« 秋来ぬと | トップページ | キノコ狩り »

2013年9月24日 (火)

寿命



洗濯物のタオルを干していたら、スルッとハンガーから落ちた。ハンガーが壊れていた。直ぐ寿命だと思った。なんせ、40年以上使っていたのだから。

寮に入っていたときに、数本買った物を未だに使っている。何て物持ちが良いのだろうとも思うが、どっか壊れている気もする。



Dscn1940

残っているのも、直ぐ何かの拍子で壊れるだろう。捨てるときに分別するので、試しに手で金属とプラスティックに分けようとしたら、簡単に出来た。パッと見には、平気だが完全に寿命、う~~ん、身につまされる。




Dscn1946

寿命で思い出したけれど、昔、リバイバルで、志村喬の「生きる」を何回か見た。




Photo

十代前半の時は、殆ど意味が分からなかった。長じるに従って、少しは分かるようになった。挿入歌の「ゴンドラの唄」も良い。

当時と今では寿命や仕事に関しての考え方や環境が大きく変わったけれども、自分が病気をして、その時に、自分には、志村の演ずる渡邊勘治(市役所市民課長)の様に遣るべき仕事はなかった。人は生きる目標が必要だ。

寿命と言えば、儚いことで有名はセミもこの涼しさで、そろそろお終いのようだ。



Dscn2191


空蝉(うつせみ)、まあ人間の事だろうけれども、今当てられている字も有って、色々連想させる言葉だ、源氏物語の影響も強い感じがする。今日、いつもの疎林を散歩していたら、アブラゼミとツクツクホウシが、鳴いていた。

モモ、時季になると熟す。食べれば恵みだけれど、食べなくとも残らない。まあモモに限った事じゃないけれど。



Dscn2108

真夏の暑い時期に、終末医療の病院にお見舞いに行った、既に亡くなっていた。墓所を知っていたので、この間、花を手向けた。



Photo_2





|

« 秋来ぬと | トップページ | キノコ狩り »

コメント

環境の違いでしょうか、古い日本製洗濯ハンガー、日本で40年以上頑張れた。
タイで売ってるタイ製の製洗濯ハンガー、多分紫外線ですぐ壊れます。
8月、日本に行っていた時の奥さんのお土産要求は日本製の洗濯ハンガーでした。
物の寿命は置かれている場所、環境によって変わるのかもしれません。

「生きる」見ました。DVDはタイに持ってきてます。
自分の感性を信じたいので、ネット情報での評論は見てません。
日々、市民からの出来る要求をこなしている市役所職員、無理すれば出来るかもしれない要求には、議員ではないので、自分の首までをかけてまではしない、保身とことなかれ主義的なものが、蔓延っている時代だと思います。
主人公の市民課長、病気で死期を知り、家族にも告げず、自分の仕事を考える。
ここに公園を作って欲しいと云う市民の声に共感し、自ら公園設立のため関連部署を巡り、実現をはたし亡くなる。そこで物語が終われば、ことなかれ主義的な公務員を脱却したヒーローとなるのですが、物語は続き、葬儀のシーンで、何故この課長が公園作りに奔走したんだと追求があり、ヒーローでは終わらない展開だったのは憶えてます。

ネットで解説を読めば、その道のベテランの方の咀嚼した評論に、ごもっともになってしまうと思います。最近の日本人、情報化インフラ社会の利便性を使って、身に付かないような、考え方を選びがちのようですです。

私のタイの日本人友人の死を知ったのは去年でした。亡くなったのは3年前でした。
奥さんに墓参りに行きたいと云ったら、車のタイヤが古く長距離はだめ、行くのに土産が必要だで、未だに実現できてません。これが日本ではなくタイだと、最近理解出来るようになってきました。

投稿: カラシン | 2013年9月25日 (水) 00時29分

『寿命』って、ありますよね。
特に昨年、事務所のエアコン、業務用の掃除機、仕事のデータの入ったパソコン、そして自分の身体・・・と壊れました。
ついに 寿命を迎えた! と思ったのですが、そのパソコンと 自分の身体は なんとか修理が出来ました。
どれも永く使ってたものでした、身体は 半世紀以上。
なんとか、まだ もたせたいと思います。

投稿: 朝太郎 | 2013年9月25日 (水) 08時44分

カラシンさん、こんにちは
今日当地は冷たい雨、季節が変わって秋へ。
これで夏の人気者、セミも本当に終わりかも、セミは晩年が華々しくて、それはそれなりに羨ましい?!

プラスティックは、耐候性に作っていないと、柔ですね。日本の物は、粘度、硬度もあって、安心感が有ります。
生きるって事は人はそれぞれ意味を持って遣っているのでしょうが、最近原理主義者というか、小さなな欠点を見つけて、全体の合理性を犠牲にする事例が多く成ってる気がします。勉強不足って感じで、基本が解っていない人が多い気がします。

友人の死は寂しいですね。経済優先で、心が置き去りにされていると、存在の意味が失われそうです。
井上大将の葬儀に高木少将が、家人の止めるのも聞かないで、参列して、風邪を拗らして亡くなった様ですが、それも1つの選択。

寿命は誰にでも来ますが、急激に寿命が延びて、社会も個人も準備経験が無く、戸惑っているようです、暫く続きそうですが、自分なりに考えておかないと、行けないかなあと最近思っています。

投稿: ハシビロコウ | 2013年9月25日 (水) 14時11分

朝太郎さん、こんにちは
夜家電が会議をして、一斉に壊れるらしいです
体もあちらこちらが、壊れてきて修理しないといけないように成ってきましたね
お婆ちゃんが、左の膝が痛くて、町のお医者さんに行ったら、「年だからねえ」と言われて「右の膝も同じ年だ」って
こんな面白い年寄り目指していますが、修行が足りなくて、全然駄目です。
まあ適当に頑張って行きましょう

投稿: ハシビロコウ | 2013年9月25日 (水) 14時19分

寿命ですか~、ものすごく古い形のハンガーでした。たとえ壊れて朽ち果てても、地球上にある限り、また別のモノとなって甦るんでしょう。数億年はかかりますかね?
問題は、宇宙で朽ち果てた場合、いったい何処で甦るか、なんてアホな事考えてます。
暗黒物質とやらに形を変えて、宇宙の一部に?
それとも数百光年向こうの星まで漂って、そこの星の一部に?
それだと二度と地球では生まれませんし、特に生物としては生まれませんが、それも良いかなと考えますね~。
二度と生まれ変わらない、それが人類究極の目標ですから。
まあそうなると、こういう風に別人と意見を交わしたり、喜怒哀楽といった楽しみも消えちゃいますけどね、ええ。
なまじっか知能が発達するってのも、実に残酷な話だと思います。
親父は、かなりボケてて、自分が死んだことすら気付かなかったと思いますが、それの方が楽っちゃ楽でしょうね。
毎度気の利かない雑談で申し訳ありません。
御友人のお墓参りに行けて良かったです

投稿: ムガ | 2013年9月25日 (水) 21時30分

ムガさん、こんばんは
今年は秋分の日で、クッキリ季節が変わりました。
自分も含めて、地球のあらゆる物は、地球の一部から作られていますから、1個の星屑でしょう。宇宙空間から凄いスピードで地球に落下したら、きっと流れ星のように、光り輝いて、大気の途中で燃え尽きる。樹木葬も良いけれど「流れ星葬」も良いかも。

地球の寿命は、太陽の巨星爆発までの後50億年ぐらいだそうですから、悠久の宇宙に比べたら、残り少なくなりました

少しのお金と暇が有って、健康なら、気の合う友達と、フラフラと旅行しながら、雑談するって言うのが、自分の夢だったのですが、そんな年に近づいておりますが、諸般の事情で中々、自由には出来ません。

今は、ネット経由で、色々な方と忌憚の無い話が出来ることもあり、良いこともあります。

そのお墓、生前に連れていって貰って居り、良かったです。
タイのお墓は、日本とは大分感じが違いますね。上座部仏教だからでしょうか。

投稿: ハシビロコウ | 2013年9月25日 (水) 22時25分

日本、暑さ寒さも彼岸までとは、よく云ったものです。近年、この時期に台風が来て、一日位夏に戻り、以前は異常気象と思いましたが、最近は当たり前のように、なってきているように思います。
こちらは、先週に続き2回目の低気圧(小台風)で荒れ模様で、なかなか雨季明けになりません。

今朝、小椋佳さんのアルバムを聴いていて、「夢積み上げて」が、今回のテーマというより、話題にぴったりのような気がしたので、再コメントさせていただきました。(歌詞をコピーしたのですが、何とか法に触れるかと思いやめました。窮屈な日本ですね)

投稿: カラシン | 2013年9月26日 (木) 11時14分

40年は凄いですね。
タイでは1年持てば良い方で、
下手をすると半年で壊れます。
我家ではハンガーが連なったタイプは
金属製を日本から送ってもらいました。
同時に送ってもらった
小物を洗濯バサミで留めるタイプは
2年で洗濯バサミが外れましたので
私が修理して使ってます。
40年を目指したいです。
生きるって何だろう?
私も考えるようになりました。
親から貰ったDNAを
子に継ぐのが目的なんでしょうが
私が生きる意味・・
答えが出るまで時間が掛かりそうです。

投稿: メンカーム | 2013年9月26日 (木) 11時20分

カラシンさん、こんにちは
今日もとっても涼しくて、秋の風です、近所の疎林には、ヒガンバナが咲き始めており、早い時間から秋の虫が鳴いて居ます、中国から来たアオマツムシが多いですけれど。

小椋佳さんのこの歌詞、じっくり読んで見ました、仰るとおりですね。You Tubeでも聞いてみました。この人の声は細く優しく、本人の「見てくれ」とのギャップが大きく、未だに吹き替えじゃ無いかと、疑っております(笑)
知り合って共感して、年がいったら、昔話を繰り返して、生きて行く、良いですね。
と言いながら、年に1回ぐらいは、一週間でよいので、1人で誰もいない、言葉も発しない所へ行ってみたい、贅沢ですが。

投稿: ハシビロコウ | 2013年9月26日 (木) 18時00分

メンカームさん、こんにちは。
台風20号が、日本の東を進んでおり、関東にも夕方から、少しそれっぽい風が吹いています。

40年凄いでしょう。よく作られているんですね、プラスティックのインジェクションの工場の人から聞いたことが有りますが、混合や加熱の方法を間違うと、全然駄目らしいです。
自分はダンシャリアンなのですが、使える物は、長く使っています、長すぎる気もしますが(笑)

どんな仕事でも忙しく働いているときは、多方面にそれなりに貢献しているでしょうから、悩みは余りなかった気がしますが、ボンヤリ徒食していると、存在意義が、必要な事が多いかも、自分はゲームとかで時間つぶせないし。
話せる友達がいれば、それも高い価値を感じています。

投稿: ハシビロコウ | 2013年9月26日 (木) 18時22分

タイにお墓がありましたっけ?
そういえばドイメーサロンには中国人のお墓がアチラコチラにありましたね。
あとは、西洋人のお墓をたまに見かけますが、こちらは墓地にまとまってますね。
タイ人は骨を川に流して、それでおしまいだと記憶します。骨を取っとく方もいらっしゃるでしょうけどね。

先週、「火垂るの墓」というアニメを見たいというので、DVDを買って見せました。
それはそれは哀しいお話しだったので、長男は涙をチョビビッと流しながら頑張って見続けました。
空襲で亡くなったお母さんの大切な着物を売ってお米に替えさせられる場面や、病気の妹を病院に連れてゆくのですが、お医者から冷たくあしらわれる場面では、かなりショックだったようです。
彼も喧嘩ばかりしてる妹がいますから、これを機会に思いやりの気持ちを強めて欲しいと思いました。
そして、「パパ―が死んだら、君が火で焼いてくださいよ」と伝えました。
 

投稿: ムガ | 2013年9月27日 (金) 13時00分

タイにお墓はあります。
大きくはエメラルド寺院の中に高さ数メートルの仏塔があって、横に納骨場所が複数あります。
お墓を出せる庶民は、道沿いで高さ2m位の煌びやかな石の塔を売ってると思いますが、それがタイのお墓の代表です。
畑、敷地のある方はそこに設置します。中ほどに、将棋の駒の形をしたふたがあり、その中に首の骨数個を清めて収めます。残りは知りませんが多分散骨だろうと思います。その後、契機は分かりませんが、お寺の敷地に移す事もあります。お寺の塀の内側に、この塔が沢山並んでいるのが見られます。
お墓を出せない(出さない)庶民は、お寺の仏塔ではなく、塀などの納骨場所に収めます。
地域によっては鳥葬があるとか、聞いたような気がしますが分かりません。近年、土葬から火葬に切り換えていて、お寺に荼毘設備を作るようになってきてます。

投稿: カラシン | 2013年9月27日 (金) 16時24分

ムガさん、こんにちは
お墓の事はカラシンさんから、詳しいお知らせが有りました、自分の考えていた感じと同じです。日本と違って、命日とかお彼岸とか定期的に墓参という習慣は無いように思っています。

野坂昭如も10年ほど前に脳梗塞を発症して現在療養中です。
今の子供達が直面している問題と、現在80才前後以上の方が、子供時代に遭遇した問題とは、かなり様相が違うと思いますが、あの絶望的な戦争の後の実体験の人々ももうすぐ全て鬼籍にはいるでしょう。或る程度は、伝えて置く方が良い気がします。
タイの子供達は、祖父母や、親類の方の死に立ち会うこともあるでしょうが、現在の日本には、生々しい死は、遠くに追いやられていると思います。

子供達と一緒に、DVDを見て、体験を共有するのは、言葉では中々伝えられない事柄も、伝わって、絆が深くなると思います。
お兄さんも前より妹さんに優しくなるでしょう、多分。

投稿: ハシビロコウ | 2013年9月27日 (金) 18時17分

カラシンさん、こんにちは。
お詳しいお知らせ有り難うございます。

お寺の外壁際に、派手な祠が有って、まあある種のお墓、納骨所みたいな感じだと思いますが、日本とは多分考え方が相当違いそうです。
死者や遺体に対する考え方は、地域民族宗教などで、全然違うでしょうから、他地域の人が、亡くなって、その地で普通のないしは良いと思われている、処置をしても全然駄目って事も多いですから、これからは、そんな事案が増えて、しっかりした知識が或る方の主導で、処理しないと国際問題にも簡単に発展しそうです。
自分の田舎でも、最後の土葬は、自分が中学生ぐらいの時だったと思います。余り記憶がハッキリしませんが、後に改葬も有ったようでした。自分も少しは考えておかないとね(笑)

投稿: ハシビロコウ | 2013年9月27日 (金) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿命:

« 秋来ぬと | トップページ | キノコ狩り »