« 小野に鉄棒 | トップページ | は~~歯 »

2013年6月22日 (土)

故郷の食べ物~~ハタハタ鮨の食べ方

 




 ここ数年、田舎から年末に食べ物が送られてくるときに、ハタハタのなれ鮨(飯鮨)の真空パックが入っている。何十年ぶりかで食べている。作り方も上手なのだろうけれど、とても美味しい。魚と酢とご飯の匂い、発酵臭は余りない。そのまま食べて良いが、昔ほど塩が強くないのでワサビ醤油で食べると良い。酒の肴に良く合う。骨ごと食べるのだが、骨の硬さが全く気にならない。漬けてから
1ヶ月ほどで味が出るらしい。昔は今より早くハタハタが獲れたらしく、多分今より早く寒くなった?それを漬ければ、年末、正月にハレの食べ物で味わえたらしいが、今はそれより遅くなった。年末に漬けることが多いそうだ。保存方法も進歩して、春になっても、それなりの味のハタハタ鮨が味わえる。多分食べ忘れたものが、12年たって、ドロドロになりその上澄みがしょっつる(魚醤)になったのだろう、それを漉して、瓶詰めすれば、流通も保存も簡単だ。



 秋田のアンテナショップで売っているかどうか未だ確認していないが、有りそうな気がする。ジュンサイとかトンブリはそれなりに、何処でも買えるが、ハタハタのなれ鮨は、今のところ田舎以外では見たことがない。季節食品で良いから、何とかスーパーで売り出して欲しいものだと思っている。そうすれば、ハタハタのなれ鮨を初め、秋田料理で友達を自宅でもてなすことができる。


Photo_12




 秋田の酒、辛口甘口、キクの花の三杯酢、ジュンサイの酢の物、トンブリを添えたヤマノイモ、燻りガッコ、ハタハタのなれ鮨、比内地鶏のキリタンポ鍋、食後は秋田諸越で檜山茶、これで決まり。






Photo_3
食べ物に困って菊の花、毟って食べています




Photo_4 食べ物に困って、水草の新芽も食べています



Photo_5 飢饉の時に、仕方なしにこんなものまで食べたら、結構行けるって、田舎じゃキャビアの事を、海のトンブリって言ってます


Photo_6 トンブリの親のなれの果て、キャビアだったらチョウザメ



Photo_7 干しダイコン取り込んだ小屋が火事になって、燻されて、勿体ないから、タクアンにしたら、美味しい燻りガッコになりましたとさ



Photo_8 マタギの料理だったきりたんぽの、鍋型




Photo_9 甘味噌を塗って焼くきりたんぽの簡易型




Photo_10 秋田諸越、落雁の一種で、昔、殿様が転封して来たとき、献上したら「諸々の菓子を越えて風味良し」と言って喜んだらしい。好き嫌いが別れると思うが、自分は緑茶と一緒に食べるのが、好きです。



Photo_11 今は温暖化でもっと北にも商業的なお茶畑が有るかも




子供の頃は、それ程好きな食べ物ではなかった。特有な匂いも子供の頃は好きに成れなかったし、塩辛と同類で大人の食べ物だった。自分は今、好きになっている。そう言う年になった、と言うより、ボヤボヤしていても年だけは取る。




|

« 小野に鉄棒 | トップページ | は~~歯 »

コメント

ハタハタ、どこかで聞いたような、秋田音頭でした。
秋田名物、ハチモリ、ハタハタ...。
すみませんが、見たことも食べたこともありません。
でも田舎から送って来る、リレーションがあって、良い事だと思います。
故郷の食べ物がある、うらやましいです。東京、佃煮だけ。

私の父親、福島の末っ子で東京出稼ぎでしたが、親が亡くなっても実家を継いだ長兄の家に、新巻鮭を毎年送ってました。
親がいないのに何故と、言う気がしましたが、数十年を経て
父親が先に亡くなり、その後母親が亡くなり、寂しい見送りと思いきや福島から東京への多くの弔問客、びっくりでした。
もしかしたら父親のやってきた事、これだったのかなと思ってます。
現代は会社も個人も短期の結果を考える時代になってしまったようです。
本人がそこまで考えてした事なのかは、定かでありませんが、多分、古き良き、日本人は皆そうして、いたように思います。
ボヤボヤしてなくても、歳はとります。
今日が最後の日だと思い、精一杯生きなさい。
分かってるんだけど、明日があるさと、やめられない。
飲むといつも、植木等になってます。

投稿: カラシン | 2013年6月22日 (土) 21時25分

カラシンさん、こんばんは
田舎が有って、名物が有るって、幸せなことですね。
稲庭うどんってもしかしたらご存知かも知れませんが、我が郷土のうどんです、高価なので、滅多に食べませんが。
東京に出て来て、うどんがとっても太くて、実は内心驚きました、勿論今は慣れて普通に食べています。
古き良き日本、個人は全人的に見て、ものは長い目で見て、心優しく~~は滅びつつあるのでしょう、自分は何も言わなくても買い物が完結するスーパー、隣は何をする人ぞの集合住宅、会社と学校の点数だけ評価~~等が原因かと考えています。再生するには長い時間が掛かるでしょう。

ホント歳月は人を待たずですね。
植木等、笑いました、よく分かります、今やクレイジーキャッツも犬塚弘のみご存命です。

投稿: ハシビロコウ | 2013年6月22日 (土) 22時52分

「きりたんぽ」は知ってます。関東のおでんにちくわぶ?ってのがありましたが、あんな感じでフワフワしてるのでしょうか?
それとも、竹輪やかまぼこの類でしょうか。
いつか食べてみたいです。

落雁は、たぶん地方ではラッカンと呼んでたものと思います。盆に仏壇に上げたりするお菓子です。祖父は好きでよく食べてたようですが、私は美味いとは思えませんでした。
果物が買えない時代に果物の代わりに模倣を供えたのでしょうか。

落雁はまだ文化的に意味があると思うのですが、あの「もなか」っていうお菓子だけは存在価値を感じません(笑)
あの超がつく甘くてネットリした餡子、そしてこれまた甘く、パリパリしてる割にはくちびるに引っ付く外側。どこをどう考えても、22世紀までは生き残らないお菓子だと思います
話が飛躍しましてすみませんでしたヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: ムガ | 2013年6月23日 (日) 10時26分

ムガさん、こんにちは
ちくわぶ、東京に出て来て、おでん種の中で、好きになれない物の筆頭です(笑)田舎には有りませんでした
きりたんぽは、材料が半分潰したご飯で、竹輪のような恰好の焼きおにぎり、と思えば、ほぼOKで、甘味噌を付けて焼いたのは、味噌塗りの焼きおにぎりみたいな感じです
秋田諸越、砂糖と小豆の粉だけですから、お茶なしでは食べられません(笑)最中も似たようなものだと思います。自分が生きている21世紀中持てば良いことにします。

今日は都議会議員選挙でした、昨日街頭演説で安倍晋三を見ました、夜は開票速報が有るので、愉しみにして居ます

投稿: ハシビロコウ | 2013年6月23日 (日) 16時46分

ちくわぶ・・・・30歳以上になってから知りました、ふつう関西ではたべませなんだ。
ジュンサイは20歳頃、元妻と知り合ってから食べました。
燻りガッコは 小ガッコの時に食べたのではなく、きりたんぽ等と一緒に 秋田県訪問で。
トンブリは タイへ行って、チャオプラヤ川の西がトンブリと初めて知りました。
落雁自体はそんなに美味しいという訳ではありませんが、お茶と一緒に 振舞っていただく時があり、非常に優雅な感じがして 好きです。
問題は トンブリだけです。

投稿: 朝太郎 | 2013年6月23日 (日) 21時25分

朝太郎さん、こんばんは
秋田産品色々食べて頂き誠に有り難うございます
今ジュンサイの季節になりまして、先日田舎から送られてきて、食べているところです
田舎には幾つか加工工場が有りまして、加工すれば原産地が変わって、実際は田舎の原産ではなくなるものが有りますので、安い物は要注意です(某中国産?)
トンブリはトンブリ地区ではなく、田舎の実家の近くで生産していますが、東京のスーパーでも見つかります、トンブリをイカスミで黒くして、ナンプラー掛けて生臭くすれば、キャビアと変わりません
又お暇が有ったら秋田ご訪問下さい、でもタイ訪問より高そうですね

投稿: ハシビロコウ | 2013年6月23日 (日) 23時14分

きりたんぽ一回大阪のスパーで買った事有りますが 自分的には美味しくなかった

投稿: カメザコ | 2013年6月24日 (月) 09時18分

ハタハタは何時食べても美味しいですね。
妻がハタハタをタイ風料理にしてくれますが、
ピリ辛でとっても美味です。
何にしても合うハタハタ、庶民価格で親しみやすい魚ですね。
とは言っても、12月の大型子持ちハタハタはチョット手が出ません
子供の頃、12月になると オヤジが網で獲って来たハタハタを外すその横で、次から次へとたき火で焼きながら食べていのが懐かしいです。

投稿: MITU | 2013年6月24日 (月) 10時11分

カメザコさん、お早うございます
折角買っていただいたのに、残念でした
自分は、新米が獲れる頃になると、お汁や、具材など一式が、郷里から送られてくるのを愉しみに待っています、子供の時から食べてるので好きです

投稿: ハシビロコウ | 2013年6月24日 (月) 10時59分

MITUさん、こんにちは
ハタハタもタイ風にピリ辛料理になるのは予想していなかったと思います、色々な料理になって、喜ばれてハタハタ冥利でしょう
ハタハタは癖無し、鱗無し、内臓も無いぞうで、身離れが良く、味が良く安くて、とっても好きです、昨年末は大量に送ってもらって残りが少し冷凍庫に、早く食べなくちゃ

子供の頃、次々焚き火で焼いて食べたって、とっても良い情景ですね

投稿: ハシビロコウ | 2013年6月24日 (月) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の食べ物~~ハタハタ鮨の食べ方:

« 小野に鉄棒 | トップページ | は~~歯 »