« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月16日 (金)

続・引きつった笑顔

続編は、無いはずだったのだが・・・

実は内心、成すべきか、成さざるべきか、ちょっぴり悩んで、少し試行してみることにした。


Photo


自分の部屋に、鏡を持ち込んで、PCの前に置いて、それを見ながら、笑顔の練習をした。いつも通りと言うか、いつもより引きつった感じで、中々上手く行かない。非常に不自然な変顔になるばかりだ。段々顔の筋肉が疲れて来る。あんまり自分の顔をマジマジ見ていたものだから(女性が、毎朝長時間鏡を見て、すっかり変身、ついでに変心?するというのは大変な事だと分かった、実感した。)ゲシュタルト崩壊が起きて、その鏡に映っている顔が、自分のものとは思えなくなってくるし、と言うか、顔にも思え成ってくるし。あちらこちら筋肉がピクピクして、ちょっとゾ~~ッとした。

ん~、このままだと、拙いな、邯鄲学歩を思い出した。

かなり貧乏くさい田舎顔とはいえ、在り来たりの普通範囲の顔だが、引きつり変顔に固定されると、そりゃ全く拙い。

何とか改善しようと、鏡を伏せて、部屋を飛び出して、チャリに跨りいつもの散歩道へ。

変顔なので、人と擦れ違う際は、なるべく余所見をしてさり気なく通った。その狭い遊歩道なのに、先方から、保母さん、保父さんに引率された保育園の子供たちが十数人こちらに向かってくる。拙いなあ。

子供たちは正直だから、遠慮無く笑ってくれそうだ。指さす子供だっているような気がする。

変顔のチャリのオジサンが接近して危ないと思ったのか、引率の人達が、園児を端に寄るようにしているようだ。こうなれば自分だって人の子、せめて怪我とか、させないように気をつけないとなあ。

チャリから降りて、隅に寄って、子供たちを先に通した。引率の人も、子供たちもニコニコ笑って口々に「こんにちは」、「有り難うございます」とか、言って通り過ぎる。

アラ不思議、自分でも分かったが、どうもこちらも、自然な普通の明るい笑顔が蘇ったらしい。つい嬉しくなって、手まで振ってしまった。

一安心して、部屋に戻り、PCを見たら、友達からイーメイルが入っていた。

「引きつり笑顔を作ることはなかるべし」

鏡の向こうから見ていたような話だ。禅の公案の様でも有るが、もう社会に一人前の貢献若しくは迷惑は掛けたのだから、これからは、世間体何ぞ、気にすることはない、有りの儘、自由に生きよ、って事に自分勝手に解釈して、記念撮影でも怒ったような、不機嫌な様な、自前の顔で行くことにした。


Photo_2

普段もそうだからと言って、怒っているわけでもないし、不機嫌な訳でも無いので、遊歩道や公園のベンチに坐って、日向ぼっこをしている暇そうなオジサンを見たら、恐いもの見たさの方や暇な方は、ご遠慮せずに、お声掛け下さいませ。何の足しのも成りませんが、ちょっとお話しして、人生の一時の時間潰しには成ります。


Photo_3


Dscn2018




もしかしたら、今あなたが持っているものに気づいて、それに満足して、心が穏やかになる切っ掛けを掴むかも知れません。






| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

引きつった笑顔

この間、読んでいた精神や脳に関する本で、長年の疑問が氷解して、その意味じゃスッキリしたのだけれど、これからどうしようかなあ。

あんまり嬉しい事じゃないのだけれど、自分の写真は、1人でも集合写真でも大抵、不機嫌そうか、笑顔とも言えない無理矢理の引きつった笑()顔の事が多い。



3


自分も人並みに、親しい人と会ったときには、自然に普通の笑顔が出来ているのだろうと思われる。友達と待ち合わせて、何も考えなくとも、顔が自然に微笑んでいることを如実に感じることが多い。



4



そんな友達が、楽しいキッカケで、例えば、探していたキノコや山菜を見付けた時、魚が釣れたとかの時、写真を撮るときには、まあそれなりの笑顔には辛うじて成るようだ。

しかし、

単に珍しい場所や記念撮影の定番の場所で、アリバイを作るような時には、自分でも違和感を覚える程の、顔の引きつりを感じる。あちこちの筋肉が、それこそバラバラな感じなのだ。

結果、後で見ると何か怒っているような、不機嫌そうな顔だ、全く困った物だ。

写真嫌いな人は、それが分かっていて、嫌いなのかも知れない。

これからは、自然に笑顔になるとき以外は、不機嫌そうな顔のままで、なるべく顔の筋肉に何も指令を送らないか、

それとも、

今まで通り、努力して笑顔の指令を送って、努力の跡は見えるが、引きつった顔にするか、考えあぐねている。

その本に書いてあったことは:-

親しい人に会って顔が笑顔になる中枢と意識して顔に笑顔をさせる中枢は違っていて、と言うより、脳の色々な部門が連携して働いているので、意識して顔の筋肉だけをコントロールして、笑顔作ろうとしても、上手く行かない事が多いらしい、つまり、引きつる。

カメラにかなり自然な笑顔で向かえる人は、偉大だと思う。小さいときから、イムワーンって訓練しているのは、偉い物だ。



1



2 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

新しい年、2015年(平成27年)



新しい年が来ました。

喪中でしたが、生きていれば、新しい年は来ます。

生老病死、その他色々悩みは有るでしょうが・・・適当に折り合いを付けて行きましょう。

2014年最後の夕日

20151 

2014年最後の月

20152 

皆様が安寧で有りますように

20153





(陰の声:そうじゃないことをお望みのお方は、御勝手にどうぞ)


| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »