« 2貫で1皿 | トップページ | 誰もいない砂浜 »

2013年4月21日 (日)

病院は・・・

先日、久方ぶりの通院日。

Dscn1585_2         どっかの大病院


病院には病人が溢れている、当たり前か。半分は付き添いだ、多分。

子供の付き添いだったり、逆だったり、連れ合いだったり、姪御さんだったり、友達って言うのもありだな。

2         どっかの待合室


折角親子で来ているのに、特に老齢の親に付き添って、息子さんらしい人が、何か半分冷たそうなのを見ると、何でかなあ、と思う。そりゃ仕事休んで来たかも知れないけれど・・・

将来、自分に倅や娘が同じ態度を取ったら、悲しいだろう。

お笑いで、病院ネタが有ると:

地方の小さな総合病院で:-

老人が待合室で世間話や病気自慢に興じている。

「今日、鈴木さんが居ないね」

「体調不良で、家で休んでいるって」

「早く元気になって、病院に来て欲しいね」

「居ないと寂しい」

後、薬が沢山あって、量と種類自慢、大抵の薬は食後だから、薬の為に食事をしている。

話としては、面白い。

辛いことでも笑って過ごせれば、それに越したことはない。泣いていても笑っていても、時間は過ぎて行く。

でも病院は、大変な所だ。生老病死の場所だ。色々な事情を抱え込んだまま、他人に囲まれて人生の最期を迎える人も多いだろう、事情を何処まで知っているかは兎も角、それを観る医師や看護師達。

その日の自分は、経過観察で呑気だったけれど、明日の事は誰も解らない。



Dscn2352               近所の景色




|

« 2貫で1皿 | トップページ | 誰もいない砂浜 »

コメント

昔の町医院の風景と同じですね。風邪で行くといつも年寄りだらけで、井戸端会議。
泣くと長く、笑うと短く感じられます、これを人の相対性理論と云います。
私の仕事はITでした。仕事をしている時、ふっと思った事があります。この仕事でミスっても人は死なない、しかし、仕事が医療で、ミスったら大変な事になってしまうと。

タイの医療制度、2001年から30B診療が始まりました。日本のように健康保険料の徴収はありません。最近、30Bが撤廃され無料診療に変わりました。これはタイ人の話ですが、外人でも外国人登録(黄色の住民票)すると恩恵に預かれるそうです。
月曜日に役所に行って登録してきます。
かの方もお持ちのようです。

投稿: カラシン | 2013年4月21日 (日) 15時36分

近所同士のお年寄りの井戸端会議も、病気と薬、あこが悪い ここが悪いの自慢大会のようです(笑)

>体調が悪くて家で休んでいる<
>はやく元気になって病院に来てほしいね<
お年寄りの とんちんかんの話はおもしろいですね

近所に素晴らしい所があるんですね~
この木々に覆いかぶされた道って、気分を落ち着かせてくれるので大好きです。 ナイス!!

投稿: MITU | 2013年4月21日 (日) 20時03分

カラシンさん、こんばんは
メッチャ寒いです、日光の方では雪が降ったらしいです、当地は冷たい雨
病気には成りたくない物ですが、皆さんがピンピンコロリ、と言うわけにも行きません。せめて笑顔多く暮らしたいです
自宅で家族に囲まれてっていう事も難しくなってきました。
ITでしたかそれはそれで大変なご苦労だったでしょう。
B30から無料へ、質を向上させながら上手く運用できると良いのですが、ちょっとした町にある診療所(?)の様な所で受診出来るのでしょうか、怪我で縫ったり、投薬は?範囲は未だそれ程明確になって居ない様な気がします。田舎の人、お金無い人多いですからね。

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月21日 (日) 20時26分

MITUさん、こんばんは
家じゃ伏せっていても、外で、病気自慢、薬自慢して笑って過ごせれば、時間はたちまちです、免疫能力も高まって、早く直るでしょう。
老人達が、何の用事もないのに集まれるところが多ければ、もっと良いのですが、、、、お茶飲んで菓子食って、話して笑って。

近くの散歩道です、気に入って頂いて嬉しいです、気付いたら又載せますので近所の風景をご覧下さって気分お安からに

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月21日 (日) 20時37分

B30から無料へ、お金を取るとその管理費用が発生し、取らない方が経費削減になるのでなったそうです。本当かどうか。しかし、お金が有るのでがんじがらめのシステムを作る国もあり、発展途上国のやり方と云わず、見習って欲しいところです。

老人医療、忘れましたが、井戸端で集まるので医療費がかかるといって集まれない施策をしたり、障害者自立支援施策も無料だから、ただ集まるだけで自立を阻害してるとの理由で有料にすれば、来られず自立を促進できるだろうと、逆の事ばかりやる国があります。
そんな国ですが、皆さんたくましくやってますね。

タイの国立・公立・田舎の診療所・保健所が対象で病気で受けると認められた診療と入院費全てが対象のようです。
私もこれを知るまでは、病院がただと云うのが不思議でした。

投稿: カラシン | 2013年4月21日 (日) 21時37分

カラシンさん、有難うございました。
大分様子が分かりました。
日本の医療制度の中に居るので、実際はどんな運用なのか、色々難しいことが有りそうです。
長期滞在の方には、良い制度とは思いますが、医療水準が、何となく心配でもあるし、イギリスのように待ち時間が凄く長かったり、政府の方針で変更もありそうだし、保険会社から横やりが入りそうな気もするし。
上手い具合に、運用発展して行けば、ある種の見本になるかも知れませんね。

よく分かりました、有難うござい居ました。

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月21日 (日) 22時56分

おはようございます
大学病院は 次5月後半ですが、今日は 例の怪我の抜糸で市内の病院13:00予約です。

安心して 通院出来る様 お互いに 楽しく頑張りましょう。

投稿: 朝太郎 | 2013年4月22日 (月) 10時10分

朝太郎さん、こんにちは
今頃は、抜糸と予後治療のために病院の待合室かな、近くの方と、お話しして、勇気づけている場面が想像されました

笑って病状を確認して、楽しく治療頑張りましょう。ホント朝太郎さんのブログ、コメントには、愉しませて貰い勇気づけられます

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月22日 (月) 13時03分

私の家の近くには、色々なクリニックが有ります、ビルが全部クリニックで埋まっている所も有ります。
都市では医者が余っている状態です。
大きな病院で腕を上げ、開業医として独立する若いお医者さんが多い様です。
ハシビロコウさんのブログには、病院の情景が浮かんできます、季節の変わり目ですから体に注意して下さい。

投稿: ヒマ トック | 2013年4月22日 (月) 20時23分

ヒマトックさん、こんばんは
ビル全部がクリニックって凄いですね
その割りには都市近郊の市立病院では、お医者さん不足、自分の田舎の町も、往診してくれるお医者さんは、絶滅状態。
昭和50年代に医学部が全国に新設されて、絶対数は足りているようですが偏在して居るようです。
病院で優しい看護師さんに接すると、早く直るような気がします

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月22日 (月) 21時50分

明日の事は誰も解らない、だから煩うだけ今瞬間がもったいないって云いますね。
過ぎ去った事も、悔やんでいると、今現在が無駄に過ぎちゃう、なんて云いますね。

悔やまず、煩わず、それが「今ここを生きる」って事なんでしょうね。
笑って過ごしたり、人を気遣ったり、それもその一環なんだと思います。
今ある幸せを感じる事、それが人生の全てなのかもしれませんね。

大切な人生を噛み締めて生きたいと思いました。

投稿: muga | 2013年4月24日 (水) 00時17分

ウドンタニだと無料診療も可能な国立病院や
社会保険が使える軍病院は病人で溢れてますが
私立総合病院へ行くとガラガラです。
私立総合病院と民間のクリニックでは
診察料が10倍近く違います。
医療も階級社会です。
国立病院はベッドも足りませんし
サービスも良いとは言えませんが
手術するなら経験豊富な国立かなと思います。
もう一つ日本と違うのは
国立病院では治療しても無駄となれば帰宅させられます。
自分の家で死ねるのです。
これは良いなあと思います。

投稿: メンカーム | 2013年4月24日 (水) 00時21分

お疲れ様です。
このところのお天気で、笑顔も出ません
定期健診は順調の様で良かったですね。
じぶんは2週間に一度通院ですが、GWもあり3週間後になりました。病院関係者ものんびり休んで欲しいです。普段は昼飯も取らずに頑張っておられます。どっかの大病院って御茶ノ水方面ですか!?
なんとなく見た風景です。
じぶんも呑気すぎるのが、玉に傷ですね

投稿: チョンプー | 2013年4月24日 (水) 09時33分

mugaさん、お早うございます
ここ一週間程、mugaさんが昔いらした新宿も含め、気温低いです、今日明日は雨のようです。
自分が考えてることを、mugaさんに要約して貰って、大変解りやすいです、有難うございます
自分にとって大きな事でも、他の沢山の人から見たら、些末な事って結構ある気がします。
今度、友人が属している「患者会」を傍聴させて貰いたいと思っています。何か又感じる事が有るでしょう。
高校生の時に(そう言えば、昔自分も高校生の頃が有ったんですね-笑)或る先生が、時効だから良いか、菊池という先生が、太平洋戦争の時、横須賀の高射砲部隊にいて、陣地毎吹っ飛ばれたり、大怪我続出の時、遠くの司令部の連中は、ちょっとかすり傷程度で、大騒ぎしていたって言ってました
その後、教訓めいた事は言っていませんが、未だに、ハッキリ覚えています

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月24日 (水) 09時33分

メンカームさん、お早うございます
タイの医療の事を教えていただいて、もう少しタイの社会が見えてきた気がします。
タイの国立病院では「延命治療」をしない、と言うのは、理由は色々あるでしょうけれど、良いことの様な気がします。
昔、人は家で家族に囲まれて最期の時を迎えられたんでしょう。小さな子供もそんな情景を、体験しながら成長しました。人生の無言の教育の1つですね。今は生は有っても、老病死が、巧妙に隠蔽されている気がします。
パキスタンの病院でちょこっと治療受けたことが有りますが、廊下に沢山患者さんがいました。遠くからやっと辿り着いて、ジッと待っていたんですね。
その点、日本は保険でまあ、かなり平等で自分はとっても感謝いています
フォレストガンプのダン中尉じゃないですが、死ぬときは死ぬもんです、多分

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月24日 (水) 09時53分

チョンプーさん、お早うございます
ご心配有難うございます、次は7月です。、但し3回有ります、一度にやって、って贅沢は言いません
どんな職業でも、その人の言っていることよりも、自分は言い方とか、立ち居振る舞いが気になる方です
少し間が空いて良かったですね、チョンプーさんの労いの気持ちって、伝わるんですよね。言語が違っても、態度って多分人類共通な所が多い気がします。
銀○とかお○所の人って、慇懃丁寧なのですけれど、「面倒くさい」オーラ全開の人が居て、ガッカリすることが有ります
病院は多摩地区の都立です、実は注意してみると、先方からもこちらからも見えます
チョンプーさんの心の持ちよう伝受して貰いたいです

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月24日 (水) 10時12分

タイでは死ぬのは自宅が最良のようです。病院では余命数日で自宅に帰されます。病院で亡くなったらどうなるのか分かりませんが、自宅以外で亡くなると遺体は自宅には入れずお寺に持って行ってしまうそうです。

投稿: カラシン | 2013年4月24日 (水) 13時54分

カラシンさん、こんばんは
そうなんですか、有難うございます。
客死すればお寺へ直行、病院ならきっと一旦ご自宅へ帰るのではと想像します。
未だ当分死ぬ気は有りませんが、死ぬときは、どんなのか希望なのかなあ、と自問する時が有ります。
「今日起きて来るのが遅いね」で死んでいるのも良いかも。

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月24日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院は・・・:

« 2貫で1皿 | トップページ | 誰もいない砂浜 »