« 病院は・・・ | トップページ | 盲腸の迷信 »

2013年4月29日 (月)

誰もいない砂浜






自分が悪くしているつもりは毛頭無いのだけれど、最近、娑婆も居心地悪いし、何か面白い事も予感できないし、退屈だし。


Photo_2




体調に例えれば、今すぐお医者さんは要らないけれど、薄い冷や汗がでて、怠くてちょっと吐き気がして、何かトイレにも行きたい・・・

何かちょっと気晴らしが欲しい、先立つものがなあ。

それでいきなり『そうだ、京都に行こう』の乗りで、『そうだ、海に行ってみよう』

低血圧の体を起こして、特段宛は無かったが、取りあえず駅へ向かう。スイカに未だ少しお金が残っているはずだ。湘南の方は人出が多そうだから、取りあえず、千葉方面を目指す。

犬も歩けば棒に当たるって、昔は大人しくしていれば良いものを、要らん事するから、災難に遭うって意味だと思っていたけれど、最近は何でもやってみれば、思わぬ幸運に巡り逢うって事も言うらしい。

時代は変わった。

「情けは人の為成らず」だって、解釈が変わりそう。ま、今でも相当数が誤解していると言うことだし。その内、親切はその人の自立を妨げるから、手助けをしてはいけません、位に成りそうで恐い。自分の事は自分でしなさいって、お母さんも言っているし、見たいな・・・

人は自ずと備わっている惻隠の情って有ると思うが、電車で在り来たりではあるが、風景がドンドン変わって行きながら、単調な音を聞いていると、心の中に色々なことが浮かんでくるなあ。旅はこれだあ。

各停でグダグダ走っていたら、海の臭いがしてきたので、以前に来たことが有る寂れた駅に下りた。その時は、駅前にお菓子屋さんが有った気がするが、駐車場に成っていた。さすがに秘境駅ではないが、見事になにもない。フラフラ歩いて海方面へ。




暫くしたら、防砂林の黒松林が有るので、そちらに行く。







Photo_8

中々海へ出られる道がない。海と並行に暫く歩いていると、右手に墓地が見えて、左手に海へ通じる道が有った。猫がこちらを振り返りながら、逃げてゆく。防風林の中の道に普通のお宅や別荘風の建物が両側に、ポツポツとある。もう何年も来ていないような別荘もある。23メートルの細い竹が密生して家を囲んでいる。


Photo_9



Photo_10







海特有の風の音、波の音、小高い砂丘の向こうに海。

砂浜に出るときに、二人のサーファーと擦れ違った。お互い軽く「こんにちは」。二人とも、外国人だった。英語喋っていたから、アメリカ人だろう。

暫く防砂堤に座っていたら、散歩の小母さんに道を聞かれた。小さな犬を抱いていた。足下は簡単な柔らかいプラスチックのサンダル。話しぶりから近くの人じゃないことが解った。時間からすると、昼食も食べていないようだった。何か嫌なことでもあって、家を飛び出し電車に乗って、こちらに来たのかも知れない。それで長い間海辺の道を歩いてきたのかも知れない。自分がさっき来た道の方へ行くらしいので、地べたに線を引いて、丁寧に教えた。自分でも何となくいつもより親切な気がした。いつも持っている海苔巻き煎餅とピーナッツの入った小袋を上げた。彼女はニッコリ笑って、丁寧に礼を言い、今度は町の方へ歩き出した。

海を見て、潮風に吹かれながら、ちょっぴり心を落ち着かせる。多くを望まなければ、たぶん自分だけの小さな幸せは有るんだよ、きっと。




Photo_6

誰もいない砂浜、でも誰かいる砂浜。





Photo_7 





|

« 病院は・・・ | トップページ | 盲腸の迷信 »

コメント

「惻隠の情」って、なんだろかと調べたら孟子でした。性善説ですね。

でも、痛みを伴わなければ生まれてこない感情のような気もします。
母親が子供を想う気持ちも、痛みがあればこそではないでしょうか。
もし、痛みも苦痛も無くポンポン子供が生まれたのなら、恐らくポンポン子供を捨てる育児放棄も増えることでしょう。そんな気がします。
だから、この思想?概念?を普及させろと孟子は推奨したのだと感じます。
ようするに、性悪説ですか?あれ?変ですね。

