« 盲腸の迷信 | トップページ | カントリーヘッジ »

2013年5月13日 (月)

鏡の中の自分


いつもニコニコ顔では無いけれど、親の敵に会ったような顔で街中を歩かないように気をつけている。

いつもの公園を散歩していると、ウォーキングの人が前方から近づいてくることが有る。楽しそうな感じで歩いて居る人は少ない。その顔をその人に見せてやりたい、と思うことがある。般若の形相である。

秋田に『なまはげ』って面が有るが、その形相である。人を驚かすものだ。

よく聞く話に:遠くから近づいて来る人がある、自分によく似ているが、少し太っていて、姿勢が悪く年寄り臭い、ああ言う風には成りたくないものだ、と思ったら、ビルのカラス壁に映った自分だった。

心の中の自分は、太っていなくて姿勢がよく、細面で、髪がフサフサで、実際より10才以上若く見えて、溌剌としている。苦み走った良い男で有る、と言うのは幻想で、

鏡の中の自分は、小柄でズングリしていてガニ股で、顔は赤ら顔でテカテカしていて、髪も薄く実際より5才以上も老けて見えて全体的に崩れてダラーとしている、そんなものだ。

それでも尚、認めがたく、本来の自分がその中にちゃんと埋まっている。仏師が何の変哲もない木の中に、慈悲深い仏性を観て、それを掘り出す様に、見る人が見ればと負け惜しみ。

と言いながら、老紳士が、すこし縮んじゃったものだから、何となく背広が少し緩く、全体的にシャキッとしていなくてもそれなりに着こなされていて、寒くて鼻の下に薄く鼻水が滲んで光っているのは悪くない、と思っている。

自分は成れそうもない。

若いねえ、等という言葉に惑わされてはならない。あれは足下を掬う世辞で陰謀だ。でも気落ちする事はない。大抵は似たり寄ったりで、オジサンでそんな恰好いい奴は滅多にいない、心配するな。

昔と違って、隠居してから長い。終生現役とか言って、後進に迷惑をかけては成らない。その長い時間を、友達や近所の連中、居れば家族や連れ合いと共に過ごして、ささやかでは有るけれども、仮初めじゃない、本来の自分と共に生きた方がよい。

心の美貌を獲得するのは、体や容貌の若さを保つのと違い大した金は掛からん。

|

« 盲腸の迷信 | トップページ | カントリーヘッジ »

コメント

常に容姿ばかりを気にする人は
ビルの鏡に映った 心の自分には気付かないでしょうね(^^)

たしかに「若いねぇ~」は、捉え方次第で
善にも悪にもなりますし 惑わせる言葉の代表で、相手によりけりですが「陰謀」なのかもしれません(笑)

投稿: MITU | 2013年5月13日 (月) 10時03分

MITUさん、こんにちは

連れて歩くなら美人で、結婚するなら金持で、一緒に住むなら優しい人・・・大抵は思い通りに行きませんけれど
そんな者はお互い様
自分だって同じ様なもので、もしもて始めたら、財布のガードを堅くして(笑)
見てくれも大切だろうけれど、限度ってものが有るだろうから、適当なところで・・・

前に気に入って頂いた風景にMITUさんのお名前使わせて頂きましたので、宜しくご寛恕お願い致します、→ http://blogs.yahoo.co.jp/mononobe_tatsuhiko/40014321.html

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月13日 (月) 13時51分

「仮初めじゃない、本来の自分]
「心の美貌」 
良い言葉ですね。人生突き詰めると、この言葉に到達するんじゃないですかね。

といっても、仮初め街道を驀進してるような、外面だけを追求してる輩に対して、そう言ったところで無駄ですけどね。
人生の価値基準が「他人の目」に有りますから、どうしても自分固有の基準が確率できないようです。
いつも他人と比べちゃ、自分の足りない感に苛まれてる。または、ちょっと先行く隣人に勝つことばかりに邁進する人生となりがちです。
(最近のタイ人は、この方向性に絡め捕られてるようです)

