« 日本人は時間に正確?時間を大切にする? | トップページ | 人生最期の言葉(1) »

2014年5月22日 (木)

学校の虐め-孟母三遷


近所のキスゲ

Photo 

小さい子供達の虐めについては、悲しいことだと思っている。

無くなることを願っている。しっかり、取り組んで頂き、減らして貰いたい。

~~♪

子供達の虐めは今のように対処療法をしている内は、正直言えば、残念ながら無くならないだろう。

子供は常に親の鑑だ。

子供の世界は親の世界の引き写し。

政治の世界は、一般社会の引き写し、これは逆も真成りかも。

マスコミは、報道し社会を導く木鐸ではなく、社会の空気を感じて、阿るものだ。

孟母三遷、

墓地の近くの子供は、葬式ごっこをして遊ぶ。葬式は必要な物だけれども、遊ぶ物では無い。誰でも1回は葬儀の主役になれる。

孟母は学校の側に引っ越しして、子供がお勉強の真似事を初めて、そこに落ち着いた。

♪♪

近所のハコネウツギ

Photo_2 

ここで一休み:

勿論自分は、商業が、卑しい職業だとは、全く思っていない。東洋の古代人や中世人は、一次産業従事者と天子ばかりが、重要と考えていた節が有るが、現代の常識で、批判するのは良くないでしょう。

民主主義だって、何千年も断てば(人類が滅亡していないとして)批判される可能性は充分有るでしょう、馬鹿な意見が何時も多数決で決定されて、実は最も救済されるべき人々は常に、置いてけぼりだったし、その多数決をした構成員も、社会の上部に居た試しがない~~♪

勿論、高邁清貧なる指導者もいたが、法網をかいくぐり、使いきれない富を蓄積し弱き者に一顧だにしない者は、常に存在した、彼らも平等な社会で自由競争しただけだと嘯いていた。そんな企業人から献金を受けた政治家が、口だけ立派なことを言って、本質的な事は全く見えていなかった、と言われるかも知れない。

それから又、二千数百年前の古代中国で、かなりの職業が分化していたって、全くの驚きだ、当時の日本人ってどんな感じで暮らしていたんでしょうね。

♪♪

役所は申告主義で、複雑な手続きを課し、門前払いをして、前例が無いと言い・・税金は黙って取るが、年金は、申告しなければ貰えない・・

大会社も、親類縁者は兎も角、普通の社員は非正規雇用にして、保険を免れ、首切りを自由にして・・必要が有れば派遣会社から調達して・・

銀行は、自分の利益のみを追求し・・自分は公的資金貰って、貸し剥がし、退職後は高額の企業年金を貰い・・・って、友達が言っていました。

近所のマロニエ

Photo_3 

単純に分かりやすく言えば、大企業の役員が、部長を虐め、部長が課長を虐め~~課長は、下請けを虐め、下請けは、孫請けを虐め、孫請けは、行きつけの飲み屋の小母ちゃんを虐め、小母ちゃんは出入りの業者を虐め、出入りの業者は、田舎から出て来たアルバイトの兄ちゃんを虐め、その兄ちゃんは、一緒に出て来た後輩を虐め、その後輩は、近所の子供を虐め、その子供は、弱い同級生を虐め、その弱い同級生は、もっと弱い下級生を虐め・・・ん、全然単純じゃ無いね~~♪ ああ、面倒くさくなってきた。

子供の虐めは、大人の社会の虐め構造が反映しているだけ。

子供の社会は大人の社会の鑑です。






|

« 日本人は時間に正確?時間を大切にする? | トップページ | 人生最期の言葉(1) »

コメント

おはようございま~す
虐めの連鎖、最後は幼児の矛先が飼い犬に向かって憂さ晴らしですかね

朱に交われば赤くなる。
日本人は日本人ぽく育ち、タイ人はタイ人っぽく育つ。オオカミに育てられれば、それなりに。
DNAだけでは量れない領域もあります。

「子供社会は、手本の反映」
地域社会の運営にしても国家の運営にしても、手本は重要だと思いますね。
「俺様は欲望のまま、好き勝手にバカやってもいいんだが、お前らは道徳を守れよ」
それでは通らないよ、と教えたのがブッダです。
「自分が分かっていて、実践できてることを教えなさい」と。

そういう意味では、トップの心性は末端までに影響が及ぶわけで、タイの王政社会も病んでる感がアリアリです。
王政ってのは、徳があっての物種でしょうかね。

また王政とは違う仕組みの民主主義。
その欠点は衆愚制だと聞いたことがあります。本日の記事を読んで、なるほどと納得できました。

「社員は派遣待遇」これは耳が痛い
タイでは、労働者が遠慮なしに待遇の上に胡坐をかきます。
隙あらば、楽して怠けようと。
まぁそれが人間の自然の姿なんですが、対応策が必要です。
最近の話、歩合賃の好条件と引き換えに、派遣待遇に成ってもらった3人。
そのうち二人が辞めました。生き残りのための苦渋の決断もありますが、正しかったのかどうかは計れません


投稿: muga | 2014年5月22日 (木) 10時28分

孟母三遷、門前の小僧習わぬ経を読む。昔は単純至極で、ある環境で、自分で自分の事にかまけていた世界のようです。他人に、時間に、お金に振り回されてない、何か、今のタイの人のようにも見えます。

息子をタイで育てると考えましたが、幼稚園・学校でのいじめが心配でした。しかし、タイの人、他人のことに関心は持たないし、かまけません。心配は杞憂に終わりました。

時の権力者、お金なんぞでは動かないが東西のモットーだったようです。しかし、日本では秀吉さんあたりから、商人とお金をうまく使うようになったようです。

日本の多数決の民主主義、昔は勝った方が官軍ですから偉い方が暗黙についてたので、変な内容、変な勝ち方は出来ない仕組みでもありました。今は、平等主義で、勝つためには単に数での論理だ、で、内容、手法も将来性も考えない、とんでも薄っぺらな民主主義ごっこに、なってしまってるようです。

この国のかたちで、過去の日本の歴史を随想し、過ちを犯さないようにと心配されてた方がおりますが、この国の先行きで、将来の日本を心配される方の出現を、心から待ちたい気分です。

投稿: カラシン | 2014年5月22日 (木) 11時51分

ムガさん、こんばんは
タイで放映されたかどうかは、存じ上げませんが・・
アメリカの飼い猫ちゃん、ご主人のお子さんを守る為に、集団的自衛権を行使したようです~~♪
断然死力を尽くすって気迫満々で、近所の犬に体当たりして、オマケに威嚇して、少し追跡した
この前のテレビで見た討論会の連中の根性無しに比べたら、字句やら経緯やらばっかりに拘泥して、本目である、国民の財産生命をどのように守るかという視点の無い連中に、この猫ちゃんの爪の垢を煎じて飲ませてやりたい(もしかしたら、猫に爪の垢は無い?)
法律でも習慣でも、本源的な事が忘れられれば、末節の議論に終始して、悪い運用にはなりがちだと思います。
良かれと思って始めたことも誤解されたり、意図外の事が出たり、人生の如く、上手く行かざる事多かりし・・

会社、良い意志が伝わり、上向きに成って行くと思いますよ

投稿: ハシビロコウ | 2014年5月22日 (木) 20時00分

カラシンさん、こんばんは
最近、守銭奴って言葉使う方少なくなりましたが、実際は、拝金主義が世界に蔓延している風にも見えます。
立派な主張のようにも見えますが、衣の下には、鎧がチラチラ。
一人勝ちが出来ない様なシステム、それが累進課税なのか、相続税なのか知りませんが、まあ、学者様にお願いするとして、ちょいとしくじると生活に困窮する様な事が無いような社会に移行して行けば、自分だけがいい目をみたいと言うことから発する虐めとが少なくなるなると思いますがねえ~~。
タイは、それなりに問題も多いと思いますが、戒厳令が敷かれても、かなり普通の生活が、続いているようで、その点は、良いところだと思います。
日本だと、戒厳令というと、2.26事件などを連想して、要人暗殺って事ですが、恵まれている国ってタイの人は、自覚無さそうです。
まあ、運が良ければ、時代の要請によって、相応しい政治家が出現すると楽観したいのですが

投稿: ハシビロコウ | 2014年5月22日 (木) 20時16分

努力した者が 多くの富を得るのは仕方のなこと・重要なことです。
しかし、世の中 上手く富を配分出来れば 皆が安全で安心して暮らせると思います。

『銀行は、自分の利益のみを追求し・・自分は公的資金貰って、貸し剥がし、退職後は高額の企業年金を貰い・・・って、友達が言っていました。』まったくそのとおりです、相手が利用できると思えば ヘコヘコ、お金が無くなれば 厳しく・虐めです。

今日市内のマロニエ通り(看板あり)を車で走りました。

投稿: 朝太郎 | 2014年5月24日 (土) 18時34分

朝太郎さん、こんばんは
仰るとおり、努力が報われる社会は良い社会だと思います。
西洋では未だに、高級将校になれるのは、例外も有るようですが、旧貴族出身者が多いようです、日本は、明治から、その実力で、平民出身の大将が沢山居ました。
経営者の方は、銀行に色々な思い持っている方多いですね、苦労なさっているから・・又逆に、子女を銀行に入れたがる気持ちも分かる気がします。富の再分配が上手く行くと良いのですがね。
マロニエ通り、粋ですね

投稿: ハシビロコウ | 2014年5月24日 (土) 22時33分

虐め、嫌ですね。
人の社会ができた時代からあるものでしょうから、無くなることはないでしょう。
自分では感じていないくても、相手が虐めと感じることもあるでしょう。
ただ、自分で分かっていて虐めをするような人間にはなりなくない。

タイのデモ、クーデター、何か強い者同士の権力闘争に弱い者が利用されているように思えます。
これも強い者の弱い者に対する虐めのようにも感じる。

投稿: ドラえもん | 2014年5月25日 (日) 15時13分

ドラえもんさん、こんばんは
周りが鋭敏になって、子供の虐めが、直ぐ手当てされ、酷くならないように、何でも遣っていきたい物です。
象が瀬戸物屋で、買い物するように、無邪気で結果、虐めも一杯有りそうだし

代々木競技場の立て替えに反対している人達は、オリンピック反対とは言っていませんが、取って付けたような景観が~~予算が~~とか言って、虐めの一種かなあって。
反対は反対でも良いですが、大抵、虐めをする人って、立派な理由が有って、開き直る人、多い気がします、自戒を込めて

投稿: ハシビロコウ | 2014年5月26日 (月) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校の虐め-孟母三遷:

« 日本人は時間に正確?時間を大切にする? | トップページ | 人生最期の言葉(1) »