、不可抗力以外は全て行っています。そうすれば、当夜の開票速報が、特に楽しいです(笑)

投稿: ハシビロコウ | 2012年12月12日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/48277739

この記事へのトラックバック一覧です: 越後屋(3):

« ソケイヘルニア顛末記 | トップページ | 運気:RDD x 2 »