子供は虫でもトカゲでも平気で残酷に殺しますし、やっぱり自分自身が痛みを知ることで湧いてくる感情もあるのだと思います。

鬼女と見える者でも、自分の子供にだけは愛情を感じてる様子を目にします。鬼子母神とはよく言ったものです。

投稿: muga | 2013年4月29日 (月) 09時55分

体調以外に、何かおありだったのでしょうか?。
好きだったテレビ番組が終了してしまったとか
いつも顔を会わされていた方が引越しされたとか。

人間、ふっと気がつくときがあります。
昨日までの何も考えずに居た自分、多分幸せだったかも考えずに過ごせていた自分。
ふっと手を見る、啄木になってる場合もあります。

『そうだ、京都に行こう』現役時代やった事があります。正月を過ごそうと、5日前位に会社のパソコンで予約をり、奥さんと母親3人で行ってきました。
小暮課長の帰るコールと同じでかっこ良いのですが、今やったら懲戒ものですね。

日本にいる、子供が居ない年寄りも大変ですが、子供が居る年寄りも大変だと思います。稼いでいる芸人の親でも生活保護、ましてや子供一家が食べていくのが大変で親どころではないので、生活保護予備軍がたくさんいます。
自分の事は自分でしましょう。現在の姥捨て山です。

昔は浮浪者、路上生活者、公園生活者、ネカフェ難民、今はマクド難民、生活保護受給者。

お腹の件、私は神経質だった(過去形)のですが、克服できました。しかし腸までは、ごまかす事はできません。腸はストレスに正直に反応します。
5年程前CMを見て、そうだヨーグルトをやろうを始めました。
毎朝食後にヨーグルトを100g程食べます。軟らかい便は硬く、硬い便は軟らかくなります。10日程で効果が分かります。
試しにおやりになられたらいかがでしょうか。タイでもやっていて奥さんが切らさないように買ってきてくれます。

先週から早朝散歩を始めました。すれ違いざま、見ず知らずの方から挨拶の声をかけてもらえます。一人ではないと感激してます。

投稿: カラシン | 2013年4月29日 (月) 10時46分

mugaさん、こんばんは
フラフラ出掛けていて、もう少し早く帰る予定だったのですが、人生と同じで、そんな大袈裟じゃないか、ちょっと遅く帰りました。
人間本来性善説だと、自分は信じて居ます。ただ近年はそれに逆行するような時世かなとも思っています。一人勝ちを推奨している様で、違和感を覚えています。これからは有限な資源を分かち合って行く世界に向かっていけば良いように思います。
そう言えば、ガキンチョの時、ゾウムシやらカブトムシやらカエルやら相当苛めたなあ、深く反省して居ります(笑)
年初に入谷か雑司ヶ谷の鬼子母神に行こうと思っていましたが、1~2ヶ月程前、下総中山に行って、フラフラしていたら、そこにも鬼子母神がありました。きっと昔の人は、愛情の根源についてもっと知っていたのでしょう。

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月29日 (月) 23時22分

カラシンさん、こんばんは
特段、最近変わったことは無いと思っていますが・・・20年近く聞いていた、ラジオ番組の担当は代わりましたが・・・
好きだと思ってやっていた仕事も、詰まらない儀式が目茶苦茶多くなってきて、嫌気が差したし、最後の仕事は、仕事の内容は、難しいことは無かったのですが、その環境が人生で最低だったし、中々仕事環境と内容が揃わないですね(苦笑)
全体的にはもうちょっと緩く成った方が良い気がしますが、肝心な所がジャジャ洩れが多くて困ります。
色々な所で、生活困窮者が大量生産されている感じが有って、だからといって、街中に高級車が沢山あって、???です。
偶に通るところで、農作業している方がいます、いつもお互いに軽く挨拶しています、良いですね。山菜採りに行くと、人が少ないですから、すれ違いに話す事があります、良いことだと思っています。
ヨーグルト、時々食べますが、習慣化すれば、本当は良いんでしょうね。

