« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土)

は~~歯


自分の歯は、世間並みである。年相応でもある。歯並みも普通である。因って最近は結構歯医者さんに行く。保険が有って、ああ良かったと思う瞬間でもある。

人は一生涯に乳歯20本+永久歯28本+大臼歯4本で、最大で持ち分が52本有る。それが全部若しくは一部抜けた人は、追加で人口歯を入れることが出来る、動物はこうは行かない。お金持ちなら、インプラントという優れものもある。

将来は自前の歯の持ち分を使い切ってからでもiPS細胞で歯が生えるようになるかも知れない。それまで自分は生きていられる気はしないけれども。

最近は交流が無いが、自分の知人に二人、当時50歳ぐらいで、自分の歯が一本も無いという人が居た。全部入れ歯、取り外し可能、どんな経緯で全滅したかは不明だが、普通に生きていた。本来有るべき自分の歯が1本もないのに、自分より健康そうに見えたし、1人は自分とは比べものに成らないお金持ちだった、あえて言えば、能天気に見えた。

ライオンは歯が1本も無ければ、サメも歯が1本もなければ~~とっても生きて居られるとは思えない、まあ人間とは違うけれど。

ちょっと調べたら大抵の哺乳類は二生歯性と言うらしいが、一度だけ生え代わる、ネズミやイルカは生え代わらないそうだ、何でか不明。爬虫類は多生歯性と言って、何度でも生え代わるそうだ。人間は爬虫類から進化した訳じゃないが、遠い祖先の1つのはずだが~~。歯に関して言えば、何かを手に入れて、何回も生えると言うことは失ったらしい。

代表的な哺乳類の歯の数、ネズミ16本、象26本、猫30本、人間、猿、牛、山羊32本、犬42本、豚44本。深い意味は有るかも知れないが、自分には、なんの脈絡もない気がする。

何かを得ると、何かを失う。失った物の方が大きい場合も多い。簡単に大きさを比べられない物も多い。価値の基準は人それぞれだし~~。ハッキリ目に見えない物の価値は最近下がりつつあるように思う。金と名誉、ハテサテ~~、失ったら回復しにくいのはどっちでしょうね。

最近、自分の詰まらん思い込みを吹聴して歩いて、名誉を失うばかりか、顰蹙を買っている御仁も多い、民主主義だし表現の自由も有りだから~~、でもまあ、この場合、沈黙は金の気がする。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

故郷の食べ物~~ハタハタ鮨の食べ方

 




 ここ数年、田舎から年末に食べ物が送られてくるときに、ハタハタのなれ鮨(飯鮨)の真空パックが入っている。何十年ぶりかで食べている。作り方も上手なのだろうけれど、とても美味しい。魚と酢とご飯の匂い、発酵臭は余りない。そのまま食べて良いが、昔ほど塩が強くないのでワサビ醤油で食べると良い。酒の肴に良く合う。骨ごと食べるのだが、骨の硬さが全く気にならない。漬けてから
1ヶ月ほどで味が出るらしい。昔は今より早くハタハタが獲れたらしく、多分今より早く寒くなった?それを漬ければ、年末、正月にハレの食べ物で味わえたらしいが、今はそれより遅くなった。年末に漬けることが多いそうだ。保存方法も進歩して、春になっても、それなりの味のハタハタ鮨が味わえる。多分食べ忘れたものが、12年たって、ドロドロになりその上澄みがしょっつる(魚醤)になったのだろう、それを漉して、瓶詰めすれば、流通も保存も簡単だ。



 秋田のアンテナショップで売っているかどうか未だ確認していないが、有りそうな気がする。ジュンサイとかトンブリはそれなりに、何処でも買えるが、ハタハタのなれ鮨は、今のところ田舎以外では見たことがない。季節食品で良いから、何とかスーパーで売り出して欲しいものだと思っている。そうすれば、ハタハタのなれ鮨を初め、秋田料理で友達を自宅でもてなすことができる。


