« 実生の木 | トップページ | デジカメ故障 »

2013年3月 5日 (火)

海苔弁当の食べ方

善し悪しは別として、世の中の人を色々な区分で分ける方法が有るが、海苔弁当も1つの手法になると思う。

海苔弁当と言って、大体の値段、ご飯の量、おかずの中身を知っている人と知らない人。

知っている人となら、余り前提無しに或る程度の会話が成立する気がするが、『どんな海苔が使ってあるのだろう』ぐらいの認識の人とは、結構話が噛み合わない気がする。

貧乏人と金持ちと言うわけでもないが、のり弁愛好者の頃は、マルキン、マルビ、と言う言葉が流行っていた。勿論自分はマルビの方。今だったら庶民とセレブでも良いかもしれない。

勿論自分は未だにマルビで、多分マルキンに成り上がる若しくは成り下がる事はもう無いけれど、のり弁を食べる機会はとっても少ない。量が多くて食べきれない。病気の所為も有るけれど、老化現象。そりゃ、無理すれば食べられるが、無理する理由がない。当時は、のり弁プラスカップラーメンが軽く行けたのだ。ついでに言えば、ラーメン、チャーハン、餃子セットが行けたのだ、オマケで言えば、鍋焼きウドンに玉丼だって行けたのだ。

先日その海苔弁当を買ってきて昼食にした。半分食べて、半分は夜食べた。昔と変わらない外見と味。人間は皆見てくれが変わって味は不明だが、老いる。心の良い奴はもっと良くなって、悪い奴はもっと悪くなって、何かの都合で、性格が変わった奴とか色々居るだろうけれど、それより心の老化した奴は、そろそろ最期の準備をした方がよい。

のり弁は世に出てから、初心貫徹、今以て全く変わらない。値段も殆ど変わらない。

海苔弁当の内容(ご存知無い方のために):

ご飯の上にオカカ醤油まぶし、昆布の佃煮があり、ご飯の全面に浅草海苔が載っている、その上に白身魚の紡錘形のフライ、ちくわテンプラ、きんぴらゴボウと、タクアン。


Photo

その製造元によって若干の差異は有るが、自分が贔屓にしている弁当屋さんの物。

ついでに言えば、白身魚のフライ、と言うのも色々考えさせる物が有って、海のホキが主流のようだが、タラ、スケソウダラ、メルルーサ、スズキ、オヒョウ等も有るようだ。中にはナイルパーチも有るらしい、これは巨大な淡水スズキの仲間。映画、ダーウィンの悪夢』で話題になった魚でもある、映画の真偽は兎も角。

のり弁は、安かったけれど、持ち帰り弁当は、当時の自分に取って、画期的な食べ物だった。ご飯もおかずも温かい物が家で(正確には狭い北西向きのアパートで)ゆっくり食べられた。汁は、1個約10円の即席みそ汁、買い置きの乾燥ワカメをよく入れていた。

あの頃の夢は何だったか忘れちゃったけれど、振り返れば光陰は誠に矢の如く過ぎ去り、茫々とした年月だけが、あの頃ののり弁と今ののり弁の間に横たわっている。


|

« 実生の木 | トップページ | デジカメ故障 »

コメント

海苔弁当ですか、私はまだ食べた事が有りません。写真を拝見すると、広島では余り見た事が無い様な気がします。
余り弁当を買わないので、知らないだけかも知れません。

投稿: ヒマ トック | 2013年3月 5日 (火) 18時25分

海苔弁! 同じですね。
HM(ホットモット)良く利用します(笑)
前あった(ほか弁)は見当たらなくなりました。

前、「海苔めんたい」が有ったような?

ご飯が多いんですよね。醤油が足らずに家の醤油を足してかけてました。
チクワの天ぷらが好きでしたね~
てか、今でもたま~に食います(^^)

投稿: MITU | 2013年3月 5日 (火) 20時36分

ヒマトックさん、こんばんは。
明日は全国的に春の陽気だそうです

広島とは、お弁当の好みが違うかも知れませんね
最近は余り食べませんが、駅弁を含めて、お弁当割りと好きです。公園のベンチで食べて、ウトウトすると気持ちがよいです

投稿: ハシビロコウ | 2013年3月 5日 (火) 20時38分

最近でこそ、あまり買ってませんが、」うちの県では そんな感じにの 海苔弁当あります。
好きですよ。

投稿: 朝太郎 | 2013年3月 5日 (火) 20時47分

MITUさん、こんばんは。
ご飯系のファストフード店が多くなったせいか、お持ち帰りの弁当屋さん減りました
自分はデパ地下って柄じゃないし
海苔弁のあのふんわりしたチクワのテンプラ美味しいですよね、好きなんですよ
総菜屋さんのは、パリパリして好みじゃ有りません(笑)
ちょっと醤油を掛けて食べると力が出そうですが、健康のため減塩が宜しいかと
安くて財布にも良いし

投稿: ハシビロコウ | 2013年3月 5日 (火) 20時50分

朝太郎さん、こんばんは。
そうですか、東京方面はこのウン十年、内容が全然変わりません、マルビ御用達です(笑)
その上は、空揚げが2個付きます
時々セールで安くなったりします

投稿: ハシビロコウ | 2013年3月 5日 (火) 20時57分

わたしは、「ほっかほっか弁当」です。
それにカップラーメンは定番でした。
温かいのがご機嫌でしたし、冷凍物でも作りたては美味しかったですね。
過去を振り返ると、美味しいものの小感動が残っていますね。それらを再現して食すのも面白いかも知れません。
美味しいもの初体験は、SBカレーと小麦粉をフライパンで炒る昔のカレーだなあ!肉の代わりに魚肉ソーセージとか竹輪なんだよね。みんな貧乏だったけど笑顔があった

投稿: チョンプー | 2013年3月 6日 (水) 18時30分

チョンプーさん、こんばんは。
自分も環境も変わっちゃったけれど、忘れているけれど、昔美味しかった物、探す旅って言うのも、何か惹かれるなあ
ずっと昔、月末、カツ丼食べるの贅沢で美味しかったです、何かそれが目標みたいな
暖かい中を散歩して、落葉の林で、アオゲラとイカルとシメを見ました
今野鳥の食べ物無いけれど、楽しげに見えました
美味しい物食べて、また体重増えましたか

投稿: ハシビロコウ | 2013年3月 6日 (水) 21時05分

海苔弁は懐かしいです。
白身魚のフライに竹輪の天麩羅は食べたいです。
ウドンに系列のヤヨイ軒が出店してますが
さすがに海苔弁は無いようです。

投稿: メンカーム | 2013年3月 8日 (金) 00時03分

メンカームさんお早うございます。
今年は寒かったのですが、ここ数日数日すっかり春めいて来ました
ウドンにも系列店が有るんですか。
同じメニューが有ったら食べ比べ、値段比べしてみたいです

投稿: ハシビロコウ | 2013年3月 8日 (金) 08時50分

久しぶりにノリ弁見ました。

昔のまんまですね。
これに10円の袋入り味噌汁をお湯に溶かして300円弱じゃなかったっけ?
曙橋のフジテレビ商店街のほか弁で毎日昼飯これでした(笑)
帰宅はバス代がもったいないので徒歩。
若松町の焼け残りの長屋を抜けて、早稲田の神田川沿いを歩き、高田馬場で晩飯。
もちろん松屋の牛飯セット400円だったかな?
そのまま歩いて西落合まで歩きました。
そうすれば一日1000円以内、一か月3万円で過ごせるのでした!
もちろん銭湯は高いので、コインシャワーの百円勝負を一日おきにタライ行水(笑)
何もなかった時代、ただ若さだけが財産でした。

投稿: ムガ | 2013年3月12日 (火) 23時34分

ムガさん、お早うございます
とっても懐かしいです。
時代は少しずれている気がしますが、
昔一時、曙橋に職場が有り、暫くそこら辺りに通いました。同じ物を食べて、同じ様な空気を吸ったんですね。お仲間の様な気がします。
早稲田、神田川、高田馬場というのも、青春の一頃を過ごした場所です。
曙橋~西落合だったら、6キロ前後と言うことでしょうか。気候が良いときは良いコースだと思いますが、雨の日何かは大変ですね。

ちなみに今、海苔弁は¥290~320ですが、昼割だと¥270です。
味、値段他の追随を許さず、今でも不動の地位を保っております(笑)

投稿: ハシビロコウ | 2013年3月13日 (水) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海苔弁当の食べ方:

« 実生の木 | トップページ | デジカメ故障 »