« 鏡の中の自分 | トップページ | 長生き »

2013年5月21日 (火)

カントリーヘッジ


近くに緑地が有る。感じとしては大きなお屋敷の跡の様だ。梅、柑橘系、ロウバイ、孟宗竹その他の木が配されていて、池の跡もある。500坪ぐらいだろう。税金を物納したか、寄付したか、そんな感じだと思う。

近くを通れば中に入って、四季を感じ通り抜けていた。その中に百葉箱ほどの大きさで高床式の小さな小屋が有り、床の上に細竹が切りそろえられてビッシリ積まれている物が有った。最初の内は見当も付かなかったが、何年かする内に、ファーブル昆虫記を思い出して、昆虫用かなと思うようになった。







Dscn1728



最近は名前も解った、則ちカントリーヘッジ。

本来カントリーヘッジというのは、里山や自然公園にあるその場の材料で作った土留めというか、垣根というか、通路とのり面との境界用に作った工作物らしいことも解った。それが昆虫の越冬用の場所になり、結果繁殖の場所にも成るので、そう言う物もカントリーヘッジと言うらしい。確かに日本語にし難い感じだけれども、昔から現物は有ったわけだから、山柵とでも約しておけば良かった気がする。






2





昔の人は、山の保全にその場に有るものを利用して作ったのだろうけれど、結果として森や地形、生態系も保全しながら、最期は自然に帰ると言うことになったのだろうと思う。

翻って昆虫用のカントリーヘッジに当たる人間社会版は何かとフッと思った。

何々?うーん、何だろう。思い当たらない。

昔は、ドヤ街に行けば、安価で泊まれて、仕事が直ぐにあったらしいが、今はそんな事もない。大体ドヤ街が無い。何処へ行けば良いんだ?

色々窮したら何処へ行けば良いんだ?お寺も助けてくれそうも無いし・・・・

セイフティネットと言う言葉はあるが、概念が有るだけで、何処へ行けば良いかは解らない。

タイだと、大きめのお寺に行けば、助けてくれそうだ。慈悲無量の(自費無料?)仏様の意志を具現するところ。



|

« 鏡の中の自分 | トップページ | 長生き »

コメント

ほんと
困窮したらどうするのかなあ。
ドヤ街は、高齢者と生活保護の街に変貌して
近年では、安宿がボンビー外国人のゲストハウスだそうです。
社会が成熟して、ドヤ街の日払い労働者が不必要になったのではなく、むしろ逆ですよね。末端の生活は、巧妙に管理されるような世の中の仕組みだけは成熟しました、、、
タイなら、お寺あります!
どこに行こうか、途方にくれます。
銀行強盗する根性もないし、女の紐になる甲斐性もないし、無いものはいっぱいありますけど、なんの足しにもなりません
ぼやいてるだけで日が暮れます┐(´-`)┌

投稿: チョンプー | 2013年5月21日 (火) 07時35分

カントリーヘッジ、初めて知り、勉強になりました。

人間社会のセイフティーネットは役所の生活支援・援護課が窓口です。自治体によっては寮も完備していて宿泊でき、生活保護費も申請し、受給できます。しかし、自民政権の再登場で生活保護費の抑制策の一環として、自立を促すための生活保護関連の法律改正が通りそうです。これが通ると、申請させない、申請を受け取らないとの方策をとられ、セイフティーネットが有名無実になってしまうと危惧する方もおられます。今、受給されてる方は既得権益でいいのですが、これから申請を考えられてる方には、ハードルが高くなりそうです。最終手段として、塀の中という手もあります。
こんな話、つまらないし、芸も無いですね。

本当に日本って裕福なのでしょうか。親子関係、親族関係、向こう三軒両隣の助け合いの気持ち、日本人の美徳とされた心、どこで置き忘れて来てしまったのでしょうか。
戻す、戻せる人も居ないようですし、このまま、もっとこの様な状況が進んで行くのでしょうか。
暗い話で、申し訳ありません。

投稿: カラシン | 2013年5月21日 (火) 11時38分

国がなんでも助けるから民間レベルの助け合い精神が廃れた、という指摘もありますね。
そう言う意味では、タイでは国が助けてくれませんから助け合い精神が残ってるんでしょうかね。

高校生の時に自費出版でマンガを出したくて、「立ちんぼ」で土掘りしたことを想い出しました。
印刷のミニマムロットが500冊。
約5万円稼ぐのに、真夏の炎天下にツルハシ持って、え~ンやこら(汗)
当時、工場近くには流れ者の労働者が溢れ返ってましたが、飲んだくれのオッサンたちは手際のいい怠け者。
高校生の私たちには速攻で声が掛り、仕事に溢れることはありませんでしたとさ。
チェンマイのカムティエン近くに山岳民族たちの「立ちんぼ」があったので、懐かしくなりました。

投稿: muga | 2013年5月21日 (火) 12時10分

一瞬、表題見たとき 『カートリッジ』かと 思いました。

勉強になりました、それに 大都市近郊にも そんな素晴らしい場所があるのですね。 

投稿: 朝太郎 | 2013年5月21日 (火) 12時20分

チョンプーさん、こんにちは
今日は気温が上がっているようですが、未だ曇っていますね。
ちょっと外出して、何気で長引きました
昔、出て来た頃、山谷方面何回か探見に行きました、何かとっても活気があった。台東区と荒川区の境。
友達の病気のデパート爺も出て来た頃、そんな街に住んでいたって、言ってました。
今日電話したら、患者さんの会に参加する予定、と言ってました、この前、お邪魔虫で参加させて貰いましたが、その時は皮膚科の先生の講演が有りました
バンコクの昔の港のそばにもクロントイだったか、田舎から出て来た人が一杯住んで居る地域に何回か行った事が有ります。ちょっと雑然としていましたが、活気有りました
今、日本は一人勝ちの世界から脱皮しようとしているようには見えませんが、社会は病んでいるので、しっかり見て対処して行く人が出てくると良いのですが・・・
昔読んだ本に、くそ爺連合が、デモ遣って国会を取り巻いて、夜陰にまみれて、「大」をそこら中にやらかして、夜陰にまみれて逃げるって言うのを、連日やれば良い、って書いてありました

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月21日 (火) 15時12分

そう言えば小さい頃には、書かれていた様な
御屋敷が有りましたが、今では町では見る事が有りません。
親戚の家で大きな松と石灯籠が有りましたが、一人息子が東京に出て行き、住む人も無くなり今は人手に渡り、今はどの様な姿の家になったか知る由も有りません。
そこの祖母の姉に当るお婆さんに、可愛がって貰ったのを思い出します。

投稿: ヒマ トック | 2013年5月21日 (火) 15時36分

カラシンさん、こんにちは
当地は本日28℃らしいです。貴地に比べたら居心地良いでしょうが
どんな良い決まりも、例えば生活保護とか、必ず5%程度は不正受給だったり、受給していない人より、ずっと高額だったりして不満は有ると思いますが、95%は、それで困難を乗り越えて行くのじゃ無かろうかというのが、主旨でしょう。
小さい事を論って、本旨を見失うことが、無いようにしたいものです。
給食費を払えない人が居て、その隣にスマホを持っている人が居て、それが同じ小学校、権利は平等だけれど、裕福って感じはしないですね、独身女性の貧困率もとっても高いと言うし。
ホント、何か暗い話ですね

当市はゴミ問題で、結構近隣じゃ有名な(悪名高い?)市なのですが、長い間、市民から支持されていた党が、前回の市議選で全滅しました。1人でも反対したらの原理主義だった様なんです。民主主義ですから、宜しいのですが、まともな結論が見えているにも拘わらず辿り着くには、時間が、掛かり、切り捨てられる人が出ちゃって・・・
人の痛みを解らない人が、増えている気がします

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月21日 (火) 16時30分

mugaさん、こんにちは
他人に無関心な人、多いですよね~。スーパーで、後ろからカート結構ぶつけられますから、見えていない?人と思っていない?最近慣れました
マンガの自費出版、如何でした?何か、色々才能有るようですね
友達で長い間、立ちんぼしていた人居ますが、骨は首にならない程度に、働くって言ってました。
手際の良い酔っぱらいの怠け者のオッサン達、今、何しているのでしょうね
mugaさんなら、ご存知かも知れませんが、新大久保駅の近くの「戸山公園」には毎日立ちんぼがいて、山手線から見ていました。当時会社の人が、そこを歩いていて声を掛けられたって言ってました。
人間それ程食べられないし、着られないし、寝るにはは3尺6尺有ればいいのに、何で独占したがるんでしょうね、イワンの馬鹿

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月21日 (火) 17時01分

朝太郎さん、こんにちは
東京近辺は割りと緑多いと思いますが、山林は、残念ながらかなり荒れて仕舞いました。
奥多摩は江戸時代ずっと、炭焼きをしていて、しっかり保全されて居たのに、S30年以降、炭も薪も使わなくなって、逆に荒れて仕舞った様です。
地味に豊に成れば良いと思っております

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月21日 (火) 17時07分

ヒマトックさん、こんにちは
市内の街道筋は、自分が住み始めた頃は、二階建てで、1階が店舗2階が住居というのが多かったのですが、マンションだらけです。
大きなお屋敷もとっても減っています。駐車場やアパート、マンションになっています。
路地に廻ると、空き家や空き地も多いです。
仕方が無いことでしょうが、コミュニティは、ドンドン崩壊しています。
何か、ちょっと方向が違う気がしますが・・

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月21日 (火) 17時16分

再訪失礼します。
山手線から戸山公園が見えましたっけ?
23区内で一番高い山、とか言う話ですよね。
へ~~、あそこは立ちんぼのメッカでしたか。
私が居たころは、すでに廃れた後のようです。
戸山公園の脇にあるデッカくてボロい公団、今もありますか?
あそこには友人の彼女(ジュンコ)の自宅がありまして、何度か行ったことがあります。
お父さんは歌舞伎町裏の新大久保近辺で飲み屋をやってました。会津出身なんで「磐梯」という店です。「ムガ君は九州か、では敵だな」と言ってくれました(笑)
友人は結婚しまして、数年後には福岡に彼女と娘を連れて行きました。その時の赤ちゃんは、今では21歳のお年頃。新大久保のジュンコ、よく田舎で我慢しました。アッパレ!
くだらない想い出話でした。
(漫画は売れなくて在庫の山でした(汗)

投稿: muga | 2013年5月22日 (水) 03時44分

ムガさん、お早うございます。
本当の「戸山公園」山手線の内側ですよね。
名前適当に使ってしまいました、失礼しました。
実際の名称は「西戸山野球場」かも知れません。高田馬場から新大久保の間で、山手線の外側の、道路沿いにある公園で、電車から見える奴です。
何か職安の(?)出張所見たいのが有って、多分今でも立ちんぼが居ると思います、最近側に行ったこと有りませんが・・・
団地は、多分あると思いますが、更新されていると思います。近くに新しい凄い倍率の団地も20年ぐらい前だったか出来ましたから。
新大久保当たりには、思い出の地だったんですね。
自分はそこにある事務所に暫く働いていました。
マンガは残念でしたね。どんな系統のお話しだったのでしょうかね。

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月22日 (水) 08時05分

話ついでに、もう一番!胸借ります。
大久保と聞いて、強烈な記憶がよみがえりました。
その大久保のジュンコですが、同じ福岡から上京してきた友人の彼女だったんですが、グループ交際的に彼女関係との交流があったんですね。だいたいは飲んで騒いでみたいな感じで、酒の飲めない純朴な私にはそれが苦手でした。
ジュンコは、そんな奥手で苦手なバカ朴な私に興味を持ったようで、飲んだくれちゃ私にペッタリくっついて眠ってました。
好かれてるのは分かってたんですが、こちとら恋愛素人にして、収入の不安定なフリーターくずれ。しかも友人の彼女と来ちゃーどうすることもできません。
次第に遠ざかる私に対して、ある時彼女はこう言い放ちました。「ムガしゃん、そんなことではいつか悪い女に騙されちゃうぞ!」
今思えば、彼女は私の性格を見抜いていたのですね
(>ω<)ゞ
さてマンガですが、SF戦争モノでした。
といっても私が原作じゃないんですね。
友人が考えたストーリーを絵にする役です。
友人は絵が描けないので、絵の描ける私に猛烈なプレゼンアタックを展開しました。
でも、費用は折半。つまり利用されたわけです。
人を利用したり、疑ったり出来ない、只々真面目なだけが取り柄の青少年時代でした。

またしても振り返ることが出来ました。
まったくお世話になります。

投稿: ムガ | 2013年5月22日 (水) 18時43分

ムガさん、こんばんは
大歓迎です、気が向いたときは、何時でもいらして下さい、お話しも出来るし嬉しいです
友達の彼女を大事に丁寧に処したことは、大変宜しいことだと、思います。野生の弱肉強食の世界ではありません、人の世です
昔、鎌倉を舞台にした「俺たちの旅」とか田舎でテレビを見ている時に憧れていましたが、そんなことは全然起きませんでした。でも未だに鎌倉は好きです、近いし。
自分は田舎から出て来て、余り青春っぽいことは、有りませんでしたが、ムガさんの1/3ぐらいの真面目さで、ボンヤリやっていた気がします。
SF作家の人、今何しているでしょうかね・・
最近思っていますが、不器用でも真面目な人が、好きです。友人で自分よりはかなり年配でしたが、そんな人数年前に、亡くなりました。ハチャメチャな人も、自分に関係なく見ている分には面白いですが

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月22日 (水) 20時56分

雑談ついでにもう一度。
「俺たちの旅」ですか、大学時代の友人がそれにカブれてまして、長髪に髭ぼうぼう、ゲタで4年間過ごしました。冬はナゼかウエスタンブーツ? 変で楽しいやつでした
思うのですが、恋愛って動物的じゃないですかね?グループで、ゴチャゴチャとくっついたり離れたり、そのうち一番シックリくる人が現れると。「こいつに決めた!」ってな感じで。
それが忘れられない人なんかは、歳とっても不倫なんかで動物ごっこ。
考えれば、大久保のジュンコは私に乗り換えようとしてたのかも? 真面目でコントロールも容易そう?でもわたシャ酒飲み女が大嫌いでした。そんで酒を飲まない女と結婚したんですが、ハズレですかね(ρ_;)。 

鎌倉ですか。東京時代は何度か行きました。
北鎌倉は小津安二郎が愛した場所でしたっけ。
その北から山に入って、昔のエライ坊さんが籠ったとかいう祠を超えて、ポコッと鶴岡八幡宮に出てくる山越えルートがありました。途中景観のいい見晴らし台もありましたよ、ご存知ですか?もう変わっちゃっただろうな。
江ノ電に乗って、寺参り。
すごく嫌いな花が咲き乱れるお寺がありました。懐かしいです
SF作家希望の彼ですが、その後東京で映画を作るとかいって学生を躍らせてました。
都落ちしてからは、保険のセースルマンに。
イエスの何とか教会というカルトっぽいところへ改宗。その後は知りません。
いいヤツだったんですけどね。カルト脳じゃ救えませんわ
長々と失礼しました。

投稿: ムガ | 2013年5月23日 (木) 01時58分

訂正:嫌いな花 → 綺麗な花

まったく、正反対でした。(≧∇≦)

投稿: ムガ | 2013年5月23日 (木) 02時01分

ムガさん、お早うございます
鎌倉良いですね。北鎌倉から入ることもあるし、江ノ島方面流してから入ることもあります。
アジサイやボタンが綺麗なお寺もあるし、北鎌倉の何処だったか忘れましたが、ヒイラギモクセイの素晴らしい香がして、当時、知らなかったものですから、暫くして、探し当て、結構感動しました。モクセイですから、花は地味で小さいのですが、その香りは圧倒的でした。
別に擬人的に考える訳では有りませんが、人間も、見てくれ、心、日頃の行動、等勘案すれば、何に重きを置くかって、重要な事ですね。
その内、鎌倉の古地図を入手して、兵どもが夢の後を見ながら、歩くのも良いかなあと思っています。
山越えルートには、良い道が多いですね。
藻掻いている人が、カルトに入り易い気がしますが、早すぎる人が多い気もしています。
昔の同僚が、有名なある種の無限連鎖講を推薦してきたときには、こんな堅実な人がって、思いました。言を左右して、無料のサンプルは受け取りませんでした、もう何十年も前のことですが、今何しているかなあ~~
今日は気が向いたら、近くに桑の実拾いか、秘密の場所の青梅の実もぎでも行こうかなあ、と思っています

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月23日 (木) 09時31分

大阪がホームレス有名ですが
本当に阪急デパートの処にも一杯居ますが
大阪城公園今は知らないが?ブルーシートで無く 合板で綺麗に作ってますよ こんな腕有るなら仕事出来るでしょう
釜ヶ崎 タクシーで通る時 左側通らず 中央を通て帰ってたやはり お客要らないから気持ち悪い 自転車危ない近くに飛田新地有るのです 通天閣も有るのです
大阪はよく地理知ってます 

投稿: カメザコ | 2013年5月25日 (土) 10時35分

カメザコさん、こんにちは
大阪は、10回ぐらい行った事が有りますが、住んだ事がないので、今一全体像が飲み込めません
東京で「自由人」が、減っているとは思えませんが、昔、新宿から、都庁までの間に、ダンボボールハウスが沢山あり、西口公園にも沢山住んで居ましたが、動く歩道を設置したりして、居る場所が無くなり、どっかに移動しました。
無駄な道路作ったり、使わない体育館作るより、ワークシェアリングをして、職業訓練をして、安価な住宅を供給して、みんなが、貧乏でも生きて行ける方向に向かえば良いなあと思っています

投稿: ハシビロコウ | 2013年5月25日 (土) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カントリーヘッジ:

« 鏡の中の自分 | トップページ | 長生き »