« 小笠原旅行記(6) | トップページ | 小笠原旅行記(7) »

2013年1月20日 (日)

大鵬が亡くなった



 2013
119()大鵬が亡くなった。とっても悲しい。人はいずれ亡くなる。努力の人、大鵬が亡くなった、巨星墜つ。

大鵬のお母様は、我が故郷、秋田縁の人であり、奥様は秋田の人である。秋田の人にとっては最も親しい力士であり、最高の横綱である。

小学校の時、多分5年生の時だと思うが、児童会長の選挙で、候補者名を書かず、無効に成った票が有った。それには、大きく大鵬と書かれて居たらしい。

大鵬の高志が、継承されることを祈念します。

|

« 小笠原旅行記(6) | トップページ | 小笠原旅行記(7) »

コメント

『大鵬関』 史上最高の力士だと思いました。
我が郷土の 琴櫻も大鵬を本当に慕ってましたし、長い間、全く勝てませんでしたからね。
秋田県に縁があるとは、知りませんでした。
ご冥福を祈ります。

投稿: 朝太郎 | 2013年1月21日 (月) 08時52分

朝太郎さん、有難うございます。
各地に伝統的な相撲の会が有りますが、大相撲を含めて、今後発展することを願います、早く日本人の横綱が欲しい。
琴櫻関は、倉吉市出身なんですね、本当の地元、現役時代も活躍し、引退後は後進の指導に当たられ、もう一つの才能を発揮し大相撲の発展に尽力、凄い方ですよね。

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月21日 (月) 10時00分

お早う御座います。
「私は、天才ではない16歳から裸一貫で出てきて努力して強くなった。完成された人と同じに扱わないで下さい。」大鵬の生前のインタビューですけど。
人間的にも立派な横綱でした。元朝青竜に爪の垢飲ませたいですcancer
大鵬・柏戸ですけど先代の朝潮も好きでした。

投稿: チョンプー | 2013年1月21日 (月) 10時52分

チョンプーさん、こんにちは。
大鵬は、ロゴ入りの浴衣とタオルの収益金で、日本赤十字社に長年に渡り合計70台の血液運搬車を寄贈しました。その最後の一台の時に、「ファンあってのこと。ありがたい。相撲社会に入ったおかげでこういうこともできた」ご本人は恩返しのつもりだったようです。凄い人でした、合掌。
柏戸も好きでした、早く亡くなりました、山形県出身。

投稿: ハシビロコウ | 2013年1月21日 (月) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/48849520

この記事へのトラックバック一覧です: 大鵬が亡くなった:

« 小笠原旅行記(6) | トップページ | 小笠原旅行記(7) »