« 冬のオサムシ | トップページ | 小笠原旅行記(4) »

2013年1月13日 (日)

小笠原旅行記(3)

3.季節旅行者

父島は亜熱帯の島である。海開きを11日にすると言っていた。まあ、偶には涼しい風も吹くが、暖かい黒潮の中に浮かんでいて、一年中泳げる。白砂の湾内は、静かで人影が無くプライベートビーチの様だ。外洋に面したところでは、泳がない方が良いだろう、流されたら、誰にも気付かれないうちに、短時間で何キロも島から離れてしまう。

朝食後、ブラブラ散歩して海岸線に出た。岩が風波に穿たれて洞窟の様になっているところが見えたので近づいて行った。足場の良いところで釣りをした。20センチ位の根魚がドンドン釣れて面白い。

辺りに猫が寄ってきてニャーニャー。試しに釣った魚を与えると、くわえて逃げる奴、1匹貰って近くで食べる奴、ちょっと匂いを嗅いで通り過ぎる奴、見向きもしない奴。猫は猫でそれなりの苦労が有るのだろうけれど、今度生まれるときは猫と決めてあるので、それぞれ個性があって他人とも思えない。

持っていた菓子も分け与えたが、こちらには全く興味を示さなかった。さっきまで食べていた小鯵のみりん干しが未だ残っていればもう少し親しく成れたかも知れない。小笠原辺りの様にそんなに寒くないところで自由に生きる猫。小笠原には自分が苦手のヘビも居ないし。時には目をランランと輝かせて釣り人の獲物を狙うのも一興。いざとなれば野垂れ死にの覚悟が有ればそれは、それは、それは自由に生きられるだろう。

その小さな湾の反対側に数人の釣り人が居た。こちらと違って本格的な格好で本格的な道具、暫く見ているとなにやら相当な大物が掛かった。仲間が寄ってきて手伝っているが、いっこうに上がってこない。ブットイ竿が満月ならぬ半月のように撓う。暫く格闘していたが糸が切れたようだった、残念。釣れたら見に行くつもりしたのに。声は聞こえなかったが、釣り人達の興奮とざわめきが見て取れた。気力を立て直して又準備して再挑戦。彼らも旅行者だろう。

こちらは小魚を釣って大いに楽しい。何となく洞窟の陰から人の話し声が聞こえてきた。暫くすると中年のオッサンが3人、ボヤーと現れた。風体が今一良くない。近づいて来た。挨拶代わりに何処に泊まっているかを尋ねたら、そこだという。要するに野宿をしている。仕事が有れば働いている。冬は小笠原に来ている。夏は東京で働いている。ここ何年もこんな生活をしている。東京の冬は寒くて敵わん。買って食べたり自炊したり。暢気に暮らしている。釣りは好きじゃないからしない、と言っていた。もう釣り飽きたのかも知れない。暫くの間彼らと、ポツリポツリと雑談をした。本当の心の中までは知り得ないが、吹っ切れているような感じがした。ちょっと憧れた。でも各種税金や年金を払っている風ではない。

折角ドンドン釣れるんだから。おかず、場合によっては主食にすれば良いのにと思ったが、何も言わなかった。自分も何時かは、プータロー1歩手前の芭蕉のように旅の中に生きたいと思っていたが、その時、もう彼らは自由な旅行者、当時の自分が歯の立つ相手では無かった。

|

« 冬のオサムシ | トップページ | 小笠原旅行記(4) »

コメント

おはようございます。
今日も天気は悪くないです。suncloud
猫にもいろいろ あるのですねぇ。
お菓子については、絶海の孤島なので それを食べたこと無く、美味しさを知らない ってところでしょうか。
生態系を乱さない程度に 探検してみたいですね。run

投稿: 朝太郎 | 2013年1月13日 (日) 09時45分

朝太郎さん、お早うございます。
当地も朝からsun快晴です。cloud1つありません。
近辺の公園にも最近cat少なくなりました。猫も生きにくい社会です。その内このシリーズで森にも行きます。run
明日は雨から雪らしいですから、これから散歩にでも行こうかな。shoe

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月13日 (日) 11時02分

お早う御座います。
世間は3連休で正月疲れを癒すお休みでしょうcancer
小笠原の「自由な旅行者」プーの中のエリートでしょうね。もっと気の利いたのはタイ辺りで沈没でしょう。
40年前に既にそんな筋金入りのプーがいましたよ。
プーでもなんでも良いですが老いたら断然暖かい場所ですね。
これから、朝風呂浴びて買い出しと散歩ですcat

投稿: チョンプー | 2013年1月13日 (日) 12時48分

チョンプーさん、こんにちは。
40年前の筋金入りの自由人のお話し、聞いて見たいです。ear
以前近くにspaラドンセンターが有って良かったのですが、最寄りのスーパー銭湯、ちょっと遠いし・・・
タイの真夏は暑すぎますが、基本maple老いたら、暖かい方が良いですね。
今日はsun日向を散歩したら、気持ちよかったです。戻りにスーパーに寄って買い物帰宅。moneybag

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月13日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/48719590

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原旅行記(3):

« 冬のオサムシ | トップページ | 小笠原旅行記(4) »