ここのコメンテーターさんは、その辺り、当然あたりまえの境地でしょうから、私も安心して投稿させていただけます。
ハシビロコウさんのお人柄ですね。

投稿: muga | 2013年5月13日 (月) 15時20分

mugaさん、こんにちは
お褒めに預かり光栄ですが、ちょっと誉めすぎで・・
自戒を込めて、と言うより、自分に向かって言っているつもりなんです
最近他の人が健康で立派に見え、幸せそうで、振り返って自分は、将来の展望もなくグダグダ・・
他の方もそれぞれ、自分より重い悩み持っている人って多いのでしょうが、隣の芝生が青くて
最近一流っぽい経済人の発言が、安っぽくてガッカリすることが多いですが、ドウしちゃったんでしょうかね。人は使い捨てじゃないって解らないんでしょうかね

ここに訪問して頂いている方には、本当に色々教えていただいて感謝しています
mugaさんには、自分とは、違う存在感を感じております
その内新宿時代のお話し少しでも、教えて貰えないかなあ、と思っています
有り難うございました

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月13日 (月) 16時33分

昔、街中を歩いているのを娘が見ていて
声掛けなかったけど、怖い顔をしていたと。

朝の散歩を始めて2週間程たちます。
皆さん黙々と歩いたり走ったりされてます。
その中で自転車に乗った50歳位の方が
サワディー・カップと声を掛けてくれ
暫くしたら、イープンと問いかけてきたので
カップと答えたら、翌日からグッドモーニングに
なりました。ある意味、声を掛けるのにも勇気がいるし、
ましてや外人に、すごい人だなと思ってしまいました。

40歳代の中頃の健康診断で身長を測ったら
昨年より2Cm低くなってました。猫背が
進んでしまったようです。自分では背筋を
ピンと伸ばしているつもりですが、実際は
僅かに前傾しているみたいです。
前回のパスポートの写真、若く明るく撮れてました。
今回の写真、暗く年寄りで疲れ顔、エッこれ自分の顔と
一瞬疑ってしまいました。

今の日本人、多分豊かなのに幸福を感じない。
年金の加入記録を見る。あの頃君は若かった。
毎年、標準報酬月額が1割、2割上がっている頃が
ある。多分この時期、日本人は幸福を感じていたのかも
しれない。
食べる為に働くではなく、働く為に食べるの時代もありました。

我々は幸福になるためにより、幸福だと人に思わせるために、四苦八苦しているのである(ラ・ロシュフーコー)
こんな事にならないように、気をつけましょう。
勝手に徒然と書いてしまいました。すみません。

投稿: カラシン | 2013年5月14日 (火) 10時34分

カラシンさん、こんにちは。
時間を掛けていただいたコメント大変、有り難うございます

娘さんも声を掛けそびれた、でも言って貰って良かったですね。人と話をしていても、明るい顔だと、ついこちらも乗ってお話しする事が多いです。タイ人も、一般的にはそうですが、子供の時から、練習訓練している人も居て・・本心と乖離している事も有ったりして、でも笑顔の方が良い

同じ時間に散歩していると、挨拶が出来るように成る事が有りますね。距離感が大切だと思いますが、お互い心地よい距離だと、ちょっと住みやすく成る気がします

自分も写真で愕然とした事が有ります。相手がいないと笑顔に出来ませんが、気をつけているのですが、この記事も自戒を込めて

若いだけで幸せだったのに、その頃は自覚なく、時は過ぎちゃって、若い人に、ついでに年配の方にも、夢と希望を・・
年配の人には、尊敬を持って接したい、社会も、もっと年配の人を必要とし、敬意を払った方が良いと思っているのですが、若いときは、余程の機会がないと、解りづらいかも
最近は邪魔者扱い見たいに成っていて、社会が崩壊しているような不安を感じています
まあボチボチ、行きましょう

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月14日 (火) 14時20分

私も昔ピサヌロークの寺院で、黙って写真を撮って帰りに売る付ける商売の人間がいます。
その写真を見て唖然としました。
若いと思っていた頭が、前の方が薄く成って透けて見えるでは無いですか、買いたく無かったが友達と一緒でしたから、買いましたがタイの家に今も飾ってあります。
それから帽子を被って歩いています。

投稿: ヒマ トック | 2013年5月14日 (火) 16時25分

ヒマトックさん、こんにちは
唖然としちゃいましたか、それはそれはお気の毒でした。
ずっと若いと思っていたら、まあまあそれなりに、残念だけれど、仕方も無し・・・
でもそれを飾って有るって、立派ですやはり、比較相対で若々しいのでしょう。
偶に帽子を脱いで挨拶したら、想像と全然違っていることが有って、何と言えば良いのか・・言葉を無くして、何も言えないことが多いですが、お相手が気にしていない素振りでも、言わないに越したことは無いですね

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月14日 (火) 18時08分

今晩は
じぶんも、病気して4回目の夏を迎えようとしていますが。。。
街散歩してると、いやでも商店やビルのガラスに、己の姿を見て愕然としたこと一度や二度ではないです。
髪は薄くなり
老眼が進み、乱視もある
歯はボロボロ
肺は30%以上肺胞が潰れています。現在もゆっくり進行中
肝脂肪
じぬし
脚関節は痛い
手の関節も
足の関節も
痛風の一歩手前
体重は発病から18K増
肉体は、ボロボロです。精神疲労も限界かな。
おまけにボンビーだなあ( ^ω^ )
って
良いとこないけど、ちょっと爺可愛いなって思ってます。たま~に熟女に誉められるのが生き甲斐です。見栄を張っても疲れるだけです。
素直が一番ですよ、好きは好き、嫌いは嫌い。
あれ
語り過ぎですね( ^ω^ )すみません

投稿: チョンプー | 2013年5月15日 (水) 20時54分

チョンプーさん、こんばんは
今日は風が強かったみたいですが、島の方は緊急避難のお散歩いらっしゃいました?
ご病気、大変で又多くて、時々自分でも一部忘れそうですね。
友達の病気のデパート爺も時々、こちらからも聞きますが、余り有りすぎて・・・お腹なんか縦横斜めに切り目が付いています。
それで、今度釣りに行こうねって、ニッコリ笑って言います。ああリールが1個欲しいとか、言ったりします。
半分冗談ですけれど、電話してから行きます。そうしないと・・・の恐れ有り。
誉めてくれる熟女が周りにいらして、良いですね。
食べる愉しみ削らないで少しずつ、身軽になると関節は喜びますが。
自分は修行が足らず、凸凹するばかりですが、もう少し、素直になって、現状を受け入れて、何て思っています
ご丁寧なコメント有り難うございました

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月15日 (水) 22時37分

洗面所の鏡と毎日睨めっこしますが、
白髪や細かいしわが増えて
この数ヶ月で急に老いたような気がします。
そんな顔を見てもっと暗くなってしまいます。
そんな私でも3匹いる犬の散歩で家の前の道を歩いてますと
サワディーと声を掛けて通ってくださる人が居ます。
心に元気を貰います。

投稿: メンカーム | 2013年5月18日 (土) 23時46分

メンカームさん、こんにちは
自分のPCの横に、サミエル・ウルマンの「青春」岡田義夫翻訳の詩を貼っております。
その通りだと思いながらも、ついつい、自分の考える現実に流されて、志を忘れがちになります。
でも、この間、ラジオで或る先生が言っていましたが、簡単に言えば、明るく挨拶すれば、お互い明るくなり、お互い元気なる、と言うお話しでした。お金は使えば無くなるが、元気は使えば使うほど、増えるって・・
ニッコリ笑って、サワディーで行きましょう

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月19日 (日) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鏡の中の自分:

« 盲腸の迷信 | トップページ | カントリーヘッジ »