« 続・引きつった笑顔 | トップページ | DNA(2) 2.思想とDNA »

2015年2月10日 (火)

DNA(1) 1.万物の霊長とエテ公の違い






犯行現場に残された血液やらその他からDNAを鑑定して真犯人を突き止めたとか、アメリカの某産科病院の新生児を数千人検査した結果では、
10人に1人は、婚姻上の父親以外のDNAが発見されているとか、と言う話じゃなくて・・・


Dna_2


1. 万物の霊長とエテ公の違い

大型類人猿と日本で言うエテ公とは、ちょいと違うと思うけれど・・・そこは大目に見て貰って。

近年、ゲノムの解析が進んでいるらしい。DNAと言うのは、遺伝情報を持っている細胞の組織で、ゲノムというのは、その遺伝情報という風に、自分は理解している。

『芸術家としてのDNA』とか『幸せのDNA』とかいう言い方は、意味が分からんが、お馬○ちゃん表現で、差別を助長するようで、好きになれない。逆に使ったら結構恐い・・・・・『犯罪者のDNA』、『不幸のDNA』。

ヒトが最後に共通の祖先から別れたのが、6700万年前で、言語を獲得したのは5万年ぐらい前のことらしい。

分類学とか生化学で、未だ見解の揺れは有りそうだが、これはいつもの事だ、と言うことで・・・これも大目に見て頂いて。

ヒト科ヒト属ヒト
1_7








ヒト科チンパンジー属チンパンジー

ヒトとのDNAの違いは、123
1_8









ヒト科ゴリラ属ゴリラ

ヒトとのDNAの違いは14
1_9









ヒト科オランウータン属オランウータン

ヒトとのDNAの違いは3
1_10







こっちはフランジオスと言う

しっかりオッサンになった場合のご尊顔、

中には立派なオッサンなのに

未成熟な振りしてメスに近づいて、

と怪しい奴もいるらしい。

深淵ですなあ。
1_11






123%~3%という違いが大きいのか小さいのか、分からんなあ。







オマケ

これももしかしたら、85%以上はヒトと同じかも
1_12






こんな事を知って、自分は、動物園に行ったら、従兄弟やおじさんを見るような感じで、ヒト科の動物を見る気がするが、中には『私はこんなエテ公の仲間じゃありません、キッ』





(((写真は、WEB上から拝借)))

 

 

 

 

|

« 続・引きつった笑顔 | トップページ | DNA(2) 2.思想とDNA »

コメント

どの写真にも似た人がいるので笑っちゃいました(*^^*)
いや~、似てるわ~…
最近の研究によると、人類はアフリカから発生したには違いないそうなんですが、我々の直接の先祖はというと、クロマニヨン人等のいわゆる類人猿とは微妙に枝分かれが違うらしいですね。
あちらは適者生存しそこねて絶滅しちゃったのだとか?
まーDNAだかDHAだか、よくわかんない話ですが、そういえば大洋ホエールズだったか、そんな名前になってましたね。
話題に着いていけてないようなんで、この辺でゴメンナスッテ(((^_^;)


投稿: muga | 2015年2月10日 (火) 16時11分

ムガさん、こんばんは
時間指定投稿して置いたら、写真が乱れていまして、結構分かりづらかったようですね
自分も見てビックリ直しましたので、今度は少し分かるかも

ヒトは、いつも数種類が同時に生存していたらしいですが・・数万年前に、クルマニョン人が亡びて、今のヒトだけになってしまったようです。長い間、1千万人ぐらいだったようですが、最近は70億人今が絶頂期かも

病気なら早く処置をした方が良いのは勿論ですが、最近は、ちょっと他の子と違うと、発達障害とか学習障害とか多動性障害とか区別しがちで、昔だったら、平気だった物まで、区別してその子の自由度と才能の伸長をを阻害しているように感じられます
後世に名を残した人に、子供の時に相当変わっていると言われた人は、枚挙に暇がないくらいですから、あまり違いを強調しない方が良いことも多い気がします
エテ公と自分だって、遺伝子レベルで見たらたった1.23%が違うだけ、もっと大らかに行きましょう

投稿: ハシビロコウ | 2015年2月10日 (火) 21時30分

う~ん・・・
おいらは最後の写真の逆名かもしれないな~
だって妻のインフルうつらないし
まぁ~残りの15%でもいいや うへへへ(笑)

投稿: MITU | 2015年2月10日 (火) 23時42分

私がタイで生活して驚いたのは手足の指が6本ある人。親兄弟にも6本の方が居られるそうで、DNAですね。
テレビでも少し人間離れした顔つきの一族がお笑い芸人として活躍してますが、うちの近所にも居られます。
会う度にホモ・サピエンスと多種との交雑の話が頭に浮かびます。差別的ではなく科学的発想ですよ。

投稿: メンカーム | 2015年2月11日 (水) 15時05分

MITUさん、お早うございます
風邪を引かないのは、注意深さの表れ、と思っています

最近、基本が間違っているのに、そこは不問に付してちっちゃいことを、大きく見せる手法が流行っている

偉い教授も学生の成れの果て
偉い人間もエテ公と違う道を歩き出したのは、つい最近

投稿: ハシビロコウ | 2015年2月12日 (木) 09時18分

メンカームさん、お早うございます

動物が進化するときに、色々な形質や特徴を獲得したり、失ったりして、今に至っているのでしょうが、ヒトが言語を獲得したのは、数万年前らしいです。
色々なヒトと交雑も有ったのかなあ
数百年後に、人間のバブルが弾けないと良いのですが

投稿: ハシビロコウ | 2015年2月12日 (木) 09時30分

さすが、動物の方々へのプライバーシーの保護の気遣いありがとうございます。

投稿: 朝太郎 | 2015年2月12日 (木) 11時26分

朝太郎さん、お早うございます
相手は、ヒト科のお仲間で私人ですから、礼儀を持って接すれば良いかと思いまして。
ヒポちゃんも、遠くからワザワザ来ていただいていますので

投稿: ハシビロコウ | 2015年2月13日 (金) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DNA(1) 1.万物の霊長とエテ公の違い:

« 続・引きつった笑顔 | トップページ | DNA(2) 2.思想とDNA »