« 空芯菜 | トップページ | フライドポテトもどき »

2013年2月20日 (水)

アカエイ遡上


20127月に千葉県いすみ市の夷隅川にアカエイが遡上した。当時入院していた。テレビのニュースで見たら、行ったことが有る場所だった。数百匹という事で橋の上からの映像であった。そう言う現象って好きだから、実際の所を見たかった。


Photo




大抵、海の魚が産卵以外で川を沢山遡上するのは、理由はともあれ、大潮近辺で有る。後日WEBで見たら大潮回りであった。過去にも何回かアカエイがそれなりに群で遡上したことが有るらしい。未だ理由は分かっていないそうだが、注意深く見ていれば、又有るかも知れない。

暇で土日が近かったら、多分現地に行ったと思う。そう言うの好きな友達もいるし。その友達は自分より相当年上で、貧乏だが暇である。気が合って、釣りやら、山菜採りやら偶に一緒に行く。現在闘病中だが、比較的元気な病人である。病気の完治は難しそうだが、時々入院して治療、病気で死ぬ前に、寿命で死にそうだ、と本人は言っていた。

どうせ行くなら、現地で何匹か捕まえるだろう。あそこら当たりは、何処にも竹林が有るから、硬そうな竹で銛を急拵えして、ヒモで引き戻せるようにすれば使えそう。そもそも的が大きいし、数が数だから、食べる分位獲るのは、簡単だろうと想像した。

実際現地に行けば、群が見つからなかったり、場所が分からなかったり、その他障害が多くて色々対処しなければ成らないことが多いけれど、そんな事は遊びには付きもので、それ自体が楽しい。魚体が大きいから、獲れたらその場で捌いて、美味しいところだけ切り身にして、氷の入ったクーラーボックスに入れて持ち帰ろう。

帰ったら、刺身と煮付けにして食べよう、少し冷凍して後日の煮付けようとして、残りは干して長期保存。カスベの干物は田舎じゃかなり高い干物だ。その煮付けはハレの日の食べ物だ。

当時入院中で体調は悪いと言っても暇なものだから、想像、空想、妄想だけは自分都合で勝手に一人歩き。

暫くして、退院して、秋口になり、友人が一週間ほど入院、退院してから彼の住処に見舞い。千葉のアカエイ遡上の話で盛り上がった。彼も家に居ながら、入院中の自分と一緒に夷隅川に行って、アカエイを獲って~~と同じ事を考えていたらしい。病気でそんなに飲めないが、それを肴にちょこっと一杯。

昔の記事『カスベの食べ方』、お暇な方はどうぞ。




|

« 空芯菜 | トップページ | フライドポテトもどき »

コメント

アカエイが遡上するとは! 驚きです。

そう云えば うちのところでは エイを エイビタと昔は呼んでたようです。
ビタは 平ら のことでは と思います。

投稿: 朝太郎 | 2013年2月20日 (水) 08時15分

朝太郎さん、お早うございます
アカエイの前に、その近くの港にマイワシが押し寄せ、皆さんバケツに一杯というのが何日か続きましたそして、逃げもしないでそこで死んじゃって、港も砂浜もイワシだらけ
そんな出来事に参加するのが好きです
今日も寒いです

投稿: ハシビロコウ | 2013年2月20日 (水) 10時25分

広島湾にはイワシが群れをなして、桟橋などに来ると言う事をテレビなど見ますが。
餌を撒いて集まった所を網ですくうと言う事です。昔一度だけ息子を連れて見に行った事を思い出しました。

投稿: ヒマ トック | 2013年2月20日 (水) 15時59分

ヒマトックさん、こんにちは

自分が現地に行けるときに、食べられるが来ると行って採りたいのですが

広島湾で息子さん、大喜びだったのでしょうね、光景が目に浮かびます
が経つのは早いです

投稿: ハシビロコウ | 2013年2月20日 (水) 17時58分

お早うございます。
カスベ食べた事無いですね。
近所の立会川でも、数年前にボラの大群遡上でTVニュースにもなりました。
ボラは卵だけで、身は食べられないと言われます。
貧乏で暇な病人って自分の事の様ですわたしは、肥満で死ぬような気がします。

投稿: チョンプー | 2013年2月21日 (木) 10時33分

チョンプーさん、こんにちは
散歩の帰りは、螻蛄街道をニコニコだと良いですね
居酒屋のエイヒレもカスベのなれの果てです
からすみは、貰って食べたこと有ります真冬の外洋性のボラは刺身で行けます
岐阜、長野の一部にからすみというお菓子有りますスアマのようなカマボコのような、輪切りにすると。富士山の様な形です

投稿: ハシビロコウ | 2013年2月21日 (木) 16時57分

前記事のコメント失礼します。

カスベの煮つけは美味しいですよね。
子供の頃よく食べました。
アカエイは尾の針に猛毒がありますが、カスベは無いから安心です。

自然の生き物って人間が考えもつかないような行動をとりますね。
真鱈が川で獲れた事もあります(笑)
あと、なんだったのかチョット思い出せませんが、この魚が川で(・o・)と驚くような魚が獲れた例もありますし、
陸から5km位の海上で鯉が泳いでいたり(笑)流されたんだろうと思うけど(^^)
新潟なのに7~8mもあろうジンベイザメが、私の船にゴツンと頭をぶつけて 全身を擦りつけていったりと・・・
痒かったのかなぁ~?

投稿: MITU | 2013年2月24日 (日) 21時55分

MITUさん、お早うございます。

東京方面は、北西の風が吹いて寒いですが、です。新潟方面は、強烈な寒波で、猛吹雪のようですねお気を付けください。

実際の現場にいると、色々な事に遭遇するのでしょうねえ、真鱈は海の魚、鯉は淡水の魚って思い込んでいる人には想像も付かないと思います。頭で考える程、境界ってハッキリしないことが多い気がします。
ジンベイザメもMITUさんも両方吃驚そんなお話し聞いて、こちらも吃驚

投稿: ハシビロコウ | 2013年2月25日 (月) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカエイ遡上:

« 空芯菜 | トップページ | フライドポテトもどき »