« 日向のカマキリ | トップページ | 小笠原旅行記(2) »

2013年1月 6日 (日)

小笠原旅行記(1)

1.小笠原諸島への船旅

189年ぐらい前だったかなあ、小笠原へ2週間ほど遊びに行った。船は、おがさわら丸という、7000トン位の大きな船、歴代同じ名前を使っているようだ。東京湾を出て伊豆諸島やら何個かの岩やら島やらを右に見て1000キロの船旅。自分は殆ど船には酔わないので、ちょっと揺れるぐらいで心地よい船旅であった。今は25時間ぐらいの様だけれど、自分が行った時はもう少し掛かった気がする。

東京湾内にいるときは、ゆっくり信号と航路に従って進んで必ずしも直進のようには思えなかったが、ひとたび東京湾を出たら、全速前進で、富士山やその他の陸地の景色から直線で進んでいるようだった。

船内で何を食べたか余り覚えていないけれど、何度か食堂へ行って食事をした。カレーとか中華丼とか多分食べたのだろう。食堂は混んではいなかった。

お菓子やらつまみなどをダラダラ食べながら畳敷きの二等船室でゴロゴロして本を読んでいた。通路がよく考えられて造ってあり、人を跨いで自分の席へ行くという事はなかった。ずっと畳の上でゴロゴロしていたから、何となく体のあちらこちらが痛むので案内が有る度に景色の見えるところに出てベヨネーズ列岩や孀婦岩を見た、中々のスペクタクルで有った。後はゆっくりじっくり本が読めて退屈することはない。飛行機と違って、フラフラ出歩けるし、外の風にも当たれる。ストレッチも出来る。

エンジンの音や波濤の音も暫くしたら慣れた。特に人と話をするわけでもないので、ちょっとはうるさいとは言っても、ベールの様に自分を包んで外界から遮断して反って落ち着く。それにその時は周りにハイテンションの人が居なくて良かった。甲高い声で楽屋話を延々とされると結構苛つくものだ。

家内は東京湾を出たと思ったら、船酔いしてしまい後はトドのように時折寝返りを打つだけで食事も採らずひたすら寝ていた。勿論生理現象は有るわけだから、自力で何とか行った。自分は気の毒とは思いながら、「頑張ってこい」と声を掛けるだけ。

たくさんの人がゴロゴロしていたが、良く見ると家内のお仲間が結構沢山いた。船が竹芝桟橋を離岸してから小笠原、父島の二見港に着岸するまで寝たきりの人もかなり居た。結構具合が悪そうな人も居た。食堂が閑な訳だ。船に弱い人は誠に気の毒である。

乗船した翌日、二見港に着いた。自分達はフラフラと、予約した宿に向かった。

暫く父島に滞在してから、ははじま丸で往復して、母島にも滞在した。

父島から東京へ戻るために乗船する時に、植物検疫があった。オレンジを持っていた。美味しかったので船内で食べようと思ってスーパーで買ったものだ。水分補給にも良いし。それは本土から移入した物であったが、係員の方から、本土持ち込みは出来ないので、船内で食べてくださいと、指示が有った。うーん、やっぱり小笠原は遠い所なんだと改めて実感した。

父島からの戻りの船は低気圧の為に滅茶無茶揺れた。強い風に流されて、スライドして船首の向いている方向より、余程北向きに進んでいた。ドドドッドーンと船が波に当たる音、スクリューが海中より出てガラッガラーンと空気を切る音、その他風やら人のうめき声やら。数千トンの大船が船首から波に突っ込む感じ。大部分の人がトド、マグロ、大きく揺れるときは、寝ていても体が床からかなりずれた。立って歩くのも相当な困難を感じた。それでも自分は船酔いと言うほどの事は無かったが、さすがに食欲は落ちて食堂には1回しか行かず、手持ちの菓子やらつまみを食べて過ごした。眠っているとき以外はずっと本を読んで過ごした。そんなに揺れたのに東京湾に入ったら船全体に響くエンジン音が有るばかりで、進んでいることさえ分からない程安定して進んだ。

2週間ぶりで東京へ戻った。東京の高いビル群が排ガスを被ったように下の方だけが霞んで見えた。ああもう娑婆だ。夢の様な小笠原、父島と母島のゆったりとした生活。健康で生活できるほどのお金が有れば、1年ぐらいじっくり人生を考える場所には良いところだ。長く居たら、そのままミイラになってしまいそうだけれど、ミイラも悪くない。

|

« 日向のカマキリ | トップページ | 小笠原旅行記(2) »

コメント

奥さんと2週間の 小笠原旅行、本当に素晴らしいですね。
ship 船は、数年前に行った 隠岐の島か 一月前の シミラン諸島 どちらも 60km程ですし、他には 石垣島⇔西表島 くらいです。
あっ佐渡と宮島(ここは近い)がありました。coldsweats01
小笠原には 非常に興味があります。
是非(いつか!?)行ってみたいです。happy01 

投稿: 朝太郎 | 2013年1月 6日 (日) 17時53分

朝太郎さん、有難うございますnote
船しか有りませんから、これからも暫く良い自然が保たれると思います。是非どうぞ、いらしてください、その節は桟橋でお見送りしますsad
大昔、船で東京→沖縄、当日乗り継ぎ→石垣へ行ったことが有ります、船好きかもship
少しメモ書いていたのですが、朝太郎さんから、背中押して貰って、色々思いだしたので、暫く続きます、宜しければお付き合い下さいcat

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月 6日 (日) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/48622335

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原旅行記(1):

« 日向のカマキリ | トップページ | 小笠原旅行記(2) »