« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月18日 (金)

腐ったリンゴ



1







学校でも、職場でも、変わった人は沢山居た。スーパーにも散歩道にも、変わった人は沢山居る。

交通事故撲滅宣言の街、非核宣言都市、ゴミゼロタウンを目指して~~♪

寒いからインフルエンザになった、風邪を誰かに移して早く直る~~♪

ずっと平和だったのは、平和憲法のお陰だ~~♪

さっき言った事と今言っている事が、全然違うのに、全く矛盾を感じない人って、結構居る。不可能な事を達成しようとする人、因果関係を誤解している人、自分の考え方以外は全てアホだと思っている人・・・

新種の腐ったリンゴって、多いなあと思っていたが・・

もしかしたらそっちが普通で、最近は、新種の腐ったリンゴは自分じゃなかろうかと、つくづく思うようになった。



2


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

平均貯蓄額




Photo




大雑把に言えば、世帯当たり約1100万円、6割は現金というか預貯金、4割は、株や保険などで、現金に成りうる金融商品らしい。

エッ、それしかないの?って言う人は、こんなのを見ちゃ居ないでしょうから、置いといて。

俺、そんなに無いけれど、と言う方が多いのじゃなからろうかと。

大体年代共通して4世帯に1世帯は貯蓄無しで、平均値の半分が概ね中央値のようです。要するに大金持ちが、平均値を上げているって言うことでね~~♪

ちなみに、50代の世帯の平均貯蓄金額が約1050万円、中央値が約400万円、60代の世帯は約1600万円で、中央値が約800万円だそうです、ちょっぴり退職金が有ったかな、それとも子供にお金が掛からなくなったかな、それとも遺産?

テレビで、老後を普通に楽しく暮らすには、月平均、ウン十万円のお金が必要ですって、言っていますが、現役の時もそんなに稼いでいないのに、何言ってんだか、あれは、大多数の人を不安と不幸に陥れるお金持ちの嫌がらせです、と言うのは嘘で、能天気な高給取りのテレビ人間の戯言です。真に受けては、いけません。

金の嵩=幸せの多さと思っている拝金主義者の妄言にも、騙されてはいけません。

で、ついでに・・・・


Photo_2



平均余命と言うか、その年齢に近づきつつある人は、平均寿命と言った方がピッタリでしょうが。

大抵の年代で平均寿命まで生きられる人は、60%。つまり40%の方は平均寿命まで生きられません。

男性で今年55才の昭和34(1959)生まれの方は、平均寿命が65才ですが、5人の内、2人は65才まで生きられません。それから数年で、生存者が半数を割ります。どちらの半数に自分が入るかは兎も角、それで、ご存命の方は、死亡率100%に向かって、大部分の人が、病気をしたり、認知を緩めたりしながら、この世におさらばして行くわけです。

ま、統計の平均に惑わされないで、或る年になったら、自分の財布と健康を見ながら、自由に生きた方が良さそうです。

この昭和34年生まれの男性は、年金は64才から約半分、65才から満額支給となります。運良く() 生きながらえても、年金が満額の年から、平均寿命は、突破していますので、何時順番が来るか分かりません。




Photo_3



死神と貧乏神の接近に気をつけて、あ、それから疫病神の接近に気をつけて、せめて払った保険料分プラス利息ぐらいの年金は貰えるように頑張りましょう~~♪



Dscn2499












| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »