« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月29日 (火)

キノコ狩り


年上の友人から、キノコ狩りのお誘いが有った。

「高原の緩い山でキノコ狩りをしましょう」

「樅の木や雑木の明るい林を歩くのは、良い気晴らしにも成りますよ」




Dscn2326

お互いの住んでいる地域の天気を見ながら打合せをして日にち決定。

実施は10月の第1週、某日。

当日の朝、電車で出掛けた。通過県は、予報通り雨が降っていた。

盆地を通過して、高原に差し掛かる頃には曇になり、約束の時間に友人の最寄り駅に着いた時には、薄日が差していて、絶好のキノコ狩り日和。




Dscn2325   こんなものも咲いていました

友人が改札の前で待っていた。その友人が、キノコ狩り名人の友人をご案内に、頼んでおいてくれた。何と良いお方でしょう。

車の中には、そのキノコ狩り名人が待っていた。三人で直ぐ出発。

途中のコンビニで昼食を調達して暫く走って、名人の取って置きの代(キノコが発生する場所)が、沢山有る秘密の場所へ。



Photo   ヌメリイグチ(ジコボウ)

数時間、三人で歩いて、自分に取っては一生に1回の大収穫、それも、全くの採り盛りのものばかり。



Photo_2   タマゴダケ

キノコ狩りは、名人の指し示す辺りには、栽培をしているかのように発生していた。楽しい。とっても楽しい。夢の中で採っているように、幾らでも採れて、ドンドン袋は重くなって行く。

表面上は何気ないけれども、二人の気遣いで、楽しさ倍増、ずっと塞ぎ込みがちだった気分も、晴れた。ザックは重くなって、心は軽くなった。




Photo_3   ショウゲンジ(コムソウ)

友人と一緒の愉しみ、キノコを採る愉しみ、食べる愉しみ。全て満たされた。

持つべきものは良き友。



Mさん、Yさん、大変楽しかったです。誠に有り難うございました。




Dscn2331





| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »