« 小笠原旅行記(1) | トップページ | 冬のオサムシ »

2013年1月 9日 (水)

小笠原旅行記(2)

2.小笠原諸島紹介



今はWEBでお手軽に可成りの情報が検索できるので、興味の有る方はそちらの方をご利用頂きたいのですが、ちょっとだけここでご紹介します。





Photo      青い地球



Photo_2      人工衛星



小笠原諸島は、30余りの島々で構成されていて、殆どは無人島である。硫黄島とか南鳥島には、公官庁の方々が駐在しているが、一般の国民が生活しているのは父島と母島のみだ。東京都小笠原村になる。東京から南に10001800キロ位の所に有る。

小笠原諸島は英語表記では、Ogasawara Islandsで、父島母島など固まって有る島々は、小笠原群島と呼ばれ英語表記は、Bonin Islandsだ。江戸時代に無人島(ぶにんじま)と呼んでいたので、その名残だ。

気候は亜熱帯と言うところだろう。最初の移民は白人で、その子孫の方々が、今も住んでいる。以後何回か八丈島や本土から移民が有った。

人口は父島、約2000人、母島約500人。今は世界自然遺産に登録されている。

交通は、東京から父島へ船便だ。母島は父島からの渡航に成る。飛行場は無い。

宇宙飛行士は、高度約400キロ上空を周回する宇宙船から地球を見て、人生観が変わるという、小笠原群島は東京から1000キロ。絶海の島で、自分を見れば、人生観変わります!?ま、そんなことは有りませんが、素晴らしい所でした。ちょっぴりお金があって、タップリお暇が有る方はどうぞ、いらしてください。

|

« 小笠原旅行記(1) | トップページ | 冬のオサムシ »

コメント

東京都小笠原村ですね。
飛行機で行けないとこが素晴らしいです。
竹芝桟橋からは式根島に行きました。海はとっても綺麗でした。
東京湾から外洋に出るまでに何度か海の色が変わりますよね。
式根島は、夜出れば早朝には着きます。けろけろがなかったから小笠原も大丈夫かな!?
人生観が変わるような刺激を脳に与えないと化石人間になっちゃいます。今年から禁お舟でお金を貯めようと企んでます。それと散歩で体力作りですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: チョンプー | 2013年1月 9日 (水) 17時03分

そうそう、チョンプーさんも仰る様に 飛行機で行けない所が ちょっと弱点で、それが最大の長所だと思います。ship
ちょっぴりのお金がと、タップリのお暇がを作って 是非行ってみたいですね。moneybag pig(ひまん)

投稿: 朝太郎 | 2013年1月 9日 (水) 17時29分

チョンプーさん、そうなんですよね。昔父島の隣の兄島に飛行場を、と言う話が有って、都が調査したのですが、止めました。島民は落胆したのですが、今となっては、世界遺産にもなったし、良かったかも。
その代わりって事もないでしょうが、病院その他のインフラは、今格段に向上したらしいです。
企みmoneybag、着々と進行中でしょうか。ゴミ貯まるのは速いですけれど、そっちの方は遅いし、時々フラフラッと来るし。
放浪の話もお聞きしたいですね。ear

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月 9日 (水) 18時11分

朝太郎さん、今父島は結構暖かいでしょうねえ。sun
季節になれば、typhoonが来たりしますが、基本sunが多いようです。
pigマークが駄洒落だと気付くまで、暫く掛かりました。少し脳みそが化石化してきたかなあ。banana

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月 9日 (水) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/48657975

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原旅行記(2):

« 小笠原旅行記(1) | トップページ | 冬のオサムシ »