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月29日 (月) 23時36分

お疲れ様です。
旅情が伝わる、小旅行ですね。
ハシビロコウさん、週末は結構旅人してますね。
じぶんも、ボートなんぞで遊び呆けていないで旅をしないといけません。
退屈の中に、楽しみ見つけるのは至難の業です。熟女の尻を追いかけてるのも楽しいですけど、どうもじぶんには哲学が無いですね。
このごろ
音楽嵌りまくりです。琴線に響く曲は、その日によって違いますけど感性が失われつつある。今日この頃、抵抗するかのようにギターの練習をしています。指先を動かすのは惚け防止にもなるのですよね。
余談ですが、
道を尋ねられた御方はタイプではなかったのですか?これからは、熟女とのお付き合いは大事です。番号は、控えましたか!余計な事を言ってすみません

投稿: チョンプー | 2013年4月30日 (火) 18時18分

自宅の直ぐ前が海、稼業も海。
毎日が海との付き合いな私ですが、砂浜はまた別の意味で気持ちが落ち着くところですよね。
砂浜から眺める海、「よーし!」 って気持ちになります(^^)
やっぱり海はいい♪
潮風を身体いっぱいに受けて、体調も戻りましたか?

投稿: MITU | 2013年4月30日 (火) 20時12分

チョンプーさん、こんばんは
有り難うございます。
スイカのちっちゃい旅1回でお話しが3つも4つも出来るいい加減旅です。
芭蕉の「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也・・・」が目標なんですが・・・
株も賭けも才覚無いようで・・お金も無いようで中々長い旅はできましぇん。
挙げ句に不器用で楽器系は、駄目です、楽器の出来る人尊敬しています。
防砂林で会った人、真面目そうな感じでした、少し元気になって戻れたら、嬉しいです。
砂浜に暫く居ると、最近は行きませんが、夜でも結構人が居ます、お互い何して居るんでしょう

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月30日 (火) 22時44分

MITUさん、こんばんは
海は良いです。
昔、海辺を歩いていて、コウイカの骨拾って、今このイカどれ位の大きさになったんだろう、と思っていた事が有ります。
又、イルカの舌が抜け落ちたと思っていたこともあります
潮風を吸って少し元気になりました、有り難うござい居ます。
「荒海や佐渡によこたふ天河」芭蕉、良い句ですね、そんな所にお住みですね。

投稿: ハシビロコウ | 2013年4月30日 (火) 22時55分

何か風景が浮かんで来るような文ですね。
ハシビロコウさんのブログを読むと素敵な言葉が連なっていると思います。
私も海が好きで外国で過していた頃は、海を見るだけで満足でした、遠くの船を見ながらゆっくりと移動して行く船、ぼっとしているだけで幸福を感じました。
まだ広島に帰って、海に行った事が有りません、暖かくなったから俺も行って見よう。

投稿: ヒマ トック | 2013年5月 1日 (水) 16時52分

ヒマトックさん、こんばんは
お褒めに与って有り難うございます
パタヤ、バンセーン、チャアム、プーケット、パンガー(今、朝太郎さんがいらして居ますね)も良いですね。
瀬戸内海のような多島海、沢山船が走る海も好きです。
ボンヤリ、景色を眺めているのが、心落ち着いて良いですね

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月 1日 (水) 20時28分

私も元気が出ない時は、砂浜へ釣りに通って充電しました。
歩いてポイントを探しては、広い海を見つめてルアーを投げて巻くの繰り返しでしたが、
帰る時は心が元気になっているのが実感できました。
帰宅して釣ったヒラメで一杯やると、更に。

投稿: メンカーム | 2013年5月 3日 (金) 17時28分

メンカームさん、こんにちは
海でルアー釣りしていたんですか・・
自分の田舎の海は、魚が沢山居て、砂浜や港で沢山釣れましたが・・
でも今度、千葉の海でも釣りをしてみよう、と思います。サーファーが釣れそうなので気をつけて
やってみると、想像より良いことが結構有りますよね

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月 3日 (金) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰もいない砂浜:

« 病院は・・・ | トップページ | 盲腸の迷信 »