« 小笠原旅行記(2) | トップページ | 小笠原旅行記(3) »

2013年1月11日 (金)

冬のオサムシ

冬野修氏だったら、人の名前になっちゃうね。

オサムシって、昆虫界でほぼ最強の肉食系です。最近は草食系(装飾系?)が流行みたいですが。




Dscn1786

恐竜界だったら、ティラノザウルス、実際気も荒い。

真夏に地表を歩いているのを、無造作に掴むと、強烈な液体をお尻から噴射しますから、要注意。

カブトムシやクワガタは樹液が食べ物ですから、体は凄いですが、プロントザウルスみたいなものです。

今日午後から近くの武蔵野公園を散歩していたら、オサムシが1匹、フラフラ歩いておりました。お腹空いちゃったかなあ、季節外れの出現。自分と重なった訳じゃありませんが。

オサムシや色々なこと思い出し(芭蕉:さまざまなこと思い出す桜かな)


Dscn1771





|

« 小笠原旅行記(2) | トップページ | 小笠原旅行記(3) »

コメント

さすがハシビロコウさんです、オサムシに注目されるとは。
非常に個性のある虫ですねぇ。snail

ブロントサウルスで思い出しました、45年も前 小学生のころ 何人かで 図書館に行ったり、黒板やノートに恐竜を書いたりしてましたね。

昨年春 首都大に 入った三女(5番目)が 保育園のころ 恐竜に凝りまして 10冊ちかく本を買いました。
gawk恐竜の姿勢も昔と違うし、ブロントサウルスは命名等の誤りで、すべてアパトサルススになってって 寂しかったことを思い出しました。

投稿: 朝太郎 | 2013年1月11日 (金) 21時38分

朝太郎さん、nightこんばんは。
アスファルトの上のオサムシを見たときに、咄嗟に「さんの木」のセミを思い出しました。近くに最近住み始めた「自由人」が気にするといけないので、彼が気にしないところまで、そのsnailカブリを連れていって写真を撮りました。
以前ウドンタニからルーイ方面に移動中に、恐竜横断中の看板が有り、道の脇に実物大(?)が居るのを見て、タイ人の洒落と無駄遣い(笑)に感心しました。心の余裕良いですね。

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月11日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/48703222

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のオサムシ:

« 小笠原旅行記(2) | トップページ | 小笠原旅行記(3) »