« 大鵬が亡くなった | トップページ | センダンのヒヨドリと桜倒木 »

2013年1月22日 (火)

小笠原旅行記(7)




7
.レストランのマスター(1)



自分達が小笠原に行ったのは閑散期だったと思う、多分夏休みとか正月が繁忙期なのだろう。島の中に観光客らしい人は少なかった。食堂も多分閉まっているのが結構あったに違いない。宿の近くで比較的広い食堂が有った。昼は定食屋で夜は飲み屋という感じのお店だった。繁忙期は若い人達で賑わっていそうな感じだった。

初めて入った昼にお客は我々以外に1人もいなかった。マスターは店の一角を占めている小さな植物園の手入れをしていた。奥さんは奥の調理場から出て来た。良く散歩していた人達でしょうと、声を掛けてきた。気さくで親しみやすく感じが良かった。マスターの方は、ちょっと軽い感じで独り言のような、話し掛けているような、おまけに少し落ち着きがない。

店内を見渡して昼食のメニューらしいものは無かった。その日のお勧めにも何も書いていなかった。困ったなあと思っていると、マスターが魚が有るから、それにしようかと言う。魚が途中で鮫に食われて傷ついている。逆に味は良いと思うよ。特段あれと言う食べたいものが有ったわけでは無いので、それにして貰った。値段は1000円にしようと言う。ちょっと訳が分からないが、1000円でまあまあの昼食がたべられるのだから、良いでしょうと言うことで、カウンターに坐って黙って待っていた。

その間、奥さんが、お水を出したり、片付けたりしながら、父島に何しに来たかというので、自然の中をブルブラ散歩したり、街並みを探見したり、景色を見たり、ゆっくりしに来た、と言ったら珍しがられた。大抵の人はダイビングとか、釣りとかその他ハッキリした目的があると。こっちだってハッキリしているのだがなあ。

マスターは何か良く聞き取れなかったが、一言二言言って、厨房の中に入って行った。立ち働く音が聞こえてきた。

暫くしたら大変豪華な刺身定食が出て来た。ツマには白砂青松がダイコンの千切りとキュウリで作られていて、見た目にも誠に美しいものであった。マスターの言動を見て大丈夫かなあ、と思っていたが、小鉢も汁もご飯も香の物も勿論刺身もとても美味しかった。大満足であった。自分の料理には厳しい目と自信に満ちた提供が感じられた。

|

« 大鵬が亡くなった | トップページ | センダンのヒヨドリと桜倒木 »

コメント

好い経験なされましたね。fish
どうも最近 どの業種でもでしょうが、全く 型どおりといいますか マニュアルとおりといいますか、そんな感じがしますが、その時々や お客さまに合わせて いろいろ対応できる、そして それが素晴らしいというのは 魅力です。
ますます行ってみたくなります。ship

投稿: 朝太郎 | 2013年1月22日 (火) 08時28分

朝太郎さん、sunお早うございます。
通り一遍多くて楽しみ減りました。

偶の外食も体したところでする訳では有りませんが、あのマスターが出してくれたお造りを越えたものに出会ったことが有りません。お料理は材料が大切ですけれど、最後は腕と心ですね。
自分でキュウリを使って松を作ると、余りの違いにビックリです。sweat01

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月22日 (火) 12時05分

タイのバンコクに行っても、今は日本のチェン店の店が多く筋書き道理の品しか出て来ません。値段は日本並みで本当に嫌になります。
まだタイ料理の店の方が値段も安く美味しいです。
小笠原は太平洋の中の島ですから素晴らしいとこだと思います。

投稿: ヒマ トック | 2013年1月22日 (火) 13時01分

ヒマトックさん、こんにちはfuji
日本のタイ料理の値段がタイ並みだと良いのですが、日本の食べ物より高いしmoneybag
料理のチェーン店は、値段は安いが味はそれなり、良さげな料理屋さんは、味は良いかも知れませんが、普段入れる値段じゃないしcrying
スイカの旅で田舎の駅前の食堂で、地場の材料で美味しい物に巡り逢うことが有りますgood次はそこを目指しますpenguin

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月22日 (火) 15時15分

こんにちは
今日は、思ったほど寒くなかったですね。
のんびり散歩して、猫と会話してきました。昨日は、ばばあ2人とカラオケで遊びました。
2時間半位歌ってcafeついて400円では安いですよね。暇潰しの枠が広がりました。

人は見かけによらぬもの
って人の能力なんて外見では分かりません。
思わぬ場所に、凄い能力持った人に出会うと嬉しくなっちゃいますよね。


投稿: チョンプー | 2013年1月22日 (火) 16時51分

チョンプーさん、nightこんばんは。
今日は歯医者さんその他で、何回か外出しましたが、確かに余り寒く無かったですsunここら辺りには、catも居ませんcrying
karaoke400円は安いです、両手にtulip羨ましいnotes
最近、見てくれ重視、目から鼻sign01いざというときdown何でかなあ・・・
IT企業って何かと思えば、ゲーム屋さんsign02

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月22日 (火) 20時10分

オフシーズンの観光はのんびりして良いですね。
料理もいつもより手間を掛けてつくられたのでは?
私は誰も居ないスキー場が一番の思い出です。
夕方に雨が降った日曜のナイタースキーでした。

投稿: メンカーム | 2013年1月22日 (火) 22時34分

メンカームさん、sunお早うございます。
タイって、一応ルドゥーナーウが観光シーズンかも知れませんが、hotel何処へ行っても原則宿を探すのに、苦労したことがない気がします。安いところから高級な所まで沢山あるからでしょうか。色んなツアーmoneybag懐具合と相談して直ぐ見つかるし。restaurant食べ物も自分が好きな物多いですpenguin

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月23日 (水) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/48879376

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原旅行記(7):

« 大鵬が亡くなった | トップページ | センダンのヒヨドリと桜倒木 »