Photo_12




 秋田の酒、辛口甘口、キクの花の三杯酢、ジュンサイの酢の物、トンブリを添えたヤマノイモ、燻りガッコ、ハタハタのなれ鮨、比内地鶏のキリタンポ鍋、食後は秋田諸越で檜山茶、これで決まり。






Photo_3
食べ物に困って菊の花、毟って食べています




Photo_4 食べ物に困って、水草の新芽も食べています



Photo_5 飢饉の時に、仕方なしにこんなものまで食べたら、結構行けるって、田舎じゃキャビアの事を、海のトンブリって言ってます


Photo_6 トンブリの親のなれの果て、キャビアだったらチョウザメ



Photo_7 干しダイコン取り込んだ小屋が火事になって、燻されて、勿体ないから、タクアンにしたら、美味しい燻りガッコになりましたとさ



Photo_8 マタギの料理だったきりたんぽの、鍋型




Photo_9 甘味噌を塗って焼くきりたんぽの簡易型




Photo_10 秋田諸越、落雁の一種で、昔、殿様が転封して来たとき、献上したら「諸々の菓子を越えて風味良し」と言って喜んだらしい。好き嫌いが別れると思うが、自分は緑茶と一緒に食べるのが、好きです。



Photo_11 今は温暖化でもっと北にも商業的なお茶畑が有るかも




子供の頃は、それ程好きな食べ物ではなかった。特有な匂いも子供の頃は好きに成れなかったし、塩辛と同類で大人の食べ物だった。自分は今、好きになっている。そう言う年になった、と言うより、ボヤボヤしていても年だけは取る。




| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

小野に鉄棒








 犬棒カルタってご存知でしょう、犬吠埼から生まれたカルタsign02sign02

イロハがるたに幾つか有るそうですが、江戸、上方、尾張の江戸分ですね。

い:犬も歩けば棒に当たる

ろ:論より証拠

は:花より団子・・・・

京:京の夢大阪の夢

それぞれに多少異同は有るようです。

自分の勝手な想像では、寺子屋で、文字を教える時、お手本にしたのでしょう。短くて覚えやすいし、ちょっと教訓的で、当時の風潮にも合いそうだし。

我が故郷ではこの犬棒カルタの『お』の項目が「小野に鉄棒」です。本当です。疑っているでしょう。秋田カルタって言います、ほ、ほ、本当ですsign03sign03

江戸カルタは、「鬼に金棒」

上方カルタは、「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」

尾張カルタは、「陰陽師身の上知らず」

この小野は、小野喬です。



O_5



オリンピックで


O_6






金メダル5
個を含め、全部で13個のメダルを獲得しました。

O_2








未だに日本人最多記録です。もう何十年前の記録ですが、暫くやぶられないでしょう。


O_4



小野喬は、郷土の誉れsign01



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

パンドラーの箱~~我が郷里、秋田

Dscn2026




 厚生労働省がまとめた2012年の人口動態統計(概況)で、我が愛する郷里、秋田県の事が出ていたのでご紹介します。

        出生率・自殺率・がん死亡率が長年ワーストの県なんですよね。


        秋田県内の出生率(人口1000人当たりの出生数)は6.2で、18年連続全国ワースト。


        自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は27・6で、18年連続で全国ワースト。19年前、新潟に1位を1回だけ譲り、それ以前も10年以上1位だった。


        死亡者数は1万4856人で同214人増。死亡率(人口1000人当たりの死亡者数)は14・0で2年ぶり全国ワースト。毎年上位の常連。


        がん死亡率(人口10万人当たりのがんによる死亡者数)は前年より9・5ポイント増の386・7で、16年連続全国ワースト。死亡者数は55人増加し、4099人となった。全国(286・4)を100ポイントも上回っている。

もう何も言うことはありません。

パンドラーの箱に残ったエルピス:

一方、秋田県は、全国一斉学力試験で、小学校も中学校も、ほぼ全教科に渡って、何年も学力1位なんです。勿論総合でも1位です。

これは希望なのか、はたまた災厄なのか~~